【神々の国の首都】小泉八雲が愛した島根県松江市でゆかりの地散歩
2018年9月26日 更新

【神々の国の首都】小泉八雲が愛した島根県松江市でゆかりの地散歩

今から約120年前、「雪女」や「ろくろ首」「耳無芳一の話」などの日本の怪談を、情緒豊かな文学作品にした小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)。彼によって日本古来の伝統や文化が、広く海外に紹介されました。その八雲がこよなく愛したのが島根県松江市です。水郷と称される美しい城下町・松江の、小泉八雲ゆかりの場所をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

宍道湖と嫁が島

宍道湖と嫁が島

via 写真提供:松江市

日本人以上に古き良き日本を愛した小泉八雲

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850-1904年)は、ギリシャのレフカダ島で、アイルランド出身(当時はイギリス)の父、ギリシャ人の母の元に生まれました。2歳でアイルランドに移りますが、4歳で母と生別、7歳で父を亡くします。その後、イギリスとフランスでカトリックの教育を受けますが、ギリシャ神話やアイルランドのケルト神話に親しんでいた八雲はなかなか馴染めなかったといいます。

16歳の時、遊戯中に左目を失明。19歳の時に両親に代わって八雲を養育していた大叔母が破産し、単身アメリカに渡ります。赤貧生活の中、ジャーナリストとして認められるようになった八雲は、ニューオーリンズやカリブ海のマルティークに移り住み、様々な文化の多様性に触れながら旺盛な執筆活動を続けます。

ニューオーリンズ時代に万博で日本文化に触れた八雲は、英訳の「古事記」を読みすっかり日本に魅了されます。そして日本に行くことを決意し、明治23(1890)年に来日しました。

海外から「何もかも不思議ずくめ」と思われていた当時の日本

熊野大社(島根県松江市)

熊野大社(島根県松江市)

via 写真提供:松江市
来日した八雲がまず惹かれたのは、日本の神社仏閣でした。日本人の友人から「本朝文粋」に書かれた弘法大師の話を聞いたり、盆踊りをみたり、地蔵やお盆の風習について調べたり、すぐに日本の文化にのめりこみました。
墓地へ行けば、きっとそこには、来てみてよかったと思うような、夢見るごとき観音や、微笑している地蔵を見つけることができるのである。
via 小泉八雲「神々の国の首都」
八雲は、日本人の生活を“たぐいまれなる美しさ”と賞賛しました。そしてそれは、”ただもう自分の国の古い信仰は恥ずべきものだと思い込んでいる西洋かぶれの上流階級の中には見いだされず、この国の国民的美徳を代表している一般大衆の中にある”といいました。

そればかりか、“我々のうぬぼれている西欧文明の進みゆく道が、果たしてあれが真実人間向上の正道に向かっているものであるかどうか”と、未来を予見するかのような言葉まで残しています。

八雲が愛した”神々の国の首都”、城下町・松江

八雲は来日したその年に、英語教師として島根県尋常中学校(現在の県立松江北高等学校)に赴任するため、島根県松江市を訪れました。そして東京などから消えつつあった、古き良き日本の文化を松江で発見し、すっかり魅せられてしまいます。

さらに後に妻となる松江士族の娘・小泉セツと出会い、セツが語る日本の昔話や神話、怪談に夢中になります。それらは後に「知られぬ日本の面影」(1894年)や「怪談」(1904年)などにまとめられ、広く海外に知れ渡ることになりました。

八雲は松江の事も「知られぬ日本の面影」の中の「神々の国の首都」の章で、大変幻想的に、そして霊的に描いています。
宍道湖

宍道湖

「実は湖ではなくて、夜明けの空と、それと同じ色の水とが漠然と混ざり合った、美しいまぼろしの海のようにみえる」(「神々の国の首都」)
via 写真提供:松江市

まるで建物の竜?国宝・松江城

松江城

松江城

via 写真提供:松江市
八雲から、”本丸の屋根は封建時代の兜のよう”、全体の姿は、”大きな怪物を寄せ集めて造った建物の竜のよう”と表現された松江城。

松江城は慶長16(1611)年、松江藩祖・堀尾吉晴によって築城された「現存12天守」のひとつ。平成27年に国宝に指定されました。
現存する天守の中でも、特に「望楼(ぼうろう)式」と呼ばれる伝統的な構造を残しており、五層六階の天守とあわせ、築城当時の桃山時代の建築様式をそのままの姿で伝えています。
またこの三角屋根が鳥が羽を広げたように見えるので、別名「千鳥城」とも呼ばれています。後に京極氏を経て松平氏の居城となりました。望楼からは松江の街並みや宍道湖が一望できます。
45 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回 村田新八】

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回 村田新八】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第26回は、村田新八です。幕末期から西郷隆盛と行動を共にした村田は、あの勝海舟も「大久保に次ぐ人傑」と評したほどの人物でした。大河ドラマ「西郷どん」では描かれなかった村田の功績とは?最期まで西郷とともに歩んだその生涯を追ってみます。
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。
文明開化の味!明治「牛鍋」事始め【偉人が愛した肉料理:第8回】

文明開化の味!明治「牛鍋」事始め【偉人が愛した肉料理:第8回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。今回は、11月29日「良い肉の日」ということで、明治の偉人たちも愛した牛鍋に注目。文明開化の象徴として、“食わない奴は時代遅れ”とされた牛鍋の歴史を辿ります。
伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は特別編!明治150年記念で期間限定公開中の『明治記念大磯庭園』へ。神奈川県の大磯は、幕末から明治期の中心となった伊藤博文や大隈重信たちの邸宅があったゆかりの地。伊藤たちが過ごし「政界の奥座敷」と呼ばれた歴史的建造物をご紹介します。
西南戦争に散る…西郷から信頼された薩摩隼人・篠原国幹

西南戦争に散る…西郷から信頼された薩摩隼人・篠原国幹

新政府を去った西郷隆盛の後を追って、多くの旧薩摩藩士が下野しました。その中にいたのが、今回ご紹介する篠原国幹です。南洲墓地では西郷の隣に埋葬されている彼は、西郷から絶大な信頼を置かれていました。その生涯とともに、戦いの軌跡や「習志野」の地名の由来になったという説もあるゆかりの地を紹介しましょう。
再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は、山縣有朋ゆかりの地です。「日本軍閥の祖」とも呼ばれ、明治政府では軍政家として陸軍の礎を築いた山縣有朋。一般的なイメージはあまり良くないようですが、最近ではその評価も見直されつつあります。山縣が歩んだ人生を、墓所・護国寺とともにご紹介します。
泉鏡花が用いた「源氏香」は師弟愛の家紋【家紋のルーツ:第7回】

泉鏡花が用いた「源氏香」は師弟愛の家紋【家紋のルーツ:第7回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は「源氏香」を紹介します。家紋としては比較的新しく珍しい源氏香紋ですが、そのひとつ「紅葉賀」を用いていたのが泉鏡花です。その理由に秘められた想いとは…。
津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

明治政府がスタートして間もない明治4(1871)年、岩倉具視を正使とした岩倉使節団が欧米へ派遣されました。その数107名の大所帯、大久保や桂、伊藤といった新政府の首脳までもが含まれていたこの一行は、欧米で多くを見聞きして帰国しました。彼らの目的と日本に与えた影響とは?また、使節団のメンバーが後に成し遂げた功績もご紹介します。
交友関係に恵まれた愛されキャラ?初代内閣総理大臣・伊藤博文【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第24回】

交友関係に恵まれた愛されキャラ?初代内閣総理大臣・伊藤博文【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第24回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第24回は、初代内閣総理大臣にして、4回も総理大臣を務めた伊藤博文です。長州藩の農民から日本のトップまで上り詰めますが、最後は暗殺されてしまうという劇的な人生を送った博文。運を味方に、師や先輩たちに可愛がられた彼が出会った人々や、その評価について紹介します。
教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。