【2018年のGWに泊まりたい】名城が見えるホテル5選
2018年4月2日 更新

【2018年のGWに泊まりたい】名城が見えるホテル5選

各地方のゆかりの地巡りに必須のホテル選び。2018年の春は名城の見えるホテルに泊まって、その豪華な景色を独り占めしてみませんか?中でも彦根城、名古屋城、大阪城、高知城、熊本城と、ゆかりの地めぐりはもちろん、観光の拠点にもなる名城を堪能できるホテルを厳選してご紹介。今ならGWもまだ間に合うかも!?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回ご紹介するホテルはこちら!

・彦根城:彦根キャッスル リゾート&スパ(滋賀県)
・名古屋城:ウェスティンナゴヤキャッスル(愛知県)
・大阪城:ホテルニューオータニ大阪(大阪府)
・高知城:城西館(高知県)
・熊本城:熊本ホテルキャッスル(熊本県)

彦根城:彦根キャッスル リゾート&スパ(滋賀県)

キャッスルビュー ツインルーム

キャッスルビュー ツインルーム

via 写真提供:彦根キャッスルリゾート&スパ
2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」でおなじみの井伊家ゆかりの彦根城。全国に5つある国宝の天守を持つ城としても有名です。そんな彦根城にもっとも近いのが「彦根キャッスル リゾート&スパ」。

ホテルに入ってすぐ、ロビーから天守と佐和口多聞櫓を真正面に見ることができます。
城が見える「キャッスルビュー ツインルーム」または「キャッスルビュー スーペリアツインルーム」は、城郭がたっぷり眺められるよう、窓を大きくしつらえてあるのが特徴です。
大浴場

大浴場

via 写真提供:彦根キャッスルリゾート&スパ
さらにうれしいのは大浴場。湯の中で旅の疲れを癒しながら、彦根城天守を眺めることができます。
湯上り後、または夕食後は、「城見のテラス」で夜の彦根城を楽しめるなど、共通のスペースでも眺められるのがうれしいですよね。
近江牛をはじめ、滋賀産の食材と旬の魚介類を目の前で調理する日本料理や、エステなどの館内施設も大充実。ちょっと贅沢したい女子旅にもおすすめです!
城見のテラス

城見のテラス

via 写真提供:彦根キャッスルリゾート&スパ

名古屋城:ウェスティンナゴヤキャッスル(愛知県)

客室

客室

via 写真提供:ウェスティンナゴヤキャッスル
先日、新旧の「名古屋めし」が楽しめる商業施設「金シャチ横丁」がオープン。さらに6月8日には復元中の本丸御殿が完全公開されるなど、話題のつきない名古屋城。
その堀端に面しているのが「ウェスティンナゴヤキャッスル」です。

部屋はリーズナブルな「スタンダードツインルーム 城側」と、少しリッチな「スーペリアダブルルーム 城側」「スーペリアツインルーム 城側」「キャッスルスイート」から城を眺めることができます。
都市ホテルならではの便利さと、落ち着いた和の雰囲気を兼ね備えたホテル。名古屋観光の拠点にもぴったりです。
レストラン「クラウン」

レストラン「クラウン」

名古屋城を目の前に美しい眺望が楽しめるレストラン「クラウン」。贅沢すぎる空間!
via 写真提供:ウェスティンナゴヤキャッスル
35 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

歴史好きなら一度は大好きなお城の近くに住みたい、なんて夢見たことはありませんか?古くから政治、経済、そして文化の中心地として栄えてきた大阪市。そのシンボル・大阪城がある中央区は、大阪の政治の中心地として栄えてきました。大阪城まで徒歩圏内、若者にも人気の街・中央区の魅力をご紹介します[PR]
【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

春といえば桜。かっこいい天守をもつ城と美しい桜という、日本ならではの最強コンビが楽しめる季節がやってきます。桜の名所としても名高い城を開花が早いと予想される地域から順にご紹介。祭りやライトアップなどイベントも盛りだくさん。ひと足お先に春を感じて見ませんか?
「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

