目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】
2018年8月2日 更新

目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

桜の季節には目黒川沿いが美しく彩られ、高級住宅街が広がり、おしゃれな店舗も並び立つ街、目黒。この街は、江戸時代はどのような姿であったのでしょうか。JR目黒駅界隈から東急東横線中目黒駅界隈までを、江戸時代の古地図とともに、この街の歴史を探ってみたいと思います。きっと意外な発見があることでしょう。

岡田英之岡田英之

目黒周辺は江戸のはずれだった

目黒白金界隈の江戸切絵図

目黒白金界隈の江戸切絵図

via 国立国会図書館デジタルコレクション
現在の中目黒から目黒周辺を、目黒川と目黒不動を基準にす...

現在の中目黒から目黒周辺を、目黒川と目黒不動を基準にすると比べ易い。

via 出典:国土地理院ウェブサイト
目黒周辺の古地図がこちらです。
江戸時代後期のものですので、かなり江戸の街が発展し、人口はゆうに百万人を超えていた頃のものです。北東側の白金はそれなりに建物も多いのですが、目黒界隈はいくつかの大名屋敷(白地に名前)と、寺社仏閣(赤く塗られているか、イラスト入り)、その他はほぼ田畑が広がる田園地帯でした。
その作物は江戸に運ばれて人々の生活の糧となり、江戸の周辺にあって江戸の街を支えた地域のひとつだったのです。その為、江戸の街の喧騒からは、少し離れた場所でした。

しかし、この地域は江戸の人々に人気の地域でもありました。そして、その歴史を今に伝える場所も多く残されているのです。今回は、その面影を紐解いていきたいと思います。

目黒の顔ともいえる目黒川沿いの急斜面

目黒は、JR目黒駅から南側、目黒川に至る道が、急な下り坂になっています。これが、目黒の特徴の一つでもあるのですが、この地形は江戸時代から有名でした。
JRの駅からは、南西側へ二本の坂道が降りています。「行人坂」と、「権之助坂」です。
行人坂と権之助坂。大圓寺、明王院にも注目を。

行人坂と権之助坂。大圓寺、明王院にも注目を。

via 国立国会図書館デジタルコレクション
江戸時代の古地図にも明記された二本の坂は、最初は「行人坂」のみでした。
今も「大圓寺」がありますが、他に坂には「明王院」という寺があり、「修行僧(=行人)」が行きかったことから「行人坂」と呼ばれていました。
ご存じの通り、余りに急坂で、雨が降ったりすれば舗装もされていない坂道は通行にも困難を極めたため、少しなだらかに隣に坂を造ったものが「権之助坂」になります。
元々は「新坂」と呼ばれたこの場所に、農民に慕われた名主の「権之助」が住んでいたから、とも、「権之助」が幕府の許可なく、罪に問われることを承知で、通行に便利な様にこの坂を切り開いたから、とも言われています。それだけ、「行人坂」が難所であったことを示しているものでもあるでしょう。今では、「権之助坂」周辺が発展し、道幅も大きくなりましたが、当初は「行人坂」の様に狭い坂として使われていたようです。
行人坂を上がる途中で。

行人坂を上がる途中で。

今でも重要な幹線道路です。
via 撮影:岡田英之
権之助坂の上から

権之助坂の上から

すっかり広くなり、発展しています。
via 撮影:岡田英之
この傾斜面を利用して「大名屋敷」がありましたが、この屋敷も、仕事をするための「上屋敷」ではなく、余暇や休日を過ごすため、そして面会などに用いるための「下屋敷」でした。
名前の上についている、「●印」がその「下屋敷」を表します。

現在の感覚からしますと、高いところに身分の高い人が住む様な感覚かと思いますが、当時は良い「傾斜面」に身分の高い人が住んでいました。当然、江戸城中心部に近いほど便利が良いため、そこの傾斜面は重臣たちに抑えられていました。

なぜ「傾斜面」なのかといいますと、こういった「傾斜面」からは水が湧き出ることが多かったのです。この水は、生活用水としても便利ですが、それ以上に屋敷の重要な設備、池のある美しい「庭園」を造るのに大変重要だったのです。その為、傾斜面には大名屋敷が多く作られることとなりました。
この目黒の傾斜面も、良い水が湧き、有力大名の「下屋敷」が設けられていたわけです。周辺には下屋敷が多く、ちょっとしたリゾート地の様な感覚が近いと思われます。
印が付いていて、白地に名前があるところが大名屋敷。●印...

印が付いていて、白地に名前があるところが大名屋敷。●印が下屋敷を示す。

via 国立国会図書館デジタルコレクション
この斜面は夕日が丘と呼ばれ、ここからの眺めは浮世絵にも描かれていて、当時の注目ぶりを表しています。
『富士三十六景 東都目黒夕日岡』

『富士三十六景 東都目黒夕日岡』

via 国立国会図書館デジタルコレクション
目黒・中目黒周辺を描いた浮世絵は、他にも複数あります。これは、この辺りが当時注目のエリアであり、人気が高かったことを裏付けるものでもあります。
49 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

岡田英之

岡田英之

おかだひでゆき。1977年、神奈川県生まれ。株式会社歩き旅応援舎での古地図散歩や、SNSを活用した博物館散歩、鎌倉散歩といった街歩きなどのガイドを務める。特に、歴史ある「場所」「モノ」に対する、専門用語を使わない、わかりやすい解説を得意としている。テレビ朝日系列「羽鳥慎一のモーニングショー」のコーナー、「良純未来図」や、BS朝日の「テイバン・タイムズ」に歴史案内人として複数回出演。著書に『東京街かど タイムトリップ』(河出書房新社)がある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。
【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」などの風景画で知られる江戸時代の浮世絵師・歌川広重。没後160年にあたる2018年は、日本各地で記念展が開催されています。そのなかから、13年ぶりとなる大回顧展を開催中の太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」展の見どころをご紹介。海外の芸術家たちにも影響を与えた、広重作品の魅力を改めて感じてみませんか?
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は深川江戸資料館です。江戸時代末期の町並みを実物大で再現、細部までこだわった展示室は、まるで当時にタイムトリップしたかのよう。初めての人はもちろん、再度訪れたくなる資料館のディープな魅力をご案内します。
天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は三菱財閥の2代目・岩﨑彌之助とその息子・小彌太の集めた美術品を所蔵する静嘉堂文庫美術館です。江戸をはじめとする日本や東洋の貴重な美術品のなかでも国宝「曜変天目」の所蔵で知られる美術館の魅力をお届けします。
古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

関ヶ原合戦後、藩主となり江戸に藩邸を持った武将たち。東京には彼らの遺構がいくつも残されています。今回は、真田信之が東軍に参戦した真田家、黒田長政が関ヶ原で奮闘した黒田家、西軍敗北となるも減封にとどまった毛利家の遺構を、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが古地図をもとにご紹介します。
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。