【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑
2018年11月26日 更新

【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、秩父市の名物「秩父夜祭」です。毎年12月に開催される秩父神社の例大祭で、ユネスコ無形文化遺産にも登録され、日本三大曳山祭の1つに数えられる秩父夜祭。歴史ある師走の伝統的なお祭りの見どころや撮影ポイントをご紹介します。

芳賀日向芳賀日向

御旅所に到着した「神々のロマン」を打ち上げ花火が祝福する

撮影:芳賀日向 (26085)

via 撮影:芳賀日向
12月になると、しんしんと冷え込む秩父の山麓。
祭りの日が近くなると、青年団が練習する秩父屋台囃子が毎晩町の中に響き渡ります。秩父市の6町には笠鉾2基・屋台4基があり、見事な極彩色に塗られ精細な彫刻が施され、その豪華さは岐阜県高山祭の屋台、栃木県鹿沼秋まつりの屋台と並ぶでしょう。

12月3日の夜に市内を巡った秩父神社の神輿、笠鉾、屋台が御旅所に到着すると、尺玉は約120発を含め6千5百発の花火が冬の夜空を彩るのです。
秩父祭屋台(左)と笠鉾(右)

秩父祭屋台(左)と笠鉾(右)

via 撮影:芳賀日向
屋台で披露される「曳き踊り」

屋台で披露される「曳き踊り」

via 撮影:芳賀日向
左右に張出舞台を付けて舞台を広げ、4基の屋台は年ごとに...

左右に張出舞台を付けて舞台を広げ、4基の屋台は年ごとに当番制で歌舞伎を上演する

via 撮影:芳賀日向
狭い屋台の中で演奏される秩父屋台囃子

狭い屋台の中で演奏される秩父屋台囃子

via 撮影:芳賀日向

古社・秩父神社の例大祭「秩父夜祭」の歴史

秩父神社は創建2100年以上と言われている古社。秩父夜祭は、華麗な花火と豪華な山車が目を惹きますが、もっともオーソドックスな日本の祭りの形態があります。
4月4日の御田植祭で秩父の武甲山から龍神様を秩父神社にお迎えし、冬の秩父夜祭で龍神様を武甲山にお送りするのです。神様は、冬の間は山に籠もられます。この神送りの行事に、江戸時代から始まった蚕市が加わって大変賑やかになったというわけです。また、江戸から伝わった歌舞伎も地歌舞伎として上演されるようになり、養蚕業者や火事の多かった江戸への材木を運んだ材木商たちの財で現在の豪華な笠鉾・屋台が競うように作られました。現在でも、夜祭が終わった翌日の12月4日に秩父神社では県内の養蚕業者による蚕糸祭(さんしさい)が行われています。
秩父神社

秩父神社

via 撮影:芳賀日向
撮影:芳賀日向 (26093)

蚕糸祭で奉納された天蚕(てんさん)
via 撮影:芳賀日向
絹で織られた伝統の着物、秩父銘仙を着た男衆。

絹で織られた伝統の着物、秩父銘仙を着た男衆。

via 撮影:芳賀日向

一夜の逢瀬?「お諏訪渡り」にまつわる言い伝え

この秩父夜祭には、市民の間に大変興味深い言い伝えがあります。
秩父神社はもとは地主神を祭神としていました。「お諏訪様」と呼ばれ、諏訪信仰の農業用水を司る神様です。
お諏訪様

お諏訪様

今は駐車場となっている秩父市番場町の一角に小さな祠(ほこら)があります。お諏訪の宮と呼ばれ、そこにお諏訪様がいらっしゃいます。この祠の下には地下水路があり、武甲山からつながっていると言われています。
via 撮影:芳賀日向
40 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

芳賀日向

芳賀日向

はがひなた。祭り写真家。1956年長野県生まれ。米国西イリノイ大学文化人類学科卒業。30年間に渡り世界の祭り48ヵ国、日本各地の祭りを撮り続ける。週刊朝日百科『日本の祭りシリーズ』連載(朝日新聞出版)、『祭りを撮る』監修(旅行読売出版社)、『日本全国祭り図鑑』監修(フレーベル館)など。写真展「世界のカーニバル」、「被災地の夏祭り」(キヤノン)他。日本写真家協会会員。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑

【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、奥三河の花祭です。毎年11~3月にかけて、愛知県の奥三河各地で開催されるこのお祭り。鎌倉時代から続く、国の重要無形民俗文化財にも指定された伝統芸能は一見の価値あり!
【意外な穴場も】2018年のGWおすすめ!全国の歴史イベント10選

【意外な穴場も】2018年のGWおすすめ!全国の歴史イベント10選

2018年のゴールデンウィークも全国では様々な歴史イベントが開催されます。有名人に会えるまつりや、GW後も楽しめるものまで、10のイベントを厳選してご紹介。今からでも間に合う国内の穴場的なイベント情報もあり!GWの旅行の予定がまだ決まっていない人は必見です。
国史跡埼玉(さきたま)古墳群とさきたま火祭り

国史跡埼玉(さきたま)古墳群とさきたま火祭り

埼玉(さきたま)古墳群には合計9基の大型古墳があります。そのひとつに戦国時代のある武将が本陣を構えたことも。現在ではさきたま古墳公園として整備されており、併設のさきたま史跡の博物館ととも楽しむことができます。ゴールデンウィーク真っただ中の5月4日に「第32回さきたま火祭り」が開催されました。その日の古墳とお祭りの様子をご紹介いたします!!
国立公文書館「温泉 〜江戸の湯めぐり〜」レポート

国立公文書館「温泉 〜江戸の湯めぐり〜」レポート

2019年3月9日(土)まで国立公文書館で開催されている企画展「温泉~江戸の湯めぐり~」。日本人は古代より温泉と親しみ利用してきました。戦乱の世を経て江戸時代になり平和が訪れると、大名から一般庶民に至るまで湯治の旅に出かけることができるようになり、温泉に対する関心も高まります。江戸時代の書物・名所図会・紀行文や書状を中心に、温泉と歴史の深いつながりを楽しむことができる企画展を、温泉×歴史ナビゲーターの志真うたがレポートします。
これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

さる2月10日、城郭研究家の西股総生先生を講師にお招きし、「女子限定特別企画・江戸城を歩こう!」が開催されました。江戸城の見所やベストフォトスポットなどを押さえたイベントの様子をレポートします。
【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

江戸東京博物館で開催中の「春を寿ぐ―徳川将軍家のみやび―」展。徳川家ゆかりの品々が多数展示されている本展のなかから、徳川家の女として生きた天璋院篤姫ゆかりの品を中心に、その生涯を歴史タレント・小栗さくらさんが紹介します!
【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
2月3日は節分!写真で見る日本各地の節分行事とそのルーツ|日本名珍祭り図鑑

2月3日は節分!写真で見る日本各地の節分行事とそのルーツ|日本名珍祭り図鑑

2019年2月3日は節分です。神社や寺、家庭や保育園、幼稚園などでは鬼のお面をかぶった人に豆を投げますね。この節分、実はルーツが大変興味深いのです。祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は日本各地の節分行事を写真で紹介するとともに、そのルーツに迫ります。
太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

福岡県の太宰府天満宮宝物殿企画展示室で開催中の人気歴史コミック『応天の門』展。若き菅原道真公を描き人気を博している本作の展覧会には、作者・灰原薬氏による原画などが展示中です。実際に菅原道真公ゆかりの品々もあわせて見られる、ファン必見の展覧会の模様をレポート!
温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

日本人が古くから親しんできた温泉。江戸時代には、名所図会や紀行文などを通して、温泉地の情報が広く流布しました。多くの人々が訪れ、温泉は次第に湯治場としてだけではなく、行楽地としても賑わうようになります。国立公文書館では平成31年1月26日(土)〜3月9日(土)の期間、江戸時代の資料を中心に人々と温泉の関わりを紹介する企画展「温泉~江戸の湯めぐり~」を開催。その見どころをご紹介します。