京都・本能寺で起こった、最も有名な下剋上事件「本能寺の変」。このとき堺でわずかな家臣と旅の途中だった徳川家康は浜松へ逃げ帰ることを決断します。これが成功しなかったら日本の歴史が変わっていた!?家康の「伊賀越え」とそのルートをご紹介します。
【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

のんびり過ごす年末年始もいいですが、せっかくのお休みですし、どこかに出かけてみませんか?今回は、年末年始でも間に合う!穴場的な偉人ゆかりの地や、おすすめスポットを紹介します。2018年に周年を迎える平清盛や伊能忠敬、特別番組で話題の「風雲児たち」ゆかりの地もこの時期ならねらい目ですよ。
この冬見逃せない!城×イルミネーションイベントまとめ

この冬見逃せない!城×イルミネーションイベントまとめ

冬のイベントとして定番となったイルミネーション。最近ではお城でも開催されるようになり、3Dプロジェクションマッピングも合わさって、みごとな風景を描き出しています。今回は2017年の冬から2018年の春にかけて開催される、城のイルミネーションイベントをご紹介。伝統建築と現代文明の融合、昼間とは違うお城の姿を堪能して、身も心もホットになりましょう。
戦国一波乱の人生を歩んだ女性・江ゆかりの地をめぐる

戦国一波乱の人生を歩んだ女性・江ゆかりの地をめぐる

浅井長政とお市の間に生まれた浅井三姉妹の末っ子・江ほど、「波乱の人生」という言葉がぴったりな女性もいないのではないでしょうか。1626年(寛永3)11月3日、江戸城西の丸にて亡くなった江は、3度の結婚を経てようやくつかんだ穏やかな日々の中で、きっと自分がめぐってきた土地を思い返したことでしょう。今回はそんな江のゆかりの地をご紹介していきたいと思います。
大和撫子なんて時代錯誤!ニッポンを牽引した強き女性たち「ニッポン銅像探訪記 第11回:女性像」

大和撫子なんて時代錯誤!ニッポンを牽引した強き女性たち「ニッポン銅像探訪記 第11回:女性像」

今回のテーマは女性像。今や男女同権が当たり前、筆者が属するメディア業界を見渡しても、前線で活躍しているのは女性が中心。向こう見ず、もとい、活発で聡明な女性スタッフに牽引されなければ、もはやコンテンツづくりなど成り立たないのではないかとさえ思います。日本史を見返しても、男社会を引っ張った女性は多くいました。男たちを先導し、時代を切り開き、さらには銅像となってリスペクトを受けるニッポンの「強き女性」たちを紹介しましょう。
全国より厳選!この秋行きたい紅葉がきれいな城10選

全国より厳選!この秋行きたい紅葉がきれいな城10選

木々が色づく秋。街より少し標高の高い場所にある城は絶好の紅葉観賞スポットでもあり、イベントやライトアップも開催されます。今回は特に紅葉が見事な城を全国から厳選。紅葉が早いと思われる北方面から順にご紹介します。天守とのコントラスト、木々に囲まれた遺構がたまらない、今だけの景色が見られる季節にぜひお出かけください。
【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

慶長5年(1600)の今日、9月21日は、関ヶ原合戦で敗北した石田三成が捕らえられた日。その三成を捕らえたのが三成と同じ近江出身の田中吉政です。吉政は秀吉に注目されると、秀次の筆頭家老に抜擢。近江八幡や岡崎、柳川の城や城下町を整備し、その遺構は現代にも活かされています。意外と知られていない?吉政の功績とゆかりの地をご紹介します。
行くなら今!?2018年、名古屋城に行くべき3つのタイミング

行くなら今!?2018年、名古屋城に行くべき3つのタイミング

名古屋市のシンボル・名古屋城。再建が検討されている天守閣に入れるのは5月6日(日)まで!このゴールデンウィークが勝負です。また6月8日(金)には本丸御殿が完成予定。さらには、3月末にオープンした「金シャチ横丁」など、行くべき3つのタイミングを、イベント情報と合わせて、城マニアのいなもとかおりさんがお届けします。