映画化にカフェ…今も地元・小田原で慕われる二宮金次郎
2018年11月17日 更新

映画化にカフェ…今も地元・小田原で慕われる二宮金次郎

多くの学校に設置されている二宮金治郎(尊徳)の銅像。彼が本当に薪を背負って歩きながら本を読んでいたかは不明ですが、その勤勉な姿勢は金治郎の人生から読み取ることができます。今回は二宮尊徳の生涯とゆかりの地である神奈川県小田原市の“金次郎スポット”を中心にご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

苦難続きの少年時代…14歳で一家の生計を立てていた尊徳

「尊徳座像」一般的に『尊徳=そんとく』と読むが、本来は...

「尊徳座像」一般的に『尊徳=そんとく』と読むが、本来は『たかのり』と読むそう。

天明7(1787)年、二宮尊徳は相模足柄上郡栢山村(神奈川県小田原市)の百姓の家に生まれました。尊徳は諱で、通称が金治郎(金次郎と書かれることが多い)です。

二宮尊徳生家(神奈川県小田原市)

「二宮尊徳生家:当初、二宮家は豊かな農家だった」

「二宮尊徳生家:当初、二