北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催
2018年9月11日 更新

北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催

世界的に人気のある江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎(1760−1849)。北斎ゆかりの地・東京都墨田区にある「すみだ北斎美術館」では、2018年9月11日(火)から11月4日(日)まで、企画展「北斎の橋 すみだの橋」が開催。身近な橋の歴史と魅力を、北斎目線で楽しみませんか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

世界の葛飾北斎が描く橋の魅力

アメリカの雑誌「LIFE(ライフ)」で、「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に、日本人でただひとり選ばれた葛飾北斎。北斎の画法はモネやゴッホにも影響を与え、作曲家のドビュッシーも、彼が描いた「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(通称・グレートウェーブ)の影響を受け、交響詩「海」を作曲したといわれています。この企画展では、北斎が描いた様々な橋を通して、時代ごとの橋の魅力や、そこに生きる人々の様々な想いに迫ります。

夢の中でみた橋まで?! 北斎が描いた橋を一挙公開!

「諸国名橋奇覧 すほうの国きんたいはし」(作品を入れ替...

「諸国名橋奇覧 すほうの国きんたいはし」(作品を入れ替えて通期展示)

via 提供:すみだ北斎美術館
人一倍好奇心旺盛だった北斎は、名所の橋だけでなく、橋の構造に着目しながら北斎なりの視点で、様々な橋を描きました。

北斎の代表作である「諸国名橋奇覧」全11図を、本展では前後期を通し、初めてシリーズとして全てを展示します。
「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」(※前期のみ展示)

「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」(※前期のみ展示)

via 提供:すみだ北斎美術館
ほかにも京都嵐山の渡月橋など、今も観光名所として名高い橋も描かれています。現在の姿を思い浮かべて見てみると、昔と変わらない姿を今に留めていることに感動します。残念ながら無くなってしまった橋については、「是非貴重な文化財の復活を!」なんて思ってしまいますね。

夢の中で見た橋を描いた「百橋一覧」は、一枚の絵の中に様々な構造の橋が詰め込まれ、その多種多様さに圧倒!
また、名作「冨嶽三十六景」からは、「御厩河岸より両国橋夕陽見」や「深川万年橋下」などが公開されます。

北斎の時代と現代を、”橋”でつなげる美術展

90歳という長寿を全うするまで、墨田区内を中心に93回も引っ越したといわれる葛飾北斎。
北斎と大変深いゆかりのある墨田区には、両国橋、吾妻橋、蔵前橋、駒形橋など、魅力的な橋がたくさんあります。これらの橋の変遷を、錦絵や絵葉書、図面や立体物といった関連資料を展示しながら多角的にご紹介します。
『絵本隅田川 両岸一覧』「両国納涼 一の橋弁天」「無縁...

『絵本隅田川 両岸一覧』「両国納涼 一の橋弁天」「無縁の日中」(※通期展示)

via 提供:すみだ北斎美術館
両国橋が架かる東日本橋と両国は、かつて武蔵野国と下総国の国境にあたりました。なのでこの場所に架けられた橋を「両国橋」と呼ぶようになったのだとか。現在の橋は関東大震災の後、昭和7(1932)年に架けられたものです。シャープな印象の桁橋(けたばし)で、後にバルコニーが取り付けられました。
「(東都名勝)吾妻橋」絵葉書 紅林章央氏蔵(※通期展示)

「(東都名勝)吾妻橋」絵葉書 紅林章央氏蔵(※通期展示)

via 提供:すみだ北斎美術館
浅草の雷門のほど近く、現在は東京スカイツリーのビュースポットとしても知られる吾妻橋。ここは江戸の昔も今も、日本を代表する観光地です。八代将軍・徳川吉宗によって始められた日本最古の花火大会、隅田川花火大会が楽しめる場所としても有名ですね。
橋は古くから、川や谷といった難所をのりこえるため、なくてはならないものでした。その構造や種類は、時代の政治的な理由、技術的な制約の中で、様々に変化し発展してきました。

この企画展では、北斎が描いた橋を通じて、建造物としての魅力だけでなく文化的側面もご紹介しています。

北斎の目線で、普段何気なく渡っている橋の歴史と魅力を、あなたも再発見してみませんか?

「北斎の橋 すみだの橋」

18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり

【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり

東京でアートめぐりをするなら、上野、青山、六本木が定番ですが、新たに注目されているのが両国です。昨年11月にオープンしたすみだ北斎美術館に、歴史好きにはおなじみの東京都江戸東京博物館、来年1月には刀剣博物館が移転など、かなりの盛り上がりを見せています。今回はイベントを中心に、両国の新たな魅力を紹介します。
江戸幕府きってのスイーツ男子?都内で楽しむ勝海舟ゆかりのグルメ

江戸幕府きってのスイーツ男子?都内で楽しむ勝海舟ゆかりのグルメ

幕末といえば必ず名前が出てくる勝海舟。江戸無血開城や、坂本龍馬とのエピソードも有名ですね。東京出身の勝海舟が好んで通ったというお店の中には、今も営業を続けているお店もあるんですよ。今回は、東京にある勝海舟ゆかりのお店を中心にご紹介したいと思います。
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

今年は明治維新150年という節目の年。明治45(1912)年9月13日は、その明治という時代と共にあった明治天皇の大喪が行われた日、そして乃木希典・静子夫妻が殉死した日にあたります。今回は明治天皇と乃木希典、そして二人の人徳を今に伝える明治神宮と乃木神社をご紹介します。
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。
【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」などの風景画で知られる江戸時代の浮世絵師・歌川広重。没後160年にあたる2018年は、日本各地で記念展が開催されています。そのなかから、13年ぶりとなる大回顧展を開催中の太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」展の見どころをご紹介。海外の芸術家たちにも影響を与えた、広重作品の魅力を改めて感じてみませんか?
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
明治期の外交に尽力した「カミソリ大臣」陸奥宗光、その辣腕とゆかりの地

明治期の外交に尽力した「カミソリ大臣」陸奥宗光、その辣腕とゆかりの地

「カミソリ大臣」と呼ばれた外務大臣・陸奥宗光。その辣腕ぶりは坂本龍馬にも評価され、日本の外交の先頭で不平等条約の改正などに奔走しました。「鹿鳴館の華」と呼ばれた美貌をもつ妻・亮子ら家族と過ごした邸宅など、宗光ゆかりの地とともに、彼の外交エピソードをご紹介します。