第3回:大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】
2018年3月30日 更新

第3回:大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第3回は西郷隆盛が生まれた薩摩こと鹿児島。今回は西郷の前半の人生に焦点をあて、ゆかりの地をご紹介します。大久保利通、島津斉彬など、西郷と深く関わりのあった人物も続々登場。来年の大河ドラマ「西郷どん」を前に、ますます盛り上がること必至。ひと足お先に予習しちゃいましょう。

小栗さくら小栗さくら

「むじゃき」の白くま!

「むじゃき」の白くま!

鹿児島といえば「白くま」!
練乳がかかったかき氷に、フルーツやゼリーなどがカラフルにのせられていて、美味しいだけではなくて見た目もキュート!
白だけではなく、赤くまや黄くまなど色んな「くま」がありますよ。史跡めぐりで疲れたら、白くまを食べてホッと一息つきたいですね!
via 写真提供:小栗さくら

西郷に影響を与えた人々

18歳で藩に出仕した西郷は、郡方(こおりかた)で務めることになります。農村の徴税などに関わったことで、西郷は農民たちの苦しい生活に直面したようです。
薩摩藩は人口の3~4割が武士階級だったといわれ、その割合は他藩に比べて非常に多いものでした。そのため百姓は、納めるお米が多い上、不正を行う役人も多く、非常に困窮していたようです。

そんな中、西郷の上司・迫田利済(さこた・としなり)は農民の立場に立って、不正をする役人を罰していたといいます。
ある不作の年、それにも関わらず多くの年貢を取り立てられる農民を見かねて、迫田は年貢を軽減するように藩庁に申し出ます。
しかしそれは聞き届けられることはなく、迫田は
「虫よ虫よ、五ふしの草の根を絶つな、絶たばおのれも、ともに枯れなん」
という歌を残して職を辞してしまったのでした。
この歌は、農民(虫)を見殺しにすれば藩(おのれ)も共に倒れることを歌ったもの。

西郷はしばしばこの歌を歌っていたそうです。
西郷がのちに農政に関する意見書を藩主に提出したのも、迫田の影響が大きかったのかもしれませんね。

西郷が懇意にしてい赤山靱負の死

そして、20歳を過ぎた西郷に転機が訪れます。
それが嘉永2年(1849)に起こった「お由羅騒動」という、薩摩藩のお家騒動でした。

このお家騒動では、10代藩主・斉興(なりおき)の子・斉彬と、斉彬の弟・久光を擁立する派閥が対立します。
西郷は直接関係ないのですが、この騒動によって、西郷が懇意にしていた人物が亡くなってしまうのです。
島津斉彬公銅像(照国神社)

島津斉彬公銅像(照国神社)

照国神社のご祭神である、薩摩藩11代藩主・島津斉彬(なりあきら)。
西郷が心酔していた、薩摩の名君です。

斉彬は蘭癖大名(らんぺきだいみょう:オランダ等西洋の習俗を取り入れたり模倣した大名)である曽祖父の影響を受け、西洋文化に深い関心を示していました。
しかしその蘭癖の曽祖父によって薩摩藩の財政難は拍車がかかったため、斉彬も浪費するのではないかという懸念を抱かれていました。
それが動機となって、斉彬の弟・久光を擁立した人々もいたようです。
via 写真提供:小栗さくら
島津久光公銅像(照国神社)

島津久光公銅像(照国神社)

斉興の側室・お由羅の方の子で、斉彬の母違いの弟。

西郷と久光は終生そりが合わなかったといわれています。
その理由の一つとして、西郷が久光を「地ゴロ(田舎者)」だと言ったことはよく挙げられますね。

西郷の手紙や周囲の人の話を読むと、意外と好き嫌いがハッキリしたタイプなのでは…?と感じてきます。
via 写真提供:小栗さくら
このお家騒動によって、切腹を命じられた人の中に、赤山靱負(あかやま・ゆきえ)という人物がいました。

赤山は斉彬派の中心人物の一人で、島津家の分家である日置(ひおき)島津家に生まれています。
西郷の母は日置島津家の家臣の娘で、父は赤山家の御用達を務めていたといわれていますから、その関係からか、西郷は赤山を兄のように慕っていたそうです。

西郷は、切腹となった赤山の血染めの肌着を見て、大きなショックを受けたと伝わっています。
赤山靱負墓所(桂山寺跡)

赤山靱負墓所(桂山寺跡)

赤山靱負の墓所は、日置市桂山寺跡にあります。
林を抜けた先にひっそりと建つ墓石ですが、説明版もあり整備されています。
赤山の兄は、薩摩藩家老の島津久徴(ひさなが)、弟は西郷と最期を共にした桂久武です。
via 写真提供:小栗さくら
島津久徴(ひさなが)墓所(大乗寺跡)

島津久徴(ひさなが)墓所(大乗寺跡)

日置島津家墓所にある、赤山靱負の兄・島津久徴の墓所。
お由羅騒動の際は、弟たちと共に、斉彬擁立に奔走しました。
via 写真提供:小栗さくら
島津久徴のお墓がある大乗寺跡。この地で陶芸家として「日置南洲窯」を開設されているのが、なんと西郷隆盛の曾孫である西郷隆文さん。是非検索してお顔を見ていただきたいくらい、西郷隆盛の肖像画にそっくりです。

西郷隆盛の曾孫・隆文さんは陶芸家として活動

日置南洲窯 西郷隆文さんの作品

日置南洲窯 西郷隆文さんの作品

via 写真提供:小栗さくら
隆文さんの南洲窯では、伝統的な薩摩焼き・黒薩摩を現代風にアレンジした作品がズラリ!見るだけではなく買うこともできますよ。
様々な作品がある中で、桜島をモチーフにしたものが多いのが印象的です。
80 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。
大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ「西郷どん」をご覧になっている方、第1回から鹿児島の風景がふんだんに出て来たことをご確認できたかと思います。オープニング映像でも、桜島を代表とする県内各地の豊かな自然と美しい歴史的景観が紹介されています。今回は、鹿児島・仙巌園の学芸員で歴史イベントのプロデュースをしている岩川拓夫が「西郷どん」の風景を紹介します。
【須賀・愛加那・糸子】西郷隆盛が愛した3人の妻たちってどんな人?

【須賀・愛加那・糸子】西郷隆盛が愛した3人の妻たちってどんな人?

女性はもちろん、男性からも?モテたという「西郷どん」こと西郷隆盛には、3人の妻たちがおりました。最初の妻は須賀、2番目の妻は奄美大島で出会った愛加那、そして3番目の妻はすでに「西郷どん」にも登場している糸子です。最後は幼なじみに戻るわけですが、それまではいろいろあったようです。大河ドラマでも盛り上がり必至の3人の女性たちとゆかりの地を、一足お先に予習しちゃいましょう。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島に続々オープン!大河ドラマ「西郷どん」関連の施設まとめ

西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島に続々オープン!大河ドラマ「西郷どん」関連の施設まとめ

大河ドラマ「西郷どん」の放送に合わせ、西郷隆盛の地元・鹿児島では関連施設が続々オープン。1月13日(土)には「西郷どん 大河ドラマ館」が、西郷ゆかりの温泉地である指宿市には「いぶすき西郷どん館」が1月12日(金)より開館します。ドラマがさらに楽しくなる!施設の見どころをご紹介します。
【鹿児島三大行事】西郷隆盛や大久保利通も参加した!島津ゆかりの妙円寺詣りとは?

【鹿児島三大行事】西郷隆盛や大久保利通も参加した!島津ゆかりの妙円寺詣りとは?

妙円寺詣りとは、鹿児島市内から日置市伊集院町まで、約20kmの道のりを歩いて参拝する伝統行事のことです。これは、関ヶ原の戦いで敵中突破を果たした島津勢の苦難をしのび、当時の武士たちによって始められました。しかも、西郷隆盛と大久保利道も参加していたんです。今回は戦国ファンも幕末ファンも気になる、鹿児島三大行事のひとつ、妙円寺詣りをご紹介します。
どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

温泉が恋しくなる季節。せっかくなら、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛ゆかりの温泉を訪ねてみませんか?かなりの温泉好きで知られる西郷は、名湯が多いとされる鹿児島県の中でも、名湯中の名湯を選んでいるのが特徴です。今回は、西郷が訪れたとされる9つのうち、現在も利用できる7つの温泉を紹介します。温泉地で好きな狩猟をしながら、国の将来を考えていたであろう西郷の姿を思い浮かべながら、温泉に浸かるのもいいかもしれません。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
鹿児島市に行ったら訪れて欲しい。西郷どんゆかりの地

鹿児島市に行ったら訪れて欲しい。西郷どんゆかりの地

来年のNHK大河ドラマは、鹿児島の偉人・西郷隆盛を主人公にした『西郷(せご)どん』です。先日鹿児島を訪れた時、タクシーの運転手の方など、たまたま出会った市民の皆さんにお話を伺いましたが、原作者の林真理子さんが鹿児島のどこを取材し、どんな本を購入して、どんな会話をしたか、までが市民の噂になっているのに驚きました。それほどまでに期待が大きい『西郷どん』。今回は鹿児島市を中心にした西郷どんゆかりの地をご紹介します。