水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】
2018年7月16日 更新

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。

長谷川ヨシテル/れきしクン長谷川ヨシテル/れきしクン

読者の皆さま、こんにちは!歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルと申します。
第3回を迎えた今回は、小説や映画で話題となった『のぼうの城』の元ネタでもあり、今から428年前の天正18年(1590年)7月16日に終結した「忍城の戦い」をピックアップしたいと思います。

「忍城の戦い」の舞台となった成田家の居城

「忍城址・模擬御三階櫓」(埼玉県行田市)

「忍城址・模擬御三階櫓」(埼玉県行田市)

via 撮影:長谷川ヨシテル
長谷川(以下、長谷)「ということで、私は地元の埼玉県熊谷市のお隣にあります、埼玉県行田市の忍城にやってまいりました。今回は忍城を攻めた豊臣軍の足軽だったという方が史跡ガイドをしてくれるということなんですが・・・」

???「おー!来たか来たか!」

長谷「あれ!?雅楽之介(うたのすけ)さんじゃないですか!」

雅楽之介(以下、うた)「第1回の桶狭間と第2回の長篠に続いて3回目だな」

長谷「え?今回もですか?だって雅楽之介さんは、織田家の足軽だったはずじゃ?」

うた「そうだけど、信長様が亡くなった後は、秀吉様の足軽になったからな」

長谷「あ、そうなんですね、で、豊臣軍の一員として忍城を攻めてたんですね」

うた「そうそう、石田三成様の軍勢に加わっていたんだ」

長谷「へー、そうなんですね!ちなみになんですけど、私の御先祖様はどうやらその時、忍城に籠城していたみたいです(笑)」

うた「え!!!!」

長谷「今の熊谷市出身の成田家は、行田だけでなく熊谷も領地だったみたいなんで、成田家にお世話になってたみたいです」

うた「そうか、あの時はお世話になったな(笑)」

長谷「こちらこそ、その節は(笑)」

石田三成による水攻めの跡

忍城の外堀を整備して完成した都市公園「水城公園」

忍城の外堀を整備して完成した都市公園「水城公園」

via 提供:行田市
うた「昔と変わらず、今も水が多いんだな〜」

長谷「さすがは『忍の浮き城』ですよね。遺構はほとんど残ってないんですけど、この公園は忍城の堀の沼を整備して造られたものなんですよ」

うた「おー、そうなのか。これを見ていると『水攻め』に参加した時を思い出すな〜」

長谷「周囲が湿地だらけで攻めづらくて、忍城がなかなか落城しなかったから、秀吉さんからの指示で水攻めをしたんですよね?」

うた「その通り。忍城の北を流れる『利根川』と南を流れる『荒川』を引き入れて、城を水没させるために周辺に堤防を築いたんだ」

長谷「総延長がなんと28kmにも及んだ、いわゆる『石田堤』ってやつですね!聞いた話によるとわずか『5日間』で造ったそうじゃないですか」

うた「5日間だか7日間だか忘れたけど、近隣近国の百姓たちの協力もあって、あっという間に完成したな」

長谷「今はほとんど取り壊されちゃったんですけど、数百mだけ残されていますね」
石田堤跡(埼玉県鴻巣市)現在は「石田堤史跡公園」として...

石田堤跡(埼玉県鴻巣市)現在は「石田堤史跡公園」として整備されている。

via 撮影:長谷川ヨシテル
長谷「ちなみに、雅楽之介さんはどこにいたんですか?」

うた「おれは石田様の本陣だった『丸墓山』の近くだな」

長谷「6世紀前半に築かれた、日本最大級の円墳ですね」

うた「え、あの小高い山、古墳だったんだな」

長谷「あ、知らなかったんですね(笑)」

うた「知らないよ、足軽だもの」
丸墓山古墳(埼玉県行田市)

丸墓山古墳(埼玉県行田市)

「さきたま古墳群」の1つ。直径105mの日本最大級の円墳。石田三成はこの古墳の上に本陣を置いた。
via 写真提供:みのうち社

ランチにおすすめ!『元祖田舎っぺ』さきたま古墳店

長谷「ちなみに、丸墓山古墳がある『さきたま古墳群』の近くにある『元祖田舎っぺうどん』、めちゃくちゃオススメですよ」

うた「美味いのか?」

長谷「はい、美味いっす!地元の熊谷市は、実は日本有数の小麦の産地なんですが、そっちには本店もあってよく行きますよ」

うた「ほ〜〜〜」
元祖田舎っぺうどん さきたま古墳店(埼玉県行田市)

元祖田舎っぺうどん さきたま古墳店(埼玉県行田市)

コシが強い特徴を持つ「武蔵野うどん」が味わえる名店。本店のある熊谷市を中心に北埼玉に展開している。長谷川のオススメは「塩きのこうどん」。
via 撮影:長谷川ヨシテル

さすが関東七名城!?名将たちに攻められても落城しなかった忍城

長谷「6月から始まった忍城の戦いですが、石田堤が築かれてからも落城しなかったんですよね」

うた「まぁ、堤が壊されて、うちらの軍勢に被害が出たからな」

長谷「しかも、7月5日には成田家が服属していた北条家の本拠地である『小田原城』が開城したのに、忍城は戦い続けたらしいじゃないですか」
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

