藩主をしのぐ日本一の大地主!庄内藩・山形県酒田市の本間家が貫いた義
2017年3月8日 更新

藩主をしのぐ日本一の大地主!庄内藩・山形県酒田市の本間家が貫いた義

身分制度が厳しかったとされる江戸時代は、武士が商人や農民たちに威張りちらしていたというイメージを持っている方が多いかもしれません。しかし、東北の庄内藩(現在の山形県の日本海側)には藩主をはるかにしのぐ力を持つ豪商がいました。それが、戦前まで日本一の大地主とされた本間家です。その庄内藩の栄華を伝える雛祭りが4月3日まで開催中。ぜひこの機会に訪ねてみては?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

藩主を超える財力を誇った本間家とは?

山形県酒田市にある本間家旧本邸

山形県酒田市にある本間家旧本邸

本間家は酒田を拠点に金融業や米取引、そして北前船交易などで莫大な富を築き、新田開発にも力を注ぎました。庄内藩は譜代大名の酒井家が幕末まで統治しましたが、その石高は13万石ほど。これに対し、本間家の財力は20万石規模に相当していたとされ、その繁栄ぶりは「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」とうたわれたほどでした。

本間家はもともと佐渡の豪族で、血筋をさかのぼると関東の武士だったといわれます。上杉景勝に反逆したため滅ぼされますが、一族の中には上杉方に味方したものもいました。彼らは会津に国替えとなった上杉家に付き従い、その中で酒田に移り住んだ一族は武士の身分を捨て、江戸時代に商人となったのです。

庄内藩の強固な結束を支えた本間光丘

本間光丘が祀られている光丘神社(山形県酒田市)

本間光丘が祀られている光丘神社(山形県酒田市)

庄内藩主である酒井家は圧倒的な経済力を誇る本間家を何度も頼りにし、本間家もまた忠実に応えました。特に3代当主の本間四郎三郎(光丘)は、なんと藩主から藩政改革を任せられて奔走。また資財を投げうって海岸に防風林をつくったり、酒田港に灯台を設けるなどしました。さらに飢饉に備えて米を大量に備蓄して、のちに多くの領民の命を救ったのです。

家臣たちに妬まれることを警戒した四郎三郎は役職を退きましたが、その後も本間家は藩と協調し、財政再建や農政改革などに尽力。歴代藩主もまた領民を手厚く保護する姿勢を貫き、庄内藩は藩主、家臣、領民が固く結束して困難を切り抜けていきました。

それを物語るのが天保11(1840)年に持ち上がった「三方領地替え」という国替えの命令が老中・水野忠邦によって下されたときでした。

酒井家が越後長岡へ転封されることを知った領民は幕府に直訴して命令の撤回を訴え。本来なら死罪になるところですが、この行動を幕府は「義民」と称賛して命令を撤回。この運動も本間家が支援したといわれており、酒井家は江戸時代を通じて一度も国替えがありませんでした。

戊辰戦争では敗れるも最新兵器で活躍

幕末、武器の斡旋をして「死の商人」と呼ばれたエドワルド...

幕末、武器の斡旋をして「死の商人」と呼ばれたエドワルド・スネル

幕末の動乱期、佐幕派の庄内藩は商人エドワルド・スネルから最新式のスナイドル銃を購入して、攻め寄せてきた新政府軍を撃退。中老の酒井玄播が指揮する庄内藩兵は隣接する秋田藩へ侵攻し、敵を次々に破りました。

その戦力を支えたのは本間家が提供した莫大な軍資金だったことは言うまでもありません。佐賀藩兵との激戦を繰り広げる中、会津藩や米沢藩など周辺の諸藩が次々と新政府軍に降伏したため庄内藩も戦闘を停止しますが、最後まで領内への敵の侵入を許しませんでした。

明治時代以降も本間家は地方財閥として栄えますが、戦後の農地改革解放で所有したほとんどの土地を失いました。

本間家を偲んで訪ねたいゆかりの地

本間家旧本邸

本間家旧本邸

酒田市には現在、幕府の巡検使を迎えるために四郎三郎が建築した武家屋敷「本間家旧本邸」が見学できます。また、別荘の「清遠閣」と広大な日本庭園「鶴舞園」は本間美術館の一部として公開されており、かつての栄華を伝えています。一見贅沢に見えるこれらの屋敷や庭園を造成したのも、農民に手入れをさせることで凶作時の仕事を確保するためだったとされます。

本間家旧本邸では、本間家に伝わる雛人形を展示した「本間家のおひなさま」が現在開催中です。4月上旬までの開催ですのでお見逃しなく。
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【謙信だけじゃない!】米沢藩を甦らせたスーパー藩主・上杉鷹山

【謙信だけじゃない!】米沢藩を甦らせたスーパー藩主・上杉鷹山

米沢藩の藩主を務めていたのは上杉謙信の流れをくむ上杉家。そんな米沢藩には財政破綻の時期がありました。それを斬新な改革で甦らせたのが第9代藩主の上杉鷹山(うえすぎようざん)です。その手腕はアメリカの大統領であったジョン・F・ケネディが最も尊敬する日本人として挙げるほどでした。今回は、1751年(寛永4)9月9日に生まれた鷹山と、ゆかりの地を紹介します。
「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

2018年9月22日(土)~24日(月)に福島県会津若松市で開催された「戊辰150周年記念会津まつり」。メインイベントとなる23日の藩公行列には、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主役・山本八重を演じた綾瀬はるかさんと、その子供時代を演じた鈴木梨央さんが登場。おふたりは前日に行われた「戊辰150周年記念式典」のトークショーにも参加。祭りの模様と共に、式典での貴重なお話しをレポートします。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編

【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編

地名にはそれぞれ由来がありますが、徳川幕府が置かれてから急速に発展した東京は、日本の歴史上、新しく生まれた地名が多く、由来が解明しやすいのが特徴です。今回は、東京23区民の足ともいえる山手線の駅名にちなんだ由来とゆかりの地をご紹介します。
【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

与板藩は、現在の新潟県長岡市にあった小さな藩です。その系譜は、大河ドラマ「天地人」の主人公でおなじみの直江兼続から、同じく「おんな城主 直虎」で知られる井伊家にまで受け継がれます。また、戊辰戦争においても重要拠点となり、新政府軍に大きな貢献を果たしました。しかしそうなるまでには、波乱万丈な歴史があったのです。今回は、そんな与板藩の成り立ちとゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
斎藤一、白虎隊、新島八重…戊辰戦争の舞台・会津【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第2回】

斎藤一、白虎隊、新島八重…戊辰戦争の舞台・会津【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第2回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第2回は歴史が息づく町、会津。鶴ヶ城から徒歩で行ける場所を中心に、新選組隊士・斎藤一や白虎隊、新島八重など戊辰戦争に関わった人々のゆかりの地を紹介します。9/22から3日間、会津まつりもありますので、行かれる方はぜひチェックしてください。