刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方
2018年3月9日 更新

刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方

国宝・重要文化財の刀剣を所蔵し、その保存と研究に励む「刀剣博物館」が墨田区両国に移転、2018年1月にオープンしました。新しくなった刀剣博物館の魅力と現在開催中の企画展「現代刀職展」の見どころを、「歴☆女子会」主宰で、刀剣にも詳しい磯部深雪さんがたっぷりご紹介します。

磯部深雪磯部深雪

刀剣好きにはたまらない!刀剣博物館とは

刀剣博物館(東京都墨田区)

刀剣博物館(東京都墨田区)

via 撮影:ユカリノ編集部
現代の刀剣業界や刀職界を牽引する「日本美術刀剣保存協会」の総本山であり、幾振もの国宝・重要文化財の刀剣を所蔵する刀剣博物館。1978年5月25日、新宿区初台にて開館し、2017年3月31日に移転のため閉館。そして2018年1月19日、墨田区両国の旧安田庭園内にオープンすることとなりました。
旧安田庭園

旧安田庭園

元は常陸笠間藩本庄氏の下屋敷の庭園であった旧安田庭園。
via 撮影:ユカリノ編集部
最近では全国各地で若い方向けにも拝見しやすい企画展が増えており、奈良、平安の時代から、刀剣が信仰や権威の象徴、美術品として扱われてきた歴史を知る機会が増えました。

そんな「伝統」と「現在のブーム」の間には、戦後における日本刀の没収・廃棄の危機もありましたが、それらを乗り越え、日本刀の保存と研究のために設立されたのが「日本美術刀剣保存協会」になります。

国宝3点、重要文化財7点を含む貴重な刀剣を所蔵

刀剣博物館は「太刀 銘 延吉」「太刀 銘 国行(来)」「太刀 銘 国行(当麻)」など国宝3点のほか、平安・鎌倉・南北朝期の作品を中心に、たくさんの貴重な刀剣を所蔵しています。常設での展示はありませんが、拝見できる機会を待ちたいですね。

新しくなった刀剣博物館の魅力

近年の博物館らしいモダンな建物も素敵な刀剣博物館。まずはどんなところが新しくなったのか、広報の荒川史人さんにお伺いしました。
撮影:ユカリノ編集部 (15781)

広報担当の荒川さん(右)。「知ってもらうこと」「見てもらうこと」「理解してもらうこと」を念頭に、企画展や設備を考えられているそうです。
via 撮影:ユカリノ編集部

企画展を観る前に立ち寄りたい1階の無料コーナー

1階の無料コーナーでは刀剣の基礎知識のほか墨田区の歴史...

1階の無料コーナーでは刀剣の基礎知識のほか墨田区の歴史も紹介されています。

via 撮影:ユカリノ編集部
まずおすすめなのは1階の無料コーナー。「日本刀はどの様に作られているか」など、刀剣の基礎知識を得ることができます。企画展は3階からなので、特に初心者の方はこちらから見られるのがいいでしょう。
また1階にはカフェスペースも。大きな窓からは庭園が眺められ、コーヒーを飲みつつ贅沢な時間を過ごすことができます。

さらに魅力的なのが、最上階にある屋上庭園です。旧安田庭園、両国国技館、隅田川が臨める空間は、鑑賞で集中した気持ちを切り替えるのにぴったりです。
1階のカフェスペース

1階のカフェスペース

鑑賞後は庭園を眺めながらゆっくり過ごすことができます。
via 撮影:ユカリノ編集部

大人気!マナー講座とは?

49 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

磯部深雪

磯部深雪

「歴☆女子会」主宰、「武蔵守歴女会」広報、インターネットTV「歴☆女子会の勝手に○○おかわりっ!!」メインパーソナリティを務めた他、各地の歴史系イベントMC、プロデュース業務などを行う。歴女に関する番組や各メディアへの出演、トークイベントなど歴女タレントとして活動中。特に伊達政宗公に傾倒しており、仙台・会津・米沢での活動が多い。趣味は政宗公の日々を追いかけた年表づくりと刀剣鑑賞。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

東京国立博物館(東京都台東区)では、縄文時代にスポットを当てた特別展を2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催。「縄文の美」をテーマに、縄文の国宝全6件が勢ぞろいすると話題の本展を一足お先に拝見!その見どころをご紹介いたします。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

新選組副長・土方歳三が生まれた地であり、局長・近藤勇や沖田総司らが腕を磨いた天然理心流の道場があった東京・日野。彼らの故郷といえるこの地で、今年も「ひの新選組まつり」が5月12日(土)と13日(日)に開催されました。ファンなら参加せずにはいられない!メインとなる13日(日)の模様をお届けします。
新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

最期は板橋宿に連行され、斬首刑となった新選組局長・近藤勇。処刑の前日に移された場所には、近藤の墓とともに永倉新八による供養塔が建てられています。毎年、近藤の命日である旧暦4月25日または直前の日曜には供養祭が行われ、今年も4月22日(日)に開催されました。その模様と周辺にある近藤ゆかりの地をご紹介します。
富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

日本画の新たな時代を切り開いた巨匠・横山大観の回顧展「生誕150年 横山大観展」が、東京国立近代美術館にて開催中。富士山をモチーフにした《群青富士》から代表作《夜桜》《紅葉》、初公開の作品まで、多様な作品が紹介されています。ファンはもちろん初心者でも楽しめる5つの見どころをご紹介します。
気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。第2回は浮世絵専門の美術館で知られる太田記念美術館です。現在は、江戸時代の異性装の風習を浮世絵を通して紹介する企画展「江戸の女装と男装」が開催中。江戸好き、また浮世絵好きならずとも気になる企画展の内容を、いちおしの絵とともにご案内します。
緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載がスタート!第1回は2016年にオープンしたすみだ北斎美術館です。現在開催中の「Hokusai Beautyー華やぐ江戸の女たちー」では、北斎の美人画の変遷から当時のファッション、ヘア&メイクを紹介するというもの。美術好きとしてはもちろん、モデルとしても気になる展覧会の見どころをご案内します。
干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

ただいま東京国立博物館にて、お正月の恒例企画「博物館に初もうで」が2018年1月28日(日)まで開催されています。戌(いぬ)年の今年は、干支にちなんで犬にまつわる作品を集めた特集展示「博物館に初もうで 犬と迎える新年」に、国宝など貴重な作品が見られる新春特別公開も展開。日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、展覧会の見どころをご紹介します。
【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

大型の展覧会が多数開催される2018年。貴重な国宝や日本美術が見られる、歴史ファンにはたまらない展覧会も開催されます。新年から国宝「圧(へし)切長谷部」が展示される福岡市博物館、国宝の日本美術や仏像が拝める展覧会、京都国立博物館で開催される初の本格的な刀剣展まで。来年まで待てない、展覧会の内容をご紹介します。
【生誕150年】夏目漱石ゆかりの地・新宿と「漱石山房記念館」

【生誕150年】夏目漱石ゆかりの地・新宿と「漱石山房記念館」

2016年に没後100年、そして2017年に生誕150年を迎えた文豪・夏目漱石。慶応3年(1867)1月5日に生まれ、大正5年(1916)12月9日、現在の新宿区早稲田南町の「漱石山房」で亡くなりました。その跡地に今年の9月オープンしたのが「漱石山房記念館」です。漱石の生涯や作品、同世代の作家まで網羅する記念館の、おさえておきたい見どころをご紹介いたします。