意外と知らない?徳川家康と日光東照宮の関係、ゆかりの品々
2018年10月10日 更新

意外と知らない?徳川家康と日光東照宮の関係、ゆかりの品々

初代江戸幕府将軍・徳川家康。260年の礎を築いた彼に相応しく、家康ゆかりの地は全国各地にあります。今回はその中でも家康が御祭神「東照大権現」として祀られている日光東照宮をご紹介します。竣功を終えた眠り猫、陽明門のほか、併設の宝物館で見ることができる家康ゆかりの品も必見ですよ。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

なぜ日光東照宮に徳川家康のお墓がある?

2017年3月に竣功した国宝「陽明門」(※写真は201...

2017年3月に竣功した国宝「陽明門」(※写真は2018年撮影したもの)

via 撮影:ユカリノ編集部
学生時代、徳川家康のお墓と言えば「日光東照宮」と習いましたよね。もちろんそれは事実で、日光東照宮の奥宮と呼ばれる場所にはちゃんと家康のお墓が建っています。
しかし、よく考えてみると東照宮とは“宮”の名の通り神社です。神社にお墓?と疑問に思われる方もいるのではないでしょうか。
74歳で亡くなった徳川家康。死因は胃癌と言われているそう。

74歳で亡くなった徳川家康。死因は胃癌と言われているそう。

家康は亡くなる前、
「遺体は久能山へ葬り、増上寺で葬儀を行い、三河国の大樹寺には位牌を収め、一周忌が過ぎたら、下野の日光山へ小堂を建て勧請せよ。」
と、遺言したといわれています。

勧請とは神仏の分身・分霊を他の地に移して祀ること。つまり家康は死後、子孫を見守るために自分が神様となって祀られることを望んだのです。その地に選ばれたのが日光でした。
奥社宝塔(徳川家康墓)

奥社宝塔(徳川家康墓)

via 撮影:ユカリノ編集部
息子・秀忠主導のもと、遺言にあるように、家康の遺体は久能山で埋葬されます。そして一周忌の際、棺が日光に運ばれお墓が建てられると、東照大権現として祀られたのです。
日光東照宮は、家康のお墓であるとともに家康自身を神様として祀っている神社だったのです。

日光にもある!家康の遺愛品が見られる「東照宮宝物館」

日光東照宮が今のような豪華な姿になったのは、三代将軍・家光の治世。
寛永の大造営と呼ばれる工事で建てられました。各大名から奉納された灯篭なども所狭しと並んでいます。

そう、お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、お墓という性質上、日光にあるものは家康の死後に建てられたり奉納されたものがほとんどなのです。
そんな日光にも、家康ゆかりの品はあるのでしょうか?

安心してください。東照宮入り口である石鳥居の手前には「東照宮宝物館」という施設があり、家康ゆかりの品が多数展示してあります。
日光東照宮宝物館

日光東照宮宝物館

見どころ①関ヶ原の戦いに着て行った!?『南蛮胴具足』

付属されている外箱の墨書に「関原御陣御着用御具足」とあることから、関ヶ原の陣中に持って行ったとされる甲冑で、国の重要文化財に指定されています。

名称に南蛮と入っていることからも分かるように、西欧の鎧を模倣して作ったものだと言われており、日本オリジナルの具足と比べると胴周りがどことなく西洋の甲冑風の作りになっています。
なんと!重さは14kgもあり、現代の私たちからすると全く実用的だとは思えませんね。恰幅の良い姿で知られる家康ですが、展示されている具足を見る限り当時はなかなかスリムだったのではと想像することができ、今までの家康像とはまた違った印象を受けるかもしれません。

見どころ②時計マニアだった家康が持っていた可愛い『熊時計』

宝物館には、金色に輝く熊の置物もあります。一見なんだか分からないのですが、実は時計なのです。
家康は晩年、時計集めに凝っていました。当時彼の手元には、洋時計、日時計、方時計、唐の時計、砂時計など様々な種類の時計が集められていました。その中の一つが、日光にある「熊時計」です。
文字盤はなく、どうやら決まった時間に音の鳴るタイプの時計だったようで、西洋からの舶来品とされています。
江戸時代と言えば、鎖国体制化に置かれ外来品などとは無縁だったとイメージしがち。ですが前述の南蛮具足と合わせて見ても、家康自身は西洋文化好きだったことが見て取れますね。

宝物館にはその他にも、刀や陣羽織など家康ゆかりの品が多数展示されています。
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

徳川家康の六男・松平忠輝。家康の実子でありながら、父からは疎まれ「鬼っ子」と呼ばれた理由とは…?不遇の生涯を送った忠輝が藩主として唯一幸せに過ごしたとされるゆかりの地・高田城(新潟県上越市)をご紹介します。
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
大きさは日本一!駿府城天守台の発掘現場と想像CGが見られるツアー開催

大きさは日本一!駿府城天守台の発掘現場と想像CGが見られるツアー開催

徳川家康の最後の居城として知られる駿府城。2016年より進められている天守台の発掘調査で、その大きさが日本一であることがわかりました。現在、発掘現場の見学と、想像CGによる「駿府城タイムトラベルツアー」が開催中です。最新の調査結果とともにツアーの内容をご紹介します。
第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。
徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。
日光、上野、久能山…全国の東照宮の御朱印で巡る徳川家康ゆかりの地

日光、上野、久能山…全国の東照宮の御朱印で巡る徳川家康ゆかりの地

江戸幕府初代将軍・徳川家康を「神」として祀る日光東照宮。日光だけでなく、家康公を祀っている東照宮は実は全国にたくさんあります。そこで今回は徳川家康ゆかりの地・東照宮でいただける御朱印を厳選してピックアップしました!
今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験

今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験

静岡市では、徳川家康公の人生最後の居城となった駿府城で、発掘調査を実施中。江戸城をしのぐ大きさだったといわれる天守台の初の大型調査ですが、その一般体験を今年度初めて、5月10日(水)から20日間限定で体験できるそうです。
日本の冬の風物詩!和歌山で一大産業となった徳川頼宣ゆかりの紀州みかん

日本の冬の風物詩!和歌山で一大産業となった徳川頼宣ゆかりの紀州みかん

日本の冬に欠かせないのが「みかん」ですよね。その歴史をたどっていくと、意外な人物が関わっていたようです。
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。