墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相
2018年3月29日 更新

墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された少女「八百屋お七」。しかし実際のお七は、八百屋の娘ということも含め、はっきりとわかっていません。その謎だらけの伝説がかえって関心を呼び、創作が盛り込まれ、私たちの知るお七になっているのです。今回は残された史跡を巡りながら、お七の実像を探ります。

岡田英之岡田英之

実在のお七と創造のお七

八百屋お七

八百屋お七

二代目 歌川国輝画
お七は、駒込または本郷において八百屋を営んでいた家の娘とされ、天和2年(1683)に発生した「天和の大火」によって被災した一人といわれています。
駒込の大円寺から出火したとされるこの大火は、17時間余り燃え続け、死者3000名を超える一大火災となりました。

このため、お七は家族とともに、一家とゆかりのある寺に一時避難を余儀なくされました。
この寺は、記録や物語によって諸説ありますが、正仙院(本郷の正泉院のことか)とも、小石川の円乗寺、駒込の吉祥寺などともされています。

しかし、このうち少なくとも駒込の吉祥寺であるというのは、井原西鶴の『好色五人女』による創作で、特に舞台としてより知名度の高い寺を選んだようです。
現在知られているお七の姿は、ほぼこの作品による影響が大きいようです。
吉祥寺(東京都文京区)

吉祥寺(東京都文京区)

吉祥寺といえば武蔵野市のほうが浮かびますが、もともとはこちらのほうの住民が「明暦の大火」で家を失い、移り住んだことにより生まれた地名だとか。
ここには、恋仲にありながら不幸にも亡くなった男女を弔う「比翼塚」があり、お七と吉三郎を供養する石塔もひっそりと建てられています。

彼の名は、吉三郎?それとも?

お七はその避難先の寺で小姓をしていた人物と密かな恋仲になります。
この小姓についても、一般的には、井原西鶴『好色五人女』の影響から「吉三郎」が有名ですが、他にも「山田左兵衛」「生田庄之助(庄之介)」とするものがあります。

吉三郎は、当時悪人として名を馳せていた人物の名のようで、物語によっては、お七をそそのかす立場で登場します。井原西鶴は、万人に受ける物語とするために、有名どころを当てたり脚色を施したりしているのですね。

一方、生田庄之助は『天和笑委集』に見られる名前なのですが、お七の処刑からわずかの期間で書かれているため、より史実に近いと考えることもできます。
井原西鶴『好色五人女』

井原西鶴『好色五人女』

吉三郎(左)の指に刺さったトゲを母(中央)に代わってお七(右)が抜く場面。庭には避難してきたお七の家の家財道具が並べられています。

15歳の少女が火あぶりの刑に…

その後、駒込または本郷の町が復興し、八百屋が建てなおされたため、避難先の寺を去ることになりました。密かな恋はそのまま、別れ別れになってしまったのです。

元の生活に戻っていくということは、本来なら喜ぶべきことです。しかしお七は、寺の小姓のことが気になってしかたなく、また共に生活したいと日々思い焦がれるようになります。
かなわぬ恋とわかるだけに一層その思いは強くなり、苦悶した揚句に一つの閃きがありました。

「もしも、再びこの町を焼け出されたら、この家が焼けてしまったら、また寺に避難して、あの小姓と一緒に生活が出来る」
櫓のお七

櫓のお七

歌川国貞画
しかし、この思い付きは大変危険なものでした。
もちろん、そううまく火災が起こるはずもなく、思いつめたお七は、遂に自分の家に放火してしまうのです。

物語によっては、火事でもないのに非常時を知らせる「半鐘」を鳴らしたともされています。
幸い、近所の人たちの消火活動によってこの放火はぼやで消し止められ、大事には至りませんでした。

とはいっても、町を焼け野原にしてしまう火事は江戸の脅威。それを引き起こす放火は重罪でした。
また、非常時でもないのに半鐘を鳴らすことも人々に大きな混乱を招くことになるため、重罪になりました。
それでもお七は小姓と暮らしたい一心で、この様な行動に出てしまったのです。
鈴ヶ森刑場遺跡(東京都品川区)

鈴ヶ森刑場遺跡(東京都品川区)

日光街道沿いにあった小塚原刑場とともに、東海道沿いに設置されていた刑場。現在も井戸や火あぶり用の鉄柱、磔用の木柱を立てた礎石などが残されています。
お七と小姓の恋はかなうことなく、重い罪に問われたお七は、鈴ヶ森の処刑場にて火あぶりの刑となってしまいました。
その年齢は、わずか15歳であったと言われます。物語によっては、年が若く減刑の可能性があったものの、庄之助に迷惑をかけない様にと、放火の理由を明確にせずに極刑を受けたともされています。

お七の墓がある円乗寺(東京都文京区)

円乗寺にあるお七のお墓

円乗寺にあるお七のお墓

27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

岡田英之

岡田英之

おかだひでゆき。1977年、神奈川県生まれ。株式会社歩き旅応援舎での古地図散歩や、SNSを活用した博物館散歩、鎌倉散歩といった街歩きなどのガイドを務める。特に、歴史ある「場所」「モノ」に対する、専門用語を使わない、わかりやすい解説を得意としている。テレビ朝日系列「羽鳥慎一のモーニングショー」のコーナー、「良純未来図」や、BS朝日の「テイバン・タイムズ」に歴史案内人として複数回出演。著書に『東京街かど タイムトリップ』(河出書房新社)がある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。
【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」などの風景画で知られる江戸時代の浮世絵師・歌川広重。没後160年にあたる2018年は、日本各地で記念展が開催されています。そのなかから、13年ぶりとなる大回顧展を開催中の太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」展の見どころをご紹介。海外の芸術家たちにも影響を与えた、広重作品の魅力を改めて感じてみませんか?
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

桜の季節には目黒川沿いが美しく彩られ、高級住宅街が広がり、おしゃれな店舗も並び立つ街、目黒。この街は、江戸時代はどのような姿であったのでしょうか。JR目黒駅界隈から東急東横線中目黒駅界隈までを、江戸時代の古地図とともに、この街の歴史を探ってみたいと思います。きっと意外な発見があることでしょう。
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は深川江戸資料館です。江戸時代末期の町並みを実物大で再現、細部までこだわった展示室は、まるで当時にタイムトリップしたかのよう。初めての人はもちろん、再度訪れたくなる資料館のディープな魅力をご案内します。
天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は三菱財閥の2代目・岩﨑彌之助とその息子・小彌太の集めた美術品を所蔵する静嘉堂文庫美術館です。江戸をはじめとする日本や東洋の貴重な美術品のなかでも国宝「曜変天目」の所蔵で知られる美術館の魅力をお届けします。
古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

関ヶ原合戦後、藩主となり江戸に藩邸を持った武将たち。東京には彼らの遺構がいくつも残されています。今回は、真田信之が東軍に参戦した真田家、黒田長政が関ヶ原で奮闘した黒田家、西軍敗北となるも減封にとどまった毛利家の遺構を、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが古地図をもとにご紹介します。