長谷川ヨシテル/れきしクン

長谷川ヨシテル/れきしクン

歴史ナビゲーター、歴史作家。ニックネームは「れきしクン」。 漫才師としてデビュー、「芸人○○王(戦国時代編)」(MBS、2012年放送)で優勝するなどの活動を経て、歴史ナビゲーターとして、日本全国でイベントや講演会などに出演、芸人として培った経験を生かした、明るくわかりやすいトークで歴史の魅力を伝えている。 テレビ・ラジオなどの出演のみならず、歴史に関する番組・演劇の構成作家や、歴史ゲームのリサーチャーも務めるほか、講談社の「決戦!小説大賞」の第1回と第2回で小説家として入選するなど、幅広く活動している。 著書に『あの方を斬ったの…それがしです 日本史の実行犯』(KKベストセラーズ)、『ポンコツ武将列伝』(柏書房)、『マンガで攻略! はじめての織田信長』(白泉社・原作・重野なおき、金谷俊一郎と共著)がある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

山城を観光資源として地域活性化をはかる「全国山城サミット」。城ファンにはおなじみのイベントが今年は9月23日(日)と24日(月)島根県安来市の月山富田城で行われます。さらに今年は5年に1度の「戦国尼子フェスティバル」も23日に開催と、一度で二度おいしいイベントの内容をひと足お先にご案内します。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
人気声優のアニメ化が話題!『おあむ物語』の聖地・大垣

人気声優のアニメ化が話題!『おあむ物語』の聖地・大垣

関ヶ原の戦いでの大垣城の様子や女性たちについて著された『おあむ物語』。これをベースに岐阜県大垣市がプロデュースしたアニメ『おあむ物語 その夏、わたしが知ったこと』が動画で公開されています。三森すずこさんら人気声優が参加していることでも注目を集めるアニメと、アニメにも登場する大垣の魅力をご紹介します。
「関ヶ原合戦」に新事実!?『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』が話題

「関ヶ原合戦」に新事実!?『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』が話題

誰もが知る天下分け目の戦い・関ヶ原合戦。実は、主戦場は関ヶ原ではなく、家康も三成もいなかった!?話題の書籍『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった 一次史料が伝える“通説を根底から覆す"真実とは』を、高橋陽介氏とともに上梓した乃至政彦が、本書のポイントをご紹介。一次史料から見直す「関ヶ原合戦」の真相とは?
「日本男色史巡り 最終回:戦国三大美少年」名古屋山三郎、不破万作、浅香庄次郎…武将たちが愛した少年の末路

「日本男色史巡り 最終回:戦国三大美少年」名古屋山三郎、不破万作、浅香庄次郎…武将たちが愛した少年の末路

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載「日本男色史巡り」。最終回は「戦国三大美少年」。戦国末期、名古屋山三郎、不破万作、そして浅香庄次郎ら3人の少年たちは美貌と武勇でその名をとどろかせました。しかし人生のすべてがバラ色だったわけではなく…天下の諸侯を魅了した彼らを待ち受けていた運命とは!?
第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第6回は織田信長の最後の居城で、信長の覇王としての象徴でもあった安土城をご紹介します。今でも残る石垣などから信長が居城とした当時を想像できる素晴らしい城跡です。そんな安土城のオススメのポイントを、写真を中心に紹介していきます。
【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

静岡県掛川市上土方にあった山城・高天神城。一般的に認知の低い城ですが、戦国時代は「高天神を制する者は遠州を制する」と言われるほどの重要拠点でした。このお城をめぐって、長年にわたり死闘を繰り広げてきた徳川家と武田家。両者はいかに戦ったのか。そしてこの戦いをきっかけに異例の出世を遂げた武将とは…!?高天神城争奪戦の内容を追っていきましょう!
【武田軍と織田・徳川軍が激突!】革新的な戦術が勝敗を決めた「長篠の戦い」ゆかりの地

【武田軍と織田・徳川軍が激突!】革新的な戦術が勝敗を決めた「長篠の戦い」ゆかりの地

東の武田、西の織田、東西の有力大名が初めて激突した「長篠の戦い」。鉄砲を使った「三段式装填法」や、武田の騎馬軍団に対抗する「馬防柵」など、信長が考案した革新的な戦術が繰り出されたことでも有名です。その戦場となった長篠・設楽原(愛知県新城市)には、その名残が今も数多く残っています。今回は「合戦ナンバーワン」との呼び声も高い「長篠の戦い」ゆかりの地をご紹介します。
関ケ原とあわせて立ち寄りたい!石田三成たち西軍の拠点となった大垣城

関ケ原とあわせて立ち寄りたい!石田三成たち西軍の拠点となった大垣城

岐阜県大垣市にある大垣城。町のシンボルとして愛され、2017年には「続日本100名城」にも選定されました。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいては石田三成ら西軍の本拠地にもなっています。関ヶ原の戦いゆかりの地としても、ぜひ立ち寄っていただきたいスポットのひとつです。