貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視
2018年8月12日 更新

貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

大河ドラマ「西郷どん」では笑福亭鶴瓶さんが演じる岩倉具視。それだけでも何やら性格にクセがありそうな気がしますが、歴史に残る彼はどんな人物だったのでしょうか。武士ではなく公家として明治維新を成し遂げた彼の人生とゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

貧乏公家の息子、大器と見込まれて

岩倉具視(1825〜1883)

岩倉具視(1825〜1883)

変わり者だったので、軽蔑の意味をこめて陰では『岩吉』と呼ばれていたという。
via 写真:国立国会図書館ウェブサイト
堀河康親という公卿の二男として生まれた具視は、少年時代からかなり変わり者だったそうです。ズバズバ物を言う、公家らしからぬ性格は避けられもしましたが、ある儒学者が「これは大器になる」と見込んだため、岩倉具慶の養子になったのでした。

とはいえ、あまり裕福ではない岩倉家を継いでからも、彼は自宅で賭博を開いたこともあった・・・なんて逸話もあります。「公家らしからぬ」、これこそが具視の性格でした。

しかし、関白鷹司政通に歌道を習うようになったのが、朝廷上層部へのパイプづくりに大いに役立ちました。孝明天皇の側近にまでなり、安政5(1858)年の日米修好通商条約締結の際には反対派として関白に敢然と抗議します。

彼が活躍したのは、皇女和宮が徳川家茂へ降嫁した際でした。朝廷の勅使として随行し、幕府首脳などと面会しました。ところが、こうした自由な動きが佐幕派とみなされ、討幕への動きが高まってきた中で、命を狙われるようになってしまったのです。朝廷でも排斥運動が起き、具視は職を辞することになったのでした。

失脚した岩倉具視が出家した霊源寺(京都市北区)

失脚した岩倉具視が出家した霊源寺

失脚した岩倉具視が出家した霊源寺

具視はまず岩倉家の菩提寺である霊源寺に身を隠し剃髪しました。境内には彼の歯牙塚があります。

岩倉具視が隠居した岩倉具視幽棲旧宅(京都市左京区)

しかし洛外追放となった具視は、さらに洛北岩倉村に隠居し、この地で約5年間の蟄居生活を送りました。ここでも命を狙われることがあり、度々居場所を変えながらの生活だったといいます。
坂本龍馬ら志士たちも訪れたというこの居宅は、今もその面影やゆかりの品を見ることができます。
岩倉具視幽棲旧宅の主屋

岩倉具視幽棲旧宅の主屋

via 写真提供:岩倉具視幽棲旧宅指定管理者 植彌加藤造園株式会社
岩倉具視の遺髪を埋葬した遺髪碑もあります。

岩倉具視の遺髪を埋葬した遺髪碑もあります。

via 写真提供:岩倉具視幽棲旧宅指定管理者 植彌加藤造園株式会社
敷地内に建てられた対岳文庫には、岩倉具視の遺品や明治維...

敷地内に建てられた対岳文庫には、岩倉具視の遺品や明治維新関係文書などが展示・収蔵されている。

via 写真提供:岩倉具視幽棲旧宅指定管理者 植彌加藤造園株式会社

政治の舞台に舞い戻る

22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第19回は、薩摩藩家老・小松帯刀(こまつ・たてわき)ゆかりの地。若くして家老に抜擢され、藩政に欠かせない人物だった帯刀。あの薩長同盟が結ばれたのも帯刀の寓居でした。今回はその舞台にもなった京都・烏丸通りにある帯刀と薩摩藩ゆかりの史跡をご紹介します。
「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。
過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

大河ドラマ『西郷どん』にも登場している有馬新七ですが、文久2年(1862)4月23日、彼は京都の寺田屋で最期を遂げました。この寺田屋は坂本龍馬も襲われた宿ですが、今回ご紹介する寺田屋事件は龍馬の話とはまた別物。今回は有馬新七の生涯と寺田屋事件、そのゆかりの地についてご紹介します。
西郷隆盛の貴重な詩書や肖像画が見られる!「大西郷展」が京都・霊山歴史館で開催中

西郷隆盛の貴重な詩書や肖像画が見られる!「大西郷展」が京都・霊山歴史館で開催中

明治維新の立役者、西郷隆盛に関する史料で紹介する通年特別展「大西郷展」が、幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」(京都府)で開催されています。3月18日(日)までの第1期は「西郷隆盛と薩摩藩」と題し、西郷が京都で活躍した時代や西南戦争の模様を約100点の史料で紹介。幕末ファンはもちろん、大河ドラマ「西郷どん」がより楽しめる、その見どころをご紹介します!
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

慶応2年(1866)1月21日に締結された薩長同盟。当時は犬猿の仲だった薩摩と長州を、坂本龍馬らの仲立ちによって結ばれた同盟は、幕末のみならず日本の歴史においてとても大きな出来事でした。しかし、下関での会談では西郷隆盛がドタキャンして桂小五郎を怒らせるなど、なかなか大変だったようです。今回は薩長同盟締結に至るまでと、ゆかりの地をご紹介します。
2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年に放送予定の大河ドラマは西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」に決まりました。西郷隆盛といえば薩摩の偉人ですが、活躍の舞台は日本各地に存在します。今回は一足先に、大河ドラマのロケ地になるであろう西郷隆盛ゆかりの場所をご紹介します。
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

NHK大河ドラマ「西郷どん」が、いよいよ大詰めとなる最終章「明治編」へと突入します。先日、そのメインビジュアルが発表されましたが、撮影地に選ばれたのが鹿児島県と宮崎県の県境にそびえる高千穂峰。西郷隆盛と大久保利通を演じる鈴木亮平さんと瑛太さん、そして大勢のスタッフが、わざわざ本格的な登山を行ってまで撮影を行ったこだわりの聖地、高千穂峰とは?
「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。