徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ
2017年12月26日 更新

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

生まれは岡崎城(愛知県)

写真提供:岡崎市 (11806)

via 写真提供:岡崎市
徳川家康は、天文11年(1542年)12月26日寅の刻(午前4時頃)に岡崎城で生まれました。今川義元が亡くなるまで、人質となり尾張・駿府で少年期を過ごしますが、その後岡崎城を取り戻し、今川家から独立します。

岡崎城のそばには「東照公産湯の井戸」や、家康のへその緒を埋めたとされる「東照公えな塚」など、家康が生まれたことを示す史跡や銅像があります。家康のルーツを知りたいなら、ぜひ岡崎へ。
写真提供:岡崎市 (11808)

via 写真提供:岡崎市

天下統一の礎を築いた浜松城(静岡県)

撮影:ユカリノ編集部 (11812)

via 撮影:ユカリノ編集部
元亀元年(1570年)、家康は岡崎から遠江国の曳馬へ移ります。そして浜松と改名して城を築くと、ここで天下統一の礎を築いていったのです。

「出世城」と言われる浜松城では、そんな若き日の家康の姿も見ることができます。
近くには大河ドラマ「おんな城主 直虎」で注目された井伊家ゆかりの地もたくさんあります。家康ゆかりの地とあわせて巡れば、出世間違いなし!?
本丸には「若き日の徳川家康公像」が。

本丸には「若き日の徳川家康公像」が。

via 撮影:ユカリノ編集部

家康最後の居城・駿府城(静岡県)

駿府城

駿府城

1585年(天正13年)、駿河を支配した家康は浜松より居城を移し駿府城の築城を始めます。天正17年に完成しましたが、その後関東に移封(国替え)。秀吉亡き後、慶長8年(1603)征夷大将軍に任ぜられた家康は江戸幕府を開きました。そして慶長10年に2代秀忠へ将軍職を譲ると、家康は大御所となって江戸から駿府に隠居したのです。

家康最後の居城として知られる駿府城の天守台は、2016年(平成28年)から始まった発掘調査によると江戸城よりも大きいとみられ、現在も調査が進められています。
その様子は駿府城公園にある「発掘情報館 きゃっしる」で見ることもできますよ。
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します
【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

徳川家康を支えた四天王のひとり・本多忠勝。生涯、57回もの戦に出陣しながらも、かすり傷ひとつ追わなかったという伝説を持ち、その強さは、敵味方問わず賞讃と尊敬の的となった猛将です。名槍・蜻蛉切を携え、戦場を駆け巡った忠勝のゆかりの地を、彼の生涯と戦歴とともにご紹介していきたいと思います。
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第2回は「長篠の戦い」です。1575年6月29日(天正3年5月21日)、織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼の軍勢が現在の愛知県新城市近辺で激突。織田軍による鉄砲隊の活躍により、当時最強といわれた武田騎馬隊は大敗。武田軍の名将たち最期の場所など、合戦ゆかりの地をご紹介します。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。
戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

6月2日(土)より愛知県の岡崎市美術博物館で開催される「名刀は語るー美しき鑑賞の歴史ー」。静岡県三島市の佐野美術館の収蔵品より、国宝・重文含む約100件の名刀、刀装具が揃います。目玉は何と言っても本多忠勝愛用の名槍「大笹穂槍 銘 藤原正真作(号 蜻蛉切)」の展示。戦国&刀剣ファンは必見です!
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。