ファン大集合!三成好きのためのお祭り「石田三成祭」レポート
2017年11月10日 更新

ファン大集合!三成好きのためのお祭り「石田三成祭」レポート

2017年11月5日(日)、石田三成の生誕地、滋賀県長浜市石田町で「石田三成祭」が開催されました。毎年、三成の新暦命日に合わせて行われる「石田三成祭」。同地から発掘された石田一族の供養塔では法要が行われます。また、隣接する広場では特設ステージでイベントが行われ、石田家の屋敷跡に建つ石田会館では講演会も。甲冑武者としてお祭りを盛り上げてきましたよ!

高桐みつちよ高桐みつちよ

三成好きによる、三成好きのための、三成祭に行ってきました

石田町の石田三成像

石田町の石田三成像

via 高桐みつちよ撮影
関ヶ原の戦いで敗戦した石田三成は、近江国の古橋(現滋賀県長浜市木之本)で捕縛され、慶長5年(1600)10月1日、六条河原で斬首となりました。

三成の故郷である石田(現滋賀県長浜市石田町)では、その新暦命日に合わせ、例年11月の第1日曜日、2017年は11月5日に、三成と石田一族の供養のため、石田三成祭を開催しています。

普段はタダオキストな高桐ですが、三成ファンでもあり、石田三成祭は私が初めて台本を書いて演劇を披露した思い出の場所でもあるので、その感謝を込めて、毎年、甲冑武者として参加させていただいています♪

スタッフも、参加者も、全員が「石田三成が大好き」

石田三成は、永禄3年(1560)、石田村の土豪であった石田家の次男として生まれました。
この時代の北近江は浅井家の支配下。織田信長(織田徳川連合軍)と浅井長政(浅井朝倉連合軍)がぶつかった姉川の戦いは、元亀元年(1570)三成が10歳のときでした。

その後、浅井家は信長に滅ぼされ、天正2年(1572)、この地には新領主として羽柴秀吉がやってきます。
秀吉は、当時今浜と呼ばれていた琵琶湖湖畔の港町を「長浜」と改名して拠点にします。
そして、石田村から山を一つ越えた観音寺(滋賀県米原市)で寺小姓をしていた三成と出会うことになるのです。※三成が士官した年は諸説あり

秀吉は長浜を足掛かりに出世を果たし、ついに天下を治めるまでになります。
三成は佐和山城(滋賀県彦根市)を与えられ、生まれ故郷の領主となりました。
領地運営は父正継に任せてほとんど自領にはいなかっただろうと考えられていますが、善政を敷いたと言われています。

そして関ヶ原の戦いが勃発。
三成死後、石田村の人々は、石田家の墓石を地中に埋めて秘匿としました。
時は流れて昭和。「触るとお腹が痛くなる」という伝承が残る塚から墓石が発見されます。
以来、石田町ではその墓石を石田一族の供養塔としてきました。

現在、石田町の人たちは、三成を親しみを込めて「三成さん」と呼びます。
石田家への供養と感謝の気持ちを形にしたのが「石田三成祭」です。
石田三成祭開催!

石田三成祭開催!

出演者が勢ぞろいして開会のあいさつ。長浜市のキャラクター三成くんも登場!
via さくらゆきマネージャー撮影

歌と踊りで盛り上がるステージ

お祭りの会場は、石田町の中心部、石田家の屋敷があった場所に立つ石田会館とその周辺の広場。
広場にはトラックを利用した特設ステージが組まれ、さまざまな催し物が披露されました。
戦国ダンスユニット・神桜舞-shinobi-

戦国ダンスユニット・神桜舞-shinobi-

戦国をテーマにしたダンスを披露してくれた、姉妹のダンスユニット神桜舞(しのび)さん。
キレッキレのダンスに盛り上がりました!
via さくらゆきマネージャー撮影
「和心」を詠って伝える超個性派アーティスト仁凰

「和心」を詠って伝える超個性派アーティスト仁凰

石田三成の顕彰歌を歌う仁凰さん。
力強くも心洗われるステキな歌声の方々。ゲストに関ケ原町で活動するアコースティックバンド・ラベンダーさんも登場。
via さくらゆきマネージャー撮影
元祖歴史系アーティスト・さくらゆき

元祖歴史系アーティスト・さくらゆき

そしてトリに登場したのが、ユカリノ公式キュレーター・小栗さくらさんが所属するさくらゆきさん。
関ヶ原の戦いで西軍に属した武将をテーマにした歌を、語りを交えて歌い上げました。
via 高桐みつちよ撮影
この他にもクイズ大会や餅まきが行われ、終日大盛り上がりでした。

石田三成祭は「食」も魅力!

お祭りといえば、ご当地メシ。
石田三成祭では、地元のお母さんたちの模擬店のほか、長浜市や彦根市など周辺の飲食店も出店しており、目移りしてしまうほど、おいしそうなものがいっぱい。
ステージを見ながら食を楽しむ人たち

ステージを見ながら食を楽しむ人たち

広場にはテーブルが置かれていて、食べながら(宴会しながら…?)ステージが見られるようになっています。
via さくらゆきマネージャー撮影
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

高桐みつちよ

高桐みつちよ

「歴史をポップに楽しみたい!」オタクカルチャーを交えて歴史コンテンツを発信する歴女ユニット「武蔵守歴女会LLP」所属。肥後細川家と石田三成をこよなく愛する歴史ライター時々マイ甲冑武者。関ケ原町を拠点とする甲冑武者団体「関ケ原組」での活動を経て、現在は甲冑劇の脚本演出を行っている。関ケ原合戦祭り『関ケ原合戦絵巻』(2014~)、関ケ原七武将物語(2015~)脚本演出。『真田幸村の系譜(河出書房新書)』執筆協力。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

慶長5年(1600)の今日、9月21日は、関ヶ原合戦で敗北した石田三成が捕らえられた日。その三成を捕らえたのが三成と同じ近江出身の田中吉政です。吉政は秀吉に注目されると、秀次の筆頭家老に抜擢。近江八幡や岡崎、柳川の城や城下町を整備し、その遺構は現代にも活かされています。意外と知られていない?吉政の功績とゆかりの地をご紹介します。
武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

加藤なら清正、というイメージが強いかと思いますが、忘れてはいけないのが加藤嘉明です。豊臣秀吉子飼いの武将として「賤ヶ岳の七本槍」に数えられ、また淡路水軍を率いて海戦でも活躍するなど、その武勇はかなりのものでした。寛永8年(1631)9月12日に亡くなった加藤嘉明の彼の人生と、松山城をはじめとするゆかりの地をご紹介します。
戦国・幕末グッズも盛りだくさん!「ふるさと納税」でゆかりの地を応援しよう

戦国・幕末グッズも盛りだくさん!「ふるさと納税」でゆかりの地を応援しよう

応援したい自治体に寄付することで、お礼の品がいただける嬉しい制度「ふるさと納税」。今回は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」から、歴史上の偉人ゆかりの地でもらえる品物をピックアップしてみました。自治体とともに、その偉人を応援している気分になれる?「ふるさと納税」でゲットしよう!
映画「関ヶ原」のロケ地も!石田三成ゆかりの地・滋賀県をめぐる旅

映画「関ヶ原」のロケ地も!石田三成ゆかりの地・滋賀県をめぐる旅

大河ドラマ『真田丸』や映画『関ヶ原』などで近年さらに人気が高まりつつある戦国武将・石田三成。三成ゆかりの地である滋賀県長浜市、米原市、彦根市にあるゆかりの地と、三成にちなんだ「三成めし」をご紹介します。映画や大河ドラマをきっかけに石田三成に興味を持たれた方は、ぜひこの機会に滋賀で三成を感じてみませんか?
銅像も〝クソまじめ〟な石田三成とその仲間たち「ニッポン銅像探訪記 第9回:関ヶ原関連武将」

銅像も〝クソまじめ〟な石田三成とその仲間たち「ニッポン銅像探訪記 第9回:関ヶ原関連武将」

「9月15日は何の日?」と聞かれて答えられないあなたは、歴史好きとしてモグリです。そう、関ヶ原の戦いの決戦日ですね。今から417年前の旧暦の9月15日、美濃国(岐阜県)関ヶ原において戦国時代最大の合戦が勃発しました。毎年10月に「関ヶ原合戦祭り」が開催されるのは戦国ファンのよく知るところですが、今年は岡田准一主演の映画『関ヶ原』が公開されることもあり、にわかに盛り上がっています。今回は、石田三成を中心に関ヶ原参戦武将の銅像をたどってみましょう。
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
馬に乗ったまま琵琶湖を渡る!?知られざる猛将、明智秀満とは!

馬に乗ったまま琵琶湖を渡る!?知られざる猛将、明智秀満とは!

今も語り継がれる「明智左馬之助湖水渡り」伝説。かつて、1000騎を超える敵軍を前に、愛馬もろとも琵琶湖に飛び込み、見事波立つ湖面を泳ぎ切ってみせた武将がいました。彼の名は明智秀満。明智光秀の重臣であり、「生涯、光秀の他に仕えるつもりはない」と豪語する忠義の人でもありました。大河ドラマ「麒麟がくる」でも大注目間違いなし!滋賀県大津市に秀満ゆかりの地を訪ねます。
関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は石田三成の家紋です。三成の家紋といえば「大一大万大吉」が有名ですが、実は不確かな部分が多いのです。さらに「大一大万大吉」だけでも4種類あり…気になるその謎を紐解いてみましょう。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
ご当地ゆかりのあの武将も!田んぼアートに蘇る歴史上の人物たち

ご当地ゆかりのあの武将も!田んぼアートに蘇る歴史上の人物たち

青森県田舎館村で村おこしの一つとして始まった“田んぼアート”。田んぼをキャンバスに見立て描かれる巨大なアートは年々話題を呼び、今では全国各地で開催される人気イベントとなっています。なかにはご当地ゆかりの武将を描くなど、歴史好き必見のアートも。今回は2018年注目の田んぼアートを厳選してご紹介!ゆかりの地めぐりとともに見に行ってみませんか?