【幕末の若者を心酔させた!】北辰一刀流の合理的な修養システムとゆかりの聖地「玄武館」
2017年3月21日 更新

【幕末の若者を心酔させた!】北辰一刀流の合理的な修養システムとゆかりの聖地「玄武館」

北辰一刀流といえば、坂本龍馬が免許皆伝を受けた千葉道場が有名ですね。千葉道場は通称「小千葉」。では「大千葉」とは?この「大千葉」こそ、北辰一刀流の創始者・千葉周作が開いた玄武館です。神田の玄武館は幕末期の最高峰ともいうべき道場。幕末の日本を動かした多くの若者が、汗を流した場所だったのです。

こまきこまき

北辰一刀流に人生を賭けた「イケメン」千葉周作

身長180cm越えの偉丈夫だった千葉周作

身長180cm越えの偉丈夫だった千葉周作

寛政5(1793)年に東北(岩手県説と宮城県説あり)で生まれた千葉周作は、父親とともに中西派一刀流の浅利義信のもとで剣術を学びました。浅利義信の娘を妻にした千葉周作でしたが、形稽古のやり方で義父と対立して独立。自分の剣術についての思想をつぎ込んだ北辰一刀流を創ります。この北辰一刀流の看板を引っさげた千葉周作は、各地で他流試合を行って門弟を増やしていき、その名前が広く知れ渡るようになりました。
江戸に着いた29歳の周作は日本橋に玄武館を開きましたが、3年程で神田のお玉ヶ池へ移転。周作は「お玉ヶ池の先生」と呼ばれてさらに多くの門弟が集まりました。

周作は身長が六尺(=180cm)を越える偉丈夫で、眼光の鋭いイケメンだったそうです。北辰一刀流の創始にあたっては、それまでの剣術修行における神秘的な要素を一切排して、徹底した合理的なシステムを作り上げました。男前で剣の腕が滅法強く理知的。周作、かっこよすぎです。
お玉ヶ池跡にある繁栄お玉稲荷神社(千代田区岩本町2-5)

お玉ヶ池跡にある繁栄お玉稲荷神社(千代田区岩本町2-5)

via 撮影:ユカリノ編集部

坂本龍馬も惹きつけた剣術常識を覆す合理的修養システム

高松塚古墳に描かれた玄武-亀と蛇が合体した霊獣

高松塚古墳に描かれた玄武-亀と蛇が合体した霊獣

玄武館の名に冠した「玄武」は北を守護する霊獣。北辰(=北極星)にちなんだ道場名だとされています。玄武館は、江戸三大道場の一つに数えられた名道場でした

北辰一刀流は、他流では修得するまでに約9つの段階を重ねていかなければならないのに対し、わずか3段階に簡素化された画期的な剣術でした。千葉周作によって修養システムが合理化され、それまで修得するまで10年近くかかっていたのが5年程度でOKとなったのです。その分、修得にかかる費用も少なくなりました。日本が激動した幕末期の若者たちにとって、北辰一刀流の合理的なシステムは魅力的に映ったことでしょう。

玄武館の門人には、新撰組のもととなった浪士組を作った清河八郎、江戸城の無血開城に貢献した山岡鉄舟、池田屋事件の斬り込み役だった藤堂平助、新撰組総長の山南敬助など名だたる面々が名を連ねます。そして忘れてはならないのが幕末の風雲児、坂本龍馬。千葉周作の弟、千葉定吉の道場(京橋桶町)で約2年間、北辰一刀流の修行を積んでいます。
坂本龍馬は千葉道場(小千葉)で修業した

坂本龍馬は千葉道場(小千葉)で修業した

お玉ヶ池は「文武両道」にうってつけの場所

右文尚武の碑(千代田区神田東松下町22)※工事中のため...

右文尚武の碑(千代田区神田東松下町22)※工事中のため移転先未定

岩本町3丁目交差点には「お玉ヶ池種痘所記念碑」もあり、こちらは東京大学医学部発祥の地とされています。お玉ヶ池のあった岩本町2丁目へは、地下鉄岩本町駅やJR神田駅あるいは秋葉原駅から5分~10分くらいで歩いて行くことができます。
お玉ヶ池種痘所記念碑

お玉ヶ池種痘所記念碑

via 撮影:ユカリノ編集部

千葉周作がつついたかもしれない鍋料理

周作が活躍していた頃に想いを馳せるなら、お玉ヶ池から歩いて10分ほどのところにあるあんこう料理店「いせ源」にぜひ立ち寄りましょう。天保元年(1830)創業、まさに周作がお玉ヶ池に道場を構えていた時期です。周作や門下生が鍋をつついていたかもしれませんね。また、東京都選定歴史的建造物に選定されている同店の建物は、関東大震災で全焼した後昭和5(1930)年に再建されたもので、おもむき深い風情は一見の価値があります。神田の歴史探訪の際に立ち寄ってみてはいかがでしょう。
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

こまき

こまき

歴史ライター。ワイルドサイドを歩くことを信条とする。『時の娘』をはじめとした歴史ミステリーに目がなく、読む→書く→読む→書くの無限ループのうちに日々を過ごす安楽椅子ライター。昼夜を分かたずラジオを流しているラジオ狂でもある。『姓氏家系歴史伝説大事典』『江戸東京魔界紀行』(共に勉誠出版)『社寺縁起伝説辞典』『横溝正史研究』(共に戎光祥出版)等々へ記事執筆多数。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。
“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

好評につき、ユカリノ主催・女子限定城歩きイベントの第3弾が決定しました!今回は、誰もが知っている「江戸城」の意外な見どころを探します。城に興味はあるけれど、城の見方や歩き方がよくわからない…という城めぐり初心者の女子の皆様、この機会にぜひご参加ください。
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
新春は一年の福を願う「新宿山ノ手七福神」巡りへ!【古地図と巡る江戸街並み探訪:特別編】

新春は一年の福を願う「新宿山ノ手七福神」巡りへ!【古地図と巡る江戸街並み探訪:特別編】

恵比寿神・大黒天・毘沙門天・弁財天・布袋尊・寿老人・福禄寿と、神道・仏教・道教の神仏をお参りするユニークな巡礼「七福神巡り」。日本独自の信仰で、一番身近な神仏習合かもしれません。今回は、ちょうど良い距離感で、街並みの変化や多彩な神社仏閣を堪能できる、都心の「新宿山ノ手七福神巡り」をご紹介します。
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。
2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

年々注目度を増している「日本刀」。歴史ファン・刀剣ファンのみならず人気を博し、名刀が展示される刀剣展には全国各地から多くの人が足を運びます。そこで今回は、2019年も盛り上がること間違いなしの刀剣展を、一足早く厳選してご紹介!年明けすぐから秋開催のものまで、気になる見どころとスケジュールを今からおさえておきましょう!
干支・イノシシにあやかろう!2019年のお正月は東京国立博物館へ初もうで

干支・イノシシにあやかろう!2019年のお正月は東京国立博物館へ初もうで

東京国立博物館では、2019年1月2日からお正月の恒例企画「博物館に初もうで」を開催。新年の干支「亥(いのしし)」をテーマにした作品や、新春ならではの名品展示、和太鼓や獅子舞といった伝統芸能も盛りだくさん!お正月は、日本の伝統を感じにトーハクへ初もうではいかがでしょうか?
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。
12月14日は忠臣蔵の日!平成最後の「赤穂義士祭」へ行こう

12月14日は忠臣蔵の日!平成最後の「赤穂義士祭」へ行こう

「忠臣蔵」として知られる赤穂事件が起きた12月14日、全国にあるゆかりの地では赤穂浪士にちなんだ祭りが毎年開催されています。今年で115回目を迎える兵庫県赤穂市の「赤穂義士祭」のほか、東京の泉岳寺でも行われる義士祭。今もなお多くの忠臣蔵ファンが集まる祭りの見どころをご紹介します。