辞世の句や肖像画も!福岡市博物館「黒田如水の文芸」展レポート
2018年3月20日 更新

辞世の句や肖像画も!福岡市博物館「黒田如水の文芸」展レポート

福岡市博物館で開催中の「黒田如水の文芸」展。若き日に歌道を志した黒田官兵衛こと如水の、歌人としての面に注目した企画展です。如水の辞世の句や、和歌・連歌の世界における如水とはどんな人物だったのでしょうか?気になる見どころをレポートします。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

福岡市博物館で開催中!黒田資料名品展VII『黒田如水の文芸』

撮影:ユカリノ編集部 (16231)

via 撮影:ユカリノ編集部
黒田官兵衛こと如水といえば、やっぱり軍師のイメージが強いですよね。
しかし若いころ如水は歌人を志していました。現在展示中の『黒田如水の文芸』では、歌人・如水の意外な一面を知ることができます。
先日ユカリノでも見どころを紹介した本展、その模様を取材させていただきました。

歌人スタイルで描かれた如水の肖像画

撮影:ユカリノ編集部 (16232)

via 撮影:ユカリノ編集部
「黒田如水像」

「黒田如水像」

頭巾をかぶって片膝を立てた典型的な黒田如水の肖像画。
via 撮影:ユカリノ編集部
ちょっとアンニュイな姿の肖像画ですが、実はこのポーズ、三十六歌仙の一人・柿本人麻呂の姿をイメージしているといわれています。
柿本人麻呂といえば歌聖と崇められた飛鳥時代の歌人。和歌の上達を願い人麻呂の絵が奉納されるなど神格化され、歌人といえばこの絵姿が定着していったようです。

福岡市博物館では隣の展示室に柿本人麻呂の肖像画も展示されているのですが、見比べてみると確かにポーズが似ています。
「柿本人麿図」江戸時代(17世紀)狩野昌運筆

「柿本人麿図」江戸時代(17世紀)狩野昌運筆

この絵を描いた狩野昌運も伝統に則り、直衣・烏帽子・硯を伴う思案顔に描いています。
via 撮影:ユカリノ編集部
他にもいくつか如水の肖像画はありますが、どれもこのスタイル。足が不自由だったためと思われがちですが、柿本人麻呂の肖像画をみて分かるように「歌人スタイル」を踏襲していたんですね。
ぜひ、元となった柿本人麻呂の肖像画と照らし合わせて見てください。

歌人との交流も盛んな如水の文芸活動

慶長3年(1598)、53歳以降になると如水の文芸活動が目立ちます。本展では、大宰府などで行われた連歌会に参加した際の作品も展示。
桃山時代に活躍した連歌師・里村昌叱に、自身の作品を添削してもらったりもしています。
関ヶ原の戦いの半年前に詠まれた「如水公独吟」

関ヶ原の戦いの半年前に詠まれた「如水公独吟」

如水がひとりで詠んだ連歌百韻。優れた句の頭にはカギ型の印(合点)がつけられています。
via 撮影:ユカリノ編集部

わが生涯に悔いなし!達観した如水辞世の句

24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

"軍師官兵衛"は歌の才能も凄かった!福岡市博物館で「黒田如水の文芸」展が開催

"軍師官兵衛"は歌の才能も凄かった!福岡市博物館で「黒田如水の文芸」展が開催

福岡市美術館と福岡市博物館がそれぞれ所蔵する福岡藩主ゆかりの「黒田資料」を展示するシリーズ第7回目、今回のテーマは「黒田如水の文芸」です。若き日に歌道を志した黒田官兵衛こと如水。彼の詠んだ作品だけでなく、当時の和歌・連歌の世界における位置付けにも注目した企画展が福岡市博物館で3月6日~4月30日開催。その見どころを一部ご紹介します。
圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

平成30年1月7日(日)~2月12日(月・祝)福岡市博物館で開催中の特別企画展「黒田家の刀剣と甲冑展」。黒田家歴代当主たちのお宝とともに、刀剣女子たちに大人気の「圧切長谷部」や「日本号」の展示もあり、連日行列ができるほど賑わっています。その盛り上がりを肌で感じるべく編集部が潜入取材。見どころ満載の特別企画展の模様をレポートします!
【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

名軍師・黒田官兵衛の嫡男であり、父と共に秀吉に仕え、数々の武功をあげた黒田長政。関ヶ原合戦では東軍として活躍し、家康から認められ、福岡藩初代藩主になります。1623年(元和9)8月29日の長政の命日にちなみ、今回は長政の福岡ゆかりの地と、黒田家の家宝を所蔵する福岡市博物館を紹介します。
あの名刀に会いに行こう!野心に満ちた軍師・黒田官兵衛ゆかりの地めぐり

あの名刀に会いに行こう!野心に満ちた軍師・黒田官兵衛ゆかりの地めぐり

歴史好きなら「黒田官兵衛」の名を聞いたことがない人はいないはず。豊臣秀吉の軍師として重用されるも恐れられた異才の武将です。2014年大河ドラマの主役にもなった官兵衛ゆかりの地を巡ってみましょう。
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。
奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?

奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?

日本古代史の謎のひとつ・邪馬台国の場所。それを決定づける証拠として注目されるのが、邪馬台国の女王・卑弥呼の墓です。奈良県にある纒向遺跡の箸墓古墳を筆頭に、今年3月に福岡県赤村で見つかった古墳らしき地形も話題になりました。さらに静岡県沼津市にあるという説も…この中に本物はある?
甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

福岡市博物館で平成30年4月24日(火)~6月24日(日)開催中の「甲冑にみる江戸時代展5―武士と武人の甲冑像―」。同館が収蔵する江戸時代の復古調の甲冑を中心に、黒田長政や黒田二十四騎といった福岡藩ゆかりの人物の肖像画なども多数展示。まさに甲冑好き必見の本展の見どころを、同館学芸員さんにお伺いしました。
2020年大河ドラマ『麒麟がくる』放送記念!全国「麒麟」スポット

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』放送記念!全国「麒麟」スポット

2020年放送の大河ドラマ『麒麟がくる』。主人公・明智光秀の謎めいた前半生に光をあてながら、最新の研究に基づいた英傑たちが描かれるとのことで、今から楽しみな方も多いはず。そこで気になるのが、タイトルの「麒麟」ではないでしょうか。あの首の長いキリンとは違う麒麟の正体と、麒麟にまつわる全国のスポットをご紹介します。
【「雷切丸」も公開中】「宗茂と誾千代」がご案内!立花家史料館とゆかりの地・柳川

【「雷切丸」も公開中】「宗茂と誾千代」がご案内!立花家史料館とゆかりの地・柳川

戦国最強夫婦といわれる柳川藩初代藩主・立花宗茂とその妻・誾千代。彼らの歴史を今に伝える立花家史料館の公式キャラクター「宗茂と誾千代」がユカリノに登場!宗茂と誾千代、そして宗茂の愛刀の化身である雷切丸に、彼らの活動拠点である立花家を中心に、柳川の魅力をたっぷりご紹介いただきました。
【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

慶長17年4月13日、門司沖の船島(巌流島)で行われた宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘。時代劇や歌舞伎の題材でおなじみのシーンですが、佐々木小次郎の正体は謎に包まれています。実は巌流島の戦いは藩主細川家による小次郎暗殺計画だったのかも?佐々木小次郎豊前添田出身説を考えてみました。