九州の桶狭間!猛将・島津義弘の負けられない戦い「木崎原の戦い」
2017年6月14日 更新

九州の桶狭間!猛将・島津義弘の負けられない戦い「木崎原の戦い」

元亀3年(1572年)、現在の宮崎県えびの市付近において行われた伊東義祐と島津義弘の合戦「木崎原の戦い」(きざきばるのたたかい)。少数の兵力だった島津側が、伊東側に勝利したことから「九州の桶狭間」とも呼ばれています。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

鬼島津と呼ばれ、現在も歴史好きからカリスマ的人気を誇る...

鬼島津と呼ばれ、現在も歴史好きからカリスマ的人気を誇る島津義弘

伝説的な強さを誇った戦国武将、島津義弘―。島津4兄弟の次男として、2人の弟・歳久、家久と共に、長男である第16代当主・義久を支えました。

関ヶ原の戦いで敵中突破した「島津の退き陣」をはじめ、朝鮮出兵で明・朝鮮の連合軍約5万(諸説あり)を7千人の兵力で破った慶長3(1598)年「泗川(しせん)の戦い」など、その勇猛ぶりはよく知られています。

その伝説の始まりともいえるのが元亀3(1572)年、日向国南部(現在の宮崎県えびの市)で行われた「木崎原の戦い」です。

「九州の桶狭間」と呼ばれる木崎原の戦い

元亀2(1571)年に、義弘の父である第15代当主貴久が死去してしまいます。その隙を狙ったのが、日向の戦国大名・伊東義祐です。翌年、一族の伊東祐安に約3千人の兵を預け、島津領だった日向国南部の真幸院と呼ばれる地域に攻め入りました。

元亀3(1572)年5月3日夜、三ツ山城(小林市)を出発した祐安は全軍を二つに分け、一隊を義弘の妻子と家来50人が守る加久藤城の攻撃に向かわせます。しかし、間者からの情報で伊東軍の動きを把握していた義弘は、翌4日に手勢130人を率いて居城である飯野城を出発。さまざまな計略で伊東軍を誘い込み、各地から駆けつけた味方を合わせ約300人で、木崎原の伊東軍を包囲する形で決戦に持ち込みました。

正面から突撃した義弘の本隊は一時、兵力差に押されて退却しますが、ただちに態勢を立て直して踏みとどまります。そこに背後や側面で待機していた味方が攻撃を開始して伊東軍は総崩れとなります。退却の途中、総大将の伊東祐安は討ち死。このほか有力武将14人をはじめ士分、雑兵合わせて800人余りが戦死するという歴史的な敗北を喫しました。

少ない兵力にもかかわらず、総大将を討ち取って勝利したことから「九州の桶狭間」とも呼ばれています。ただ、織田信長が手薄な敵の本陣を急襲したとされる桶狭間の戦いとは異なり、義弘は10倍の敵に真っ向から挑んでいきました。このため、島津軍も将兵の8割が討ち死するという壮絶な戦闘となったのです。しかし勝利を収めたことで島津氏は悲願だった3州(薩摩、大隅、日向)制圧に大きく前進したのです。

えびの市の木崎原古戦場跡には「三角田」と呼ばれる緑地がありますが、そこは両軍が激戦を繰り広げ、義弘自らが伊東軍の武将、伊東進次郎を討ち取った場所です。
三角田

三角田

また義弘を守って久留半五左衛門、遠矢下総守、富永刑部、野田越中坊、鎌田大炊之介、曽木播磨の6人の重臣が討ち死にした場とも伝えられています。周辺には、合戦後に島津軍の将兵が血に染まった刀を洗ったとされる「大刀洗の川」、その近くには伊東軍の戦死者の首を埋葬した「首塚」、また義弘が敵味方の戦死者を弔うために建立した「六地蔵塔」などが残されています。
六地蔵塔

六地蔵塔

島津だからなせる戦法・釣り野伏せ

木崎原合戦で採用された作戦は、島津が得意とした「釣り野伏せ」でした。これは中央の部隊がわざと退却して敵を誘い出し、それを左右に待機させていた伏兵が攻撃するというもの。

中央の部隊も逆襲に転じて三方から包囲殲滅するという、少数の兵力で多数の敵を破るのに効果的な戦法とされます。前述の泗川の戦いや豊後の大友氏を破った耳川の合戦、龍造寺隆信を討ち取った沖田畷の戦いなど、島津氏は重要な合戦で釣り野伏せ、またはその応用形の戦法で勝利しています。ユーラシア大陸を制覇したモンゴル軍も似たような戦法をたびたび用いました。

優れた統率と機動力が必要とされますが、カリスマ性のある指揮官・義弘と、主君のため命がけで戦う家臣団がいた当時の島津氏だからこそ実行できる戦法だったといえます。
鎌倉時代から続く島津氏でも、抜きん出た勇猛ぶりを天下に轟かせた義弘と兄弟たち。その記憶は人々の心に刻まれ、西南戦争に至るまで「武勇の薩摩」のイメージが定着したのでしょう。

(黄老師)
10 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

戦国時代の島津氏を語る上で絶対に外せない島津四兄弟。輝かしい実績を持つ次男・義弘の影に隠れがちですが、長男・義久の存在こそ、島津家にとってはなくてはならないものでした。では、義久とはいったいどんな人物だったのでしょうか。彼のゆかりの地を交えながらご紹介していきたいと思います。
可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!あの釣り野伏戦法や、鬼島津と呼ばれた義弘公たち四兄弟の戦いぶりを、ゆるく可愛く紹介します。
島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する新連載がスタート。初回は島津氏の家紋「丸に十文字紋」です。その前に使用していたという家紋や「十文字紋」の意外な由来まで、専門家ならではのお話をご紹介します。
やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。
「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』」森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台を巡る

「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』」森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台を巡る

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第6回は、あの文豪、森鴎外も読み、明治期の青少年の心をわしづかみにした伝説の男色小説『賤のおだまき』を取り上げます。南九州を舞台に、鬼島津の屋台骨を揺るがした、戦国末期の大乱「庄内の乱」を背景にした、二人の健やかで美しい若者の愛の軌跡はどこに至るのか?
島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

関ヶ原の戦いの最中、史上稀に見る決死の脱出作戦が敢行されていました。それが、島津義弘率いる島津隊による「島津の退き口」です。ここでは多数の家臣と甥・豊久が討死しました。豊久は、近年漫画「ドリフターズ」の主人公としても注目されていますが、彼らの足跡を巡ってみることにしましょう。
【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

大内義隆に仕え、少年の頃はその美貌で寵愛を受けた武将・陶晴賢。長じて大内家の重臣となった彼は、やがて主に刃を向けることになります。しかし、下剋上を果たした彼の勢いは長くは続きませんでした。今回は、陶晴賢の生涯とゆかりの地をご紹介します。
ゆるカワな猫島津の退き口に家康も降参!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:後編

ゆるカワな猫島津の退き口に家康も降参!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:後編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!関ヶ原の戦いでの島津の退き口、ゆるカワな猫島津の戦いぶりには家康も降参? また、猫好きの聖地・仙巌園の猫神神社では「ねこねこ日本史」×「島津四兄弟」の最愛コラボ企画も決定!
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?
関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は石田三成の家紋です。三成の家紋といえば「大一大万大吉」が有名ですが、実は不確かな部分が多いのです。さらに「大一大万大吉」だけでも4種類あり…気になるその謎を紐解いてみましょう。