家康の脱糞尻目に!?『おんな城主 直虎』井伊家も飛躍をつかんだ三方ヶ原の戦い
2017年1月25日 更新

家康の脱糞尻目に!?『おんな城主 直虎』井伊家も飛躍をつかんだ三方ヶ原の戦い

徳川家康の若かりし頃はまさに苦労の連続でした。死ぬ思いをしたことも数知れず…。そのひとつが、元亀3(1573)年1月25日に起こった「三方ヶ原の戦い」です。無謀にもあの武田信玄に戦いを挑み、家康はこてんぱんに叩きのめされました。今回は三方ヶ原の戦いの概要と、そのゆかりの地についてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

家康最大のトラウマ!?三方ヶ原の戦いとは

三方ヶ原の戦いの錦絵

三方ヶ原の戦いの錦絵

「元亀三年十二月味方ヶ原戰争之圖」(歌川芳虎画)
当時最強を誇った武田信玄率いる武田軍は、室町幕府第15代将軍・足利義昭の織田信長討伐令に応じ、遠江・三河へと進軍を開始します。この西上作戦の途中に、徳川家康の本拠地・浜松城と戦場となった三方ヶ原があったのです。

次々と家康の支城を陥落させていく信玄に対し、家康は浜松城での籠城戦を想定していました。ところが信玄は浜松城をまるで無視して進軍を続けます。そこで家康は武田軍を追撃し、三方ヶ原で両軍が激突することとなったのでした。

武田軍3万に対し、家康と織田信長の援軍による連合軍は1万に満たないほど(諸説あり)。結果は明白で、家康はこてんぱんにやられて浜松城へ逃げ帰りました。

この時、家康が恐怖のあまり脱糞し、それを部下に指摘されると「これは味噌だ!」と反論したなんて逸話もあるんです。
また、敗走後に城で自分のしかめっ面を描かせ、「顰(しかみ)像」として終生自らを戒めたとも言われています。
『徳川家康三方ヶ原戦役画像』(徳川美術館所蔵)

『徳川家康三方ヶ原戦役画像』(徳川美術館所蔵)

この敗戦は、家康にとって大きなトラウマとなったようです。

三方ヶ原近くにある不思議な地名「小豆餅」と「銭取」の由来

三方ヶ原古戦場跡に立つ碑(静岡県北区根洗町)

三方ヶ原古戦場跡に立つ碑(静岡県北区根洗町)

三方ヶ原古戦場跡は三方原墓園内にあり、碑が立っています。実は、三方ヶ原の戦場は三方原台地にあったということしかわかっておらず、この碑がある場所が果たして本当に戦場になったのかは定かではありません。
ちなみに三方原台地付近には、「小豆餅」と「銭取」という一風変わった地名があります。

三方ヶ原の戦いで敗走した家康は、ある老婆の茶屋で小豆餅を食べたそうです。しかし武田の追っ手が迫ったためお金を払わずに逃げ出しました。するとその老婆は家康を追いかけてお金を払わせたといわれ、それが地名になったという逸話があるのです。当時の家康の必死さを表すエピソードですね。

しかしこれは後世に作られた話で、実際は戦いでの死者を弔うために小豆餅を備え供えたことから、「小豆餅」という地名になったんだそうですよ。
また、「銭取」については、この辺りで山賊が出没して金銭を奪われることが多かったことに由来するそうです。

家康による空城の計で落城を免れた浜松城

浜松城

浜松城

桜の季節も美しい浜松城。歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから「出世城」とも呼ばれています。
浜松城は、現在天守閣が再現されています。
本拠地としていた岡崎城を長男・信康に譲った家康は、この浜松城を新たな拠点と定め、29歳から45歳まで過ごしました。

三方ヶ原の戦いで敗走し浜松城に逃げ帰った家康は、追撃する武田軍に対して、あえて城門を開き、城の内外に篝火を盛大に焚かせ、太鼓を大音量で叩かせました。その様子を見た武田軍は警戒して引き揚げたということです。

井伊家にも影響を与えた三方ヶ原の戦い

20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
全ては駿河侵攻から始まった!直虎、家康ゆかりの遠江・駿河のお城5選

全ては駿河侵攻から始まった!直虎、家康ゆかりの遠江・駿河のお城5選

お家存続のため城主になった井伊直虎の人生を描いたNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。物語は中盤を過ぎ、井伊家が今川の支配から脱却する様が描かれています。この後、井伊家は徳川家康と深く関わり、名家へと大出世を遂げるのです。 本稿では今川氏が滅亡し、井伊家躍動のきっかけとなったお城、そして井伊家の出世になくてはならない徳川家康ゆかりのお城をピックアップ。井伊家にとって転機となった武田信玄の「駿河侵攻」を中心に、行きやすく人気のある駿河・遠江のお城を選びました。静岡県の史跡巡りにお役立てください!
【大河ドラマの主人公・井伊直虎が守り抜いた少年 】「徳川四天王」として恐れられた井伊直政ゆかりの地を巡る!

【大河ドラマの主人公・井伊直虎が守り抜いた少年 】「徳川四天王」として恐れられた井伊直政ゆかりの地を巡る!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」は柴咲コウさん演じる井伊直虎が主人公ですが、やがて登場するキーマンが、菅田将暉さん演じる井伊直政です。徳川家康の重臣であり猛将として知られた彼のゆかりの地をご紹介しましょう!
いよいよ放送!2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」井伊直虎ゆかりの地・浜松を10倍楽しむポイント

いよいよ放送!2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」井伊直虎ゆかりの地・浜松を10倍楽しむポイント

「真田丸」の興奮と感動が冷めやらない方も多いかと思いますが、2017年1月8日からは新大河ドラマ「おんな城主 直虎」がスタート。直虎や井伊家にゆかりが深い静岡県浜松市では、すでに様々なイベントや企画が催され盛り上がりを見せています。あなたもきっと浜松に行きたくなるはず!
面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

天下分け目の戦いといわれる「関ヶ原の戦い」。最近では司馬遼太郎氏の小説『関ヶ原』も映画化されるなど、今もなお注目される日本史を代表する出来事のひとつです。そんな関ヶ原の合戦地ほど近くにあるのが「関ヶ原ウォーランド」。合戦をわかりやすく理解できる体感型資料館ですが、ユニークなコンクリート像から珍スポットとしても話題です。そんな「関ヶ原ウォーランド」を覗いてみましょう!
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook