【7月13日はオカルト記念日】日本にもエクソシストはいた?各地に残る悪魔払いの風習
2018年7月12日 更新

【7月13日はオカルト記念日】日本にもエクソシストはいた?各地に残る悪魔払いの風習

今から44年前の7月13日、日本で初公開され大ヒットしたのが、オカルトブームの火付け役となった映画『エクソシスト』。これを記念して、7月13日は「オカルト記念日」に制定されているのをご存知でしょうか。そこで今回は「エクソシスト=悪魔払いの祈祷師」にちなんで、日本に残る「悪魔払い」の風習や、それにまつわる場所を紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本にも“悪魔祓い”はある?

西洋における悪魔払いはカトリック教会の儀式のひとつで、人に憑いた悪魔を、司祭が厳密な儀式に則ってとり払います。一方、日本における悪魔払いのルーツは、修験者や陰陽師による、調伏呪文や加持祈祷といわれています。さまざまな儀式や行事、呪い(まじない)を行うことで、モノノケになったものや、邪気・邪霊に侵された人から邪気を払っていくのが一般的です。

民俗芸能として伝わる「山王悪魔払」(石川県金沢市)

写真提供:金沢市 (22200)

via 写真提供:金沢市
こうした儀式などは、時代とともに民間にも広がっていきましたが、民俗芸能として今に伝わるのが、石川県金沢市大野町に残る「山王悪魔払(さんのうあくまばらい)」です。

大野町日吉神社の夏祭りで行われる、神興の渡御にしたがって演ぜられるもので、現在は7月第4四土曜日・日曜日に開催。
祭りでは、独特の衣装を身にまとった「坊さん」を先頭に、天狗・鬼人・翁の面をかぶった踊手の3人が、まさかりを振りおろして四隅を切る、破魔矢をつがえて四隅を射る、太刀で四隅を切るといった所作をくり返しながら、町内をまわって悪魔(邪気)を払っていきます。
開催:2018年7月28日(土)、29日(日)
場所:金沢市大野日吉神社

起源は平安時代の悪魔払い?どんど焼き

福井県の「勝山左義長まつり」

福井県の「勝山左義長まつり」

via 写真提供:公益社団法人福井県観光連盟
ほかにも、小正月に行われる火祭りの行事、「左義長(どんど焼き)」の起源とされるのが、平安時代の悪魔払いの風習「三毬杖」。

三毬杖は、正月15・18日に宮中の清涼殿南庭で催され、3本縄で巻いて立てた竹に、扇をつるして焼きます。これは、爆竹を鳴らすことで災いを除く中国の風習が、日本の宮中に伝わった儀式で、竹を燃やしたときに発する爆音によって鬼を驚かし、追い払うとされています。

これが民間に伝わったとされる左義長(どんど焼き)では、門松や注連飾り、書き初めを持ち寄って焼き、地域によっては、その火で焼いた餅を食べることで無病息災を願います。

日本版“エクソシスト”!?祐天上人

祐天(1637-1718)

祐天(1637-1718)

また、江戸時代にいわゆるエクソシスト的な存在として知られるのが、高僧と名高い祐天上人です。

特に、悪魔払いならぬ怨霊退治のエピソードとして有名なのが、四世鶴屋南北による歌舞伎「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」や、三遊亭円朝による落語「真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)」の題材とされた「累伝説」。
累 (『絵本百物語』竹原春泉画)

累 (『絵本百物語』竹原春泉画)

江戸時代、下総国岡田郡羽生村(現在の茨城県常総市羽生町)に起きた実話が元になっており、人々にとり憑いて悪事をなした「累」という女性の怨霊を、祐天上人が法力を以って成仏させたと伝わっています。羽生町にある法蔵寺には、現在も累の墓が残っているほか、累の木像、祐天上人が怨霊を供養する際に用いたという数珠、累曼陀羅などが、大切に保存されています。
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
前田利家ゆかりの寺がカエルだらけ!?金沢・越前にあるふたつの宝円寺

前田利家ゆかりの寺がカエルだらけ!?金沢・越前にあるふたつの宝円寺

「槍の又左」と称された戦国武将・前田利家。金沢城に入り、加賀藩初代藩主となったことでも知られています。そんな利家ゆかりのお寺が、金沢にある前田家の菩提寺・宝円寺と、もうひとつ、利家が金沢の前に在城していた現在の福井県越前市にも宝円寺があるんです。今回は、独自の取り組みをしているふたつのお寺をご紹介します。
【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

2017年6月に開催される歴史好きにおすすめの歴史イベント情報をまとめてご紹介します。
【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

行楽の秋、武将祭りやお城まつりなど、歴史系のお祭りが全国で開催されます。郷土の誇りと讃えられた有名武将の活躍を再現したものや、戦国時代さながらの甲冑姿でのパレード、迫力ある火縄銃演武、有名な合戦を再現したものなど、歴史好きなら胸が熱くなるイベントばかり。お祭りに参加して、あなたの憧れの武将達に会いにいってみませんか?
あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

西郷隆盛より6歳も年下でありながら「先輩としては藤田東湖に服し、同輩としては橋本左内を推す」といわしめた若者、それが橋本左内です。左内は24歳という若さで、幕末の四賢候と讃えられる福井藩主・松平春嶽の側近に抜擢され、国事に奔走しました。彼の功績と活躍の舞台となったゆかりの地をご紹介します。
イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】

イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、千葉県で開催される「大原はだか祭り」「上総十二社祭り」、2つの「裸祭り」をご紹介します。どちらもその起源は古く、秋の風物詩として地元で親しまれています。躍動感ある神輿と参加者の生き生きとした姿はまさにフォトジェニック!その見どころを写真でご紹介します。
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、夏に開催されるご当地伝統のお祭りから、お化けや仮面、あの世からの亡者も登場するちょっとコワい奇祭を5つご紹介します。
祭り写真家が教える!フォトジェニックな夏の花火大会&ねぶた祭り【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家が教える!フォトジェニックな夏の花火大会&ねぶた祭り【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は夏の風物詩・花火大会と夜祭りです。全国各地で開催される祭りから、特にフォトジェニックなものをプロが厳選。花火の上手な撮影方法も伝授します!
人魚の肉を食べて不老不死に?悲劇の八百比丘尼伝説【偉人が愛した肉料理:第3回】

人魚の肉を食べて不老不死に?悲劇の八百比丘尼伝説【偉人が愛した肉料理:第3回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人が愛した肉料理を紹介する連載。第3回は八百比丘尼が食べたといわれる『人魚の肉』です。食べると不老不死になるという伝説がある人魚の肉の正体とは?福井県小浜市に残るゆかりの地とともに、八百比丘尼伝説をご紹介します。