意外なスポットで発見!?東京都内にある伊達政宗ゆかりの地
2017年5月24日 更新

意外なスポットで発見!?東京都内にある伊達政宗ゆかりの地

5月24日は伊達政宗公の命日です。政宗公といえば、ご存じ仙台藩初代当主ですが、その終焉の地は東京だったのをご存じでしょうか。東京にも意外とたくさんある政宗公、そして仙台藩ゆかりの地を辿ってみました。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

政宗終焉の地は日比谷公園にあった!仙台藩外桜田上屋敷跡

伊達政宗といえば、仙台藩初代藩主として仙台の発展の礎を築いた奥州の雄。
彼が亡くなったのは寛永13(1636)年5月24日。享年70、死因は癌性の腹膜炎もしくは食道癌といわれています。

政宗終焉の地は、仙台ではなく、仙台藩外桜田上屋敷でした。
現在でいう千代田区日比谷公園の場所にあたります。江戸城(皇居)にほど近い日比谷公園には、その跡地として説明サインが立てられています。
当時、諸大名は幕府から江戸城近辺に居住地を与えられ、藩邸を設けていました。
上屋敷とは、大名が居住し政務を行った屋敷のこと。この外桜田上屋敷は、慶長6(1601)年に徳川家康から与えられ、寛文元(1661)年まで使用されたそうです。
政宗の代には、家康だけでなく、秀忠や家光も訪れた記録が残っています。
公園内に説明サインがあります。

公園内に説明サインがあります。

via 撮影:ユカリノ編集部
伊達政宗終焉の地と書かれたサイン

伊達政宗終焉の地と書かれたサイン

via 撮影:ユカリノ編集部
「伊達男」の名にふさわしく、妻子にすら死に顔を見せないという最期だったそうです。
政宗が亡くなると将軍家は、江戸で7日、京都で3日に服喪するようにと異例の命令を発しています。政宗の偉大さがうかがえますね。

日テレでゆかりの地を発見!仙台藩芝口上屋敷(浜屋敷)跡

仙台藩の屋敷は外桜田だけでなく、愛宕下(港区新橋5・6丁目)などにもあったことが、文献や絵図に残っています。仙台藩芝口上屋敷(浜屋敷)があったのは、港区東新橋、現在だと汐留の日本テレビタワーがある場所なのです。
日本テレビ・ゼロスタ広場で説明サイン発見

日本テレビ・ゼロスタ広場で説明サイン発見

右下の柱に見えるのがサイン。左上に見えるのは、某情報番組を放送しているスタジオですね(笑)
via 撮影:ユカリノ編集部
柱にある上屋敷跡のサイン。こちらには伊達の家紋が!(テ...

柱にある上屋敷跡のサイン。こちらには伊達の家紋が!(テンション上がる)

もう1箇所、日本テレビタワー北玄関にも設置されています。
via 撮影:ユカリノ編集部
こちらは政宗亡き後、寛永18(1641)年に下屋敷として設けられています。
その後、延宝4(1676)年に上屋敷となり、以降幕末まで仙台藩の江戸での拠点として機能したのだそうです。

7年にも及ぶ東京都の調査のなかで、屋敷の東北部から汐留川(仙台川とも)に接する舟入場があったことがわかり、下屋敷時代に多くの物資の出入りがあったと考えられています。ここでは他にも、御殿や庭園といった遺構群が発見されています。

新橋サラリーマン憩いの場も!塩釜公園・鹽竈(しおがま)神社

鹽竈神社

鹽竈神社

via 撮影:ユカリノ編集部
49 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
奥州の覇者・独眼竜政宗が小姓へ送った謝罪の手紙、その内容とは…?「日本男色史巡り 第1回:伊達政宗」

奥州の覇者・独眼竜政宗が小姓へ送った謝罪の手紙、その内容とは…?「日本男色史巡り 第1回:伊達政宗」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する新連載『日本男色史巡り』。第1回は、伊達政宗公ゆかりの手紙をご紹介します。同僚の大名からは「狐憑き」、史家からは「変人」と呼ばれる一方、家臣や領民からは情け深い「慈父」と慕われた奥州の覇者、伊達政宗。見る人によってプリズムのように違う色を見せる、複雑怪奇な人間性の彼が心底から愛したのは少年だった!? 仙台市博物館に現存する、愛する少年へ送った政宗ゆかりの手紙とは?
政宗所用の黒漆五枚胴具足の実物も!仙台市博物館の常設展「生誕450年ー伊達政宗と城」レポート

政宗所用の黒漆五枚胴具足の実物も!仙台市博物館の常設展「生誕450年ー伊達政宗と城」レポート

伊達政宗といえば、誰もが思い浮かぶ金色の細い月形の前立。今年は伊達政宗公生誕450年を記念し、仙台市博物館では政宗公所用の具足「黒漆五枚胴具足」の実物が8/3~8/20の期間限定で公開となりました。そこで、さっそく実物を見に仙台へ。他にも多数展示されている政宗公ゆかりの品々とともにご紹介します。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。陣跡が点在し、地形もよく残る関ヶ原を歩けば、当時の武将の気持ちになれる⁉︎ 400年前の激戦を肌で感じに、いざ出陣!
ゆかりの地・仙台でゲットしたい!伊達政宗公生誕450年記念限定グッズ5選

ゆかりの地・仙台でゲットしたい!伊達政宗公生誕450年記念限定グッズ5選

藩祖・伊達政宗公の生誕450年にわく宮城県仙台市。街の至る所で政宗公生誕を祝う様子が見られ、その偉大さが感じられます。そして誕生月である今月は特に限定グッズやイベントも多くみられます。そこで現地で取材をした編集部が、限定グッズの一部をご紹介!期間・数量限定のものが多いので、欲しい方は早めに仙台へGO!
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook