意外と知らない?徳川家康と日光東照宮の意外な関係、ゆかりの品々
2016年12月26日 更新

意外と知らない?徳川家康と日光東照宮の意外な関係、ゆかりの品々

初代江戸幕府将軍・徳川家康。260年の礎を築いた彼に相応しく、家康ゆかりの地は全国各地にあります。今回はその中でも最も豪華絢爛にして終着の地・日光東照宮と、そこで見ることができる徳川家康ゆかりの品を紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

なぜ日光東照宮に徳川家康のお墓がある?

 (1343)

学生時代、徳川家康のお墓と言えば「日光東照宮」と習いましたよね。もちろんそれは事実で、日光東照宮の奥宮と呼ばれる場所にはちゃんと家康のお墓が建っています。
しかし、よく考えてみると東照宮とは“宮”の名の通り神社です。神社にお墓?と疑問に思われる方もいるのではないでしょうか。
74歳で亡くなった徳川家康。死因は胃癌と言われているそう。

74歳で亡くなった徳川家康。死因は胃癌と言われているそう。

家康は亡くなる前、
「遺体は久能山へ葬り、増上寺で葬儀を行い、三河国の大樹寺には位牌を収め、一周忌が過ぎたら、下野の日光山へ小堂を建て勧請せよ。」
と、遺言したと言われています。

勧請とは神仏の分身・分霊を他の地に移して祀ることを言います。つまり家康は死後、子孫を見守るために自分が神様となって祀られることを望んだのです。その地に選ばれたのが日光でした。
日光東照宮 奥社 墓所

日光東照宮 奥社 墓所

息子・秀忠主導のもと、遺言にあるように、家康の遺体は久能山で埋葬されます。そして一周忌の際、棺が日光に運ばれお墓が建てられると、東照大権現として祀られたのです。
日光東照宮は、家康のお墓であるとともに家康自身を神様として祀っている神社だったのです。

日光にもある?家康の遺愛品

日光東照宮が今のような豪華な姿になったのは、三代将軍・家光の治世。
寛永の大造営と呼ばれる工事で建てられました。各大名から奉納された灯篭なども所狭しと並んでいます。

そう、お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、お墓という性質上、日光にあるものは家康の死後に建てられたり奉納されたものがほとんどなのです。
そんな日光にも、家康ゆかりの品はあるのでしょうか?

安心してください。東照宮入り口である石鳥居の手前に「東照宮宝物館」という施設があり、家康ゆかりの品が多数展示してあります!
その中から、いくつか興味深いものを紹介しましょう。
日光東照宮宝物館

日光東照宮宝物館

関ヶ原の戦いに着て行った!?『南蛮胴具足』

南蛮胴具足(重要文化財)

南蛮胴具足(重要文化財)

付属されている外箱の墨書に「関原御陣御着用御具足」とあることから、関ヶ原の陣中に持って行ったとされる甲冑で、国の重要文化財に指定されています。

名称に南蛮と入っていることからも分かるように、西欧の鎧を模倣して作ったものだと言われており、日本オリジナルの具足と比べると胴周りがどことなく西洋の甲冑風の作りになっています。
なんと!重さは14kgもあり、現代の私たちからすると全く実用的だとは思えませんね。恰幅の良い姿で知られる家康ですが、展示されている具足を見る限り当時はなかなかスリムだったのではと想像することができ、今までの家康像とはまた違った印象を受けるかもしれません。

時計マニアだった家康が持っていた可愛い『熊時計』

23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印で巡る武将ゆかりの地~徳川家康編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~徳川家康編~

江戸幕府初代将軍・徳川家康を「神」として祀る日光東照宮。日光だけでなく、家康公を祀っている東照宮は実は全国にたくさんあります。そこで今回は徳川家康ゆかりの地・東照宮でいただける御朱印を厳選してピックアップしました!
今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験

今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験

静岡市では、徳川家康公の人生最後の居城となった駿府城で、発掘調査を実施中。江戸城をしのぐ大きさだったといわれる天守台の初の大型調査ですが、その一般体験を今年度初めて、5月10日(水)から20日間限定で体験できるそうです。
日本の冬の風物詩!和歌山で一大産業となった徳川頼宣ゆかりの紀州みかん

日本の冬の風物詩!和歌山で一大産業となった徳川頼宣ゆかりの紀州みかん

日本の冬に欠かせないのが「みかん」ですよね。その歴史をたどっていくと、意外な人物が関わっていたようです。
戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構

戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第2回は戦国時代に関東一円を支配した北条氏の本拠地・小田原城です。当時の城では群を抜いて規模が大きく、上杉謙信と武田信玄の攻撃にも耐え抜いた堅城で、戦国時代の後も東海道沿いの大きな都市として栄えました。元亀2年(1571)の今日、10月3日に亡くなった北条氏康にちなみ、今回は首都圏から日帰りで行ける名城の、特にオススメのポイントを中心に紹介していきます。
本居宣長の功績と魅力を伝える「宣長サミット」がゆかりの地・三重県で開催

本居宣長の功績と魅力を伝える「宣長サミット」がゆかりの地・三重県で開催

三重を代表する偉人・本居宣長(1730ー1801)。その功績や魅力を通じ、三重の文化を再認識する「宣長サミット」が平成29年10月14日(土)に開催。あわせて三重県立美術館では開館35周年記念企画第3弾として、平成29年9月30日(土)から11月26日(日)にかけて「本居宣長展」も開催されます。
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook