気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選
2018年7月18日 更新

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

開始早々話題を呼んでいる、東京国立博物館で開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」。これをきっかけに、縄文時代に興味を持ったという方もいるのではないでしょうか。そんな縄文初心者のために、縄文好きがおすすめ!東京都内で縄文文化を体感できるスポットをご案内します。

みのうち社みのうち社

日本考古学発祥の地!大森貝塚遺跡庭園(品川区)

1877(明治10)年にモース博士により発見・発掘された大森貝塚は、日本初の学術的発掘が行われた場所として「日本考古学発祥の地」と呼ばれています。

貝塚とは当時住んでいた人たちのゴミ捨て場のこと。食べ物などの生活ゴミのほか、壊れた土器や道具が見つかることもあります。古代の人々の生活を知ることができる貴重な場所なんです。
大森貝塚碑

大森貝塚碑

via 提供:しながわ観光協会
庭園内には「縄文の広場」や「地層の回廊」など縄文時代をイメージして作られた場所があり、古代に思いを馳せながらお散歩することができます。
縄文時代の暮らしについて学ぶことができる「貝塚学習広場」では、気になる謎が解けちゃうかも?

大森貝塚遺跡庭園(東京都品川区)の中には貝塚展示ブースがあり、実際に貝塚を見ることができます。近くにある品川歴史館にも、大森貝塚からの出土品がいくつか展示されています。
品川歴史館でも大森貝塚の貝層が見られる

品川歴史館でも大森貝塚の貝層が見られる

via 提供:品川歴史館
大森貝塚遺跡庭園のモース博士像

大森貝塚遺跡庭園のモース博士像

大森貝塚を発見したアメリカ人の動物学者、エドワード・シルベスター・モース。モースは横浜から新橋へ向かう列車の車窓から大森貝塚を見つけたとか。なんともビックリです!

研究目的で来日したモースですが、後に東京大学で動物学・生理学を教えることになります。日本滞在中は学校での研究や授業のほか、大森貝塚の発掘調査や採集旅行をしていたそう。
via 提供:しながわ観光協会

縄文人気分が満喫できる!東京都立埋蔵文化財調査センター(多摩市)

東京都立埋蔵文化財調査センター(東京都多摩市)では、旧石器時代から近世まで、多摩丘陵から発掘された出土品が収蔵・展示されています。この地域では縄文時代にも多くの人々が住んでいたそうで、縄文土器や土偶、石器なども多く出土しています。

こちらのオススメはなんといっても体験コーナー!
場所によるかもしれませんが、縄文人の主食は主にドングリだったそうです。体験コーナーでは、そのドングリを当時のように石皿ですりつぶす体験ができます。ちょっとした縄文クッキングですね。

他にも、実際の土器に触ってみたり、火をおこしたり、さらには縄文人の衣装を着てみたりと色々な体験も可能。充実の体験コーナーで、気分はまさに縄文人!
提供:東京都埋蔵文化財センター (22326)

via 提供:東京都埋蔵文化財センター
また、隣接する遺跡庭園「縄文の村」は、なんと実際に縄文集落があった場所。
復元された竪穴住居があり、焚火された炉を囲むことができます。まるで当時にタイムスリップしたかのようですね!
※火焚き、野焼きのスケジュールはHPをご確認ください。
復元された住居

復元された住居

via 提供:東京都埋蔵文化財センター
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みのうち社

みのうち社

歴史好きなイラストレーター&ライター、デザイナー、編集者の3人組。 武将の城や偉人の史跡、神社仏閣、美術など、身近にあるものでも最大限に楽しめる「歴史エコ」な情報を発信していきたいと思います。 今後は、各種イベントや本の企画など、歴史にまつわる仕事をしていく予定です。よろしくお願いします! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

東京国立博物館(東京都台東区)では、縄文時代にスポットを当てた特別展を2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催。「縄文の美」をテーマに、縄文の国宝全6件が勢ぞろいすると話題の本展を一足お先に拝見!その見どころをご紹介いたします。
土偶ペンライトがやばい!特別展「縄文」限定グッズつき前売券が発売

土偶ペンライトがやばい!特別展「縄文」限定グッズつき前売券が発売

「縄文の美」をテーマに、日本各地で育まれた優品が集まる特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」が東京国立博物館にて開催。7月3日(火)の開催を前に、限定オリジナルグッズと前売一般鑑賞券がセットになった前売券が4月3日(火)より発売されます。土偶型のペンライトなど今までにないグッズは、土偶ファンならずとも見逃せません!
パンダと一緒に古墳も見よう! 東京こんなところに古墳(上野・芝・代官山編)

パンダと一緒に古墳も見よう! 東京こんなところに古墳(上野・芝・代官山編)

東京の23区内にもけっこう残っている古墳。開発などで消えた古墳が多いですが、現在見に行ける古墳だってまだまだあります。今回は23区の中でも都心にほど近い上野と芝、そして代官山にある古墳を紹介いたします。全て最寄りの駅から歩いて5分程度の距離。知らずに通り過ぎていたら損ですよ!!
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。
12月14日は忠臣蔵の日!平成最後の「赤穂義士祭」へ行こう

12月14日は忠臣蔵の日!平成最後の「赤穂義士祭」へ行こう

「忠臣蔵」として知られる赤穂事件が起きた12月14日、全国にあるゆかりの地では赤穂浪士にちなんだ祭りが毎年開催されています。今年で115回目を迎える兵庫県赤穂市の「赤穂義士祭」のほか、東京の泉岳寺でも行われる義士祭。今もなお多くの忠臣蔵ファンが集まる祭りの見どころをご紹介します。
再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は、山縣有朋ゆかりの地です。「日本軍閥の祖」とも呼ばれ、明治政府では軍政家として陸軍の礎を築いた山縣有朋。一般的なイメージはあまり良くないようですが、最近ではその評価も見直されつつあります。山縣が歩んだ人生を、墓所・護国寺とともにご紹介します。
市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

ついに豊洲へと移転した築地市場。しかし場外市場は残っており、築地は今日も多くの観光客でにぎわっています。市場のほかにも見どころ満載の築地。古地図を片手に、新しい築地の観光スポットを見つけに出かけてみませんか?
津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

明治政府がスタートして間もない明治4(1871)年、岩倉具視を正使とした岩倉使節団が欧米へ派遣されました。その数107名の大所帯、大久保や桂、伊藤といった新政府の首脳までもが含まれていたこの一行は、欧米で多くを見聞きして帰国しました。彼らの目的と日本に与えた影響とは?また、使節団のメンバーが後に成し遂げた功績もご紹介します。
紅葉と歴史が気軽に楽しめる!この秋行きたい都内の大名庭園

紅葉と歴史が気軽に楽しめる!この秋行きたい都内の大名庭園

秋といえば、やはり紅葉を楽しみたいですよね。東京都内には紅葉の名所として人気の大名庭園がいくつもあります。なかには期間限定のライトアップが楽しめる庭園や、紅葉めぐりのスタンプラリーなど関連イベントも。秋と歴史を感じられる、おすすめの大名庭園めぐりをご案内します。
教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。