名古屋おもてなし武将隊がコラボ「なごや武士めし 武将隊弁当」は1度で2度美味しい!
2017年12月25日 更新

名古屋おもてなし武将隊がコラボ「なごや武士めし 武将隊弁当」は1度で2度美味しい!

名古屋市と愛知県、及び県内自治体と連携し観光誘致を図る「愛知デスティネーションキャンペーン」。その企画の一環として、名古屋おもてなし武将隊が株式会社だるまと『なごや武士めし 武将隊弁当』を開発。2017年12月27日(水)から販売を開始します。気になるその中身とは?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

1度で2度おいしい!「武士めし」と「なごやめし」

『なごや武士めし 武将隊弁当』は、「なごやめし」と「武士めし」の2種類が一度に味わえる、愛知県ならではのお弁当。パッケージには、名古屋おもてなし武将隊の皆様が起用されています。
 (11535)

 (11526)

「武士めし」メニュー…焼き味噌おにぎり、ごぼう、うちまる、こくし(小串)、かりの豆、みつあえ、香(こう)の物、鱒の焼き物

「なごやめし」メニュー…味噌かつ、牛どて、みそ玉子、きしめん

戦国時代、武士が好んだ「武士めし」を再現!

「武士めし」には、戦国時代や江戸時代、武将や武士が好んで食べていた料理が集められています。安土桃山時代、船による輸送能力が飛躍的に向上すると全国から特産品が天下人のもとに集められ、日本料理の原型が形成されました。

弁当の中心には焼き味噌おにぎり。
戦国時代、戦や鷹狩りの携帯食とされたおにぎりに、三英傑ゆかりの地である尾張・三河の豆味噌を塗って焼いています。
また、秀吉や多くの戦国武将が好んだごぼうの煮物や、うなぎに醤油と酒を合わせ焼いたうちまるなどが味わえます。

地元で人気の「なごやめし」もご一緒に!

一方、豆味噌(八丁味噌)を使い味噌ベースの濃厚な味付けが主流となっているのが「なごやめし」。

味噌かつ、牛どて、きしめんなど、人気のラインナップも入っているので、観光客には嬉しいですね。

お弁当にはおしながきとあいち戦国MAPがついているので、ゆかりの地をめぐりながら名古屋グルメの歴史も学べます。
武将隊のファンの皆様はもちろん、歴史好きならぜひ食べてみたい『なごや武士めし 武将隊弁当』、名古屋にお立ち寄りの際は要チェックです!

「なごや武士めし 武将隊弁当」

 (11527)

【お弁当販売日・箇所】
JR名古屋駅中央コンコース KIOSK名古屋グランドショップにて12月27日(水)から販売開始
※他販売予定箇所…三河安城駅だるま売店、セントレア内売店、各観光会社様等

【製造/販売】株式会社だるま 名古屋支社(052-452-2101)
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

愛されて9周年!名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」結成記念祭り&限定コラボ開催

愛されて9周年!名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」結成記念祭り&限定コラボ開催

名古屋城を拠点に活動中の人気武将隊「名古屋おもてなし武将隊®」。11月23日(金・祝)にはその結成9周年を記念した「9周年祭」が開催されます。あわせて、11月いっぱいは名古屋城で関連イベントやコラボ企画も実施中!武将隊を祝うとともに、盛り上がる名古屋を一緒に楽しみませんか?
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
元祖「会いに行ける武将」名古屋おもてなし武将隊がおすすめする名古屋城の魅力

元祖「会いに行ける武将」名古屋おもてなし武将隊がおすすめする名古屋城の魅力

ご当地の歴史と魅力をご当地から発信、全国各地で「会える武将」として活躍するおもてなし武将隊。今回は、その元祖であり代表格の名古屋おもてなし武将隊の皆さんに、活動拠点・名古屋城の見どころを教えていただきました。武将それぞれの推しポイントをリレー形式でご紹介します!
天海は『ゴジベリー』食べて108歳!?偉人の長寿食に注目

天海は『ゴジベリー』食べて108歳!?偉人の長寿食に注目

100歳以上の長命だったといわれる南光坊天海。家康、秀忠、家光と徳川将軍に仕えた天海の長寿の秘訣は“ゴジベリー”ことクコの実だった?食文化史研究家の永山久夫さんが歴史上の偉人の長寿食を紹介します。
最初にカレーを食べた日本人は?日本の国民食・カレーの歴史

最初にカレーを食べた日本人は?日本の国民食・カレーの歴史

日本人の国民食ともいえるカレー。そのルーツははっきりしませんが、日本でいつどのように広まり、人気が出たのでしょうか。そして日本で初めてカレーを食べた人物とは?日本におけるカレーのあれこれを調べてみました。
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
ラッコ鍋で奮い立つ?海の動物たちが秘める意外な効果とは【偉人が愛した肉料理:第9回】

ラッコ鍋で奮い立つ?海の動物たちが秘める意外な効果とは【偉人が愛した肉料理:第9回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが肉料理を紹介する連載。今回は巷で話題の「ラッコ鍋」から、海の動物たちに注目。縄文色が色濃く残った北海道や東北北部で、アイヌの人々が食べていた海の動物の肉、その意外な効果とは?気になる北方食文化に迫ります。
文明開化の味!明治「牛鍋」事始め【偉人が愛した肉料理:第8回】

文明開化の味!明治「牛鍋」事始め【偉人が愛した肉料理:第8回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。今回は、11月29日「良い肉の日」ということで、明治の偉人たちも愛した牛鍋に注目。文明開化の象徴として、“食わない奴は時代遅れ”とされた牛鍋の歴史を辿ります。
【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑

【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、奥三河の花祭です。毎年11~3月にかけて、愛知県の奥三河各地で開催されるこのお祭り。鎌倉時代から続く、国の重要無形民俗文化財にも指定された伝統芸能は一見の価値あり!
卑弥呼も食べていた?鳥肉の不老長寿効果【偉人が愛した肉料理:第7回】

卑弥呼も食べていた?鳥肉の不老長寿効果【偉人が愛した肉料理:第7回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。今回は、邪馬台国の女王・卑弥呼も食べていたとみられる“鳥肉”に注目。長寿だったという卑弥呼や邪馬台国の人々。現代のアンチエイジングの参考にもなる、彼らの長寿の秘訣となった鳥肉料理とはどのようなものだったのでしょうか?