北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催
2018年9月11日 更新

北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催

世界的に人気のある江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎(1760−1849)。北斎ゆかりの地・東京都墨田区にある「すみだ北斎美術館」では、2018年9月11日(火)から11月4日(日)まで、企画展「北斎の橋 すみだの橋」が開催。身近な橋の歴史と魅力を、北斎目線で楽しみませんか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

世界の葛飾北斎が描く橋の魅力

アメリカの雑誌「LIFE(ライフ)」で、「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に、日本人でただひとり選ばれた葛飾北斎。北斎の画法はモネやゴッホにも影響を与え、作曲家のドビュッシーも、彼が描いた「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(通称・グレートウェーブ)の影響を受け、交響詩「海」を作曲したといわれています。この企画展では、北斎が描いた様々な橋を通して、時代ごとの橋の魅力や、そこに生きる人々の様々な想いに迫ります。

夢の中でみた橋まで?! 北斎が描いた橋を一挙公開!

「諸国名橋奇覧 すほうの国きんたいはし」(作品を入れ替...

「諸国名橋奇覧 すほうの国きんたいはし」(作品を入れ替えて通期展示)

via 提供:すみだ北斎美術館
人一倍好奇心旺盛だった北斎は、名所の橋だけでなく、橋の構造に着目しながら北斎なりの視点で、様々な橋を描きました。

北斎の代表作である「諸国名橋奇覧」全11図を、本展では前後期を通し、初めてシリーズとして全てを展示します。
「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」(※前期のみ展示)

「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」(※前期のみ展示)

via 提供:すみだ北斎美術館
ほかにも京都嵐山の渡月橋など、今も観光名所として名高い橋も描かれています。現在の姿を思い浮かべて見てみると、昔と変わらない姿を今に留めていることに感動します。残念ながら無くなってしまった橋については、「是非貴重な文化財の復活を!」なんて思ってしまいますね。

夢の中で見た橋を描いた「百橋一覧」は、一枚の絵の中に様々な構造の橋が詰め込まれ、その多種多様さに圧倒!
また、名作「冨嶽三十六景」からは、「御厩河岸より両国橋夕陽見」や「深川万年橋下」などが公開されます。

北斎の時代と現代を、”橋”でつなげる美術展

90歳という長寿を全うするまで、墨田区内を中心に93回も引っ越したといわれる葛飾北斎。
北斎と大変深いゆかりのある墨田区には、両国橋、吾妻橋、蔵前橋、駒形橋など、魅力的な橋がたくさんあります。これらの橋の変遷を、錦絵や絵葉書、図面や立体物といった関連資料を展示しながら多角的にご紹介します。
『絵本隅田川 両岸一覧』「両国納涼 一の橋弁天」「無縁...

『絵本隅田川 両岸一覧』「両国納涼 一の橋弁天」「無縁の日中」(※通期展示)

via 提供:すみだ北斎美術館
両国橋が架かる東日本橋と両国は、かつて武蔵野国と下総国の国境にあたりました。なのでこの場所に架けられた橋を「両国橋」と呼ぶようになったのだとか。現在の橋は関東大震災の後、昭和7(1932)年に架けられたものです。シャープな印象の桁橋(けたばし)で、後にバルコニーが取り付けられました。
「(東都名勝)吾妻橋」絵葉書 紅林章央氏蔵(※通期展示)

「(東都名勝)吾妻橋」絵葉書 紅林章央氏蔵(※通期展示)

via 提供:すみだ北斎美術館
浅草の雷門のほど近く、現在は東京スカイツリーのビュースポットとしても知られる吾妻橋。ここは江戸の昔も今も、日本を代表する観光地です。八代将軍・徳川吉宗によって始められた日本最古の花火大会、隅田川花火大会が楽しめる場所としても有名ですね。
橋は古くから、川や谷といった難所をのりこえるため、なくてはならないものでした。その構造や種類は、時代の政治的な理由、技術的な制約の中で、様々に変化し発展してきました。

この企画展では、北斎が描いた橋を通じて、建造物としての魅力だけでなく文化的側面もご紹介しています。

北斎の目線で、普段何気なく渡っている橋の歴史と魅力を、あなたも再発見してみませんか?

「北斎の橋 すみだの橋」

18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり

【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり

東京でアートめぐりをするなら、上野、青山、六本木が定番ですが、新たに注目されているのが両国です。昨年11月にオープンしたすみだ北斎美術館に、歴史好きにはおなじみの東京都江戸東京博物館、来年1月には刀剣博物館が移転など、かなりの盛り上がりを見せています。今回はイベントを中心に、両国の新たな魅力を紹介します。
江戸幕府きってのスイーツ男子?都内で楽しむ勝海舟ゆかりのグルメ

江戸幕府きってのスイーツ男子?都内で楽しむ勝海舟ゆかりのグルメ

幕末といえば必ず名前が出てくる勝海舟。江戸無血開城や、坂本龍馬とのエピソードも有名ですね。東京出身の勝海舟が好んで通ったというお店の中には、今も営業を続けているお店もあるんですよ。今回は、東京にある勝海舟ゆかりのお店を中心にご紹介したいと思います。
市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

ついに豊洲へと移転した築地市場。しかし場外市場は残っており、築地は今日も多くの観光客でにぎわっています。市場のほかにも見どころ満載の築地。古地図を片手に、新しい築地の観光スポットを見つけに出かけてみませんか?
津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

明治政府がスタートして間もない明治4(1871)年、岩倉具視を正使とした岩倉使節団が欧米へ派遣されました。その数107名の大所帯、大久保や桂、伊藤といった新政府の首脳までもが含まれていたこの一行は、欧米で多くを見聞きして帰国しました。彼らの目的と日本に与えた影響とは?また、使節団のメンバーが後に成し遂げた功績もご紹介します。
紅葉と歴史が気軽に楽しめる!この秋行きたい都内の大名庭園

紅葉と歴史が気軽に楽しめる!この秋行きたい都内の大名庭園

秋といえば、やはり紅葉を楽しみたいですよね。東京都内には紅葉の名所として人気の大名庭園がいくつもあります。なかには期間限定のライトアップが楽しめる庭園や、紅葉めぐりのスタンプラリーなど関連イベントも。秋と歴史を感じられる、おすすめの大名庭園めぐりをご案内します。
教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。
日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

10月10日は日本銀行開業の日。そこで日本銀行本店の中を見せてもらえる「一般見学コース」を体験してきました。歴史を感じる素晴らしい建物。そして日銀が担う大切な役割。さらにここがお金と大変ゆかりのある地だということもわかりました。まさに、見て・楽しんで・学べる、歴史好きの方々におススメしたい見学ツアーです。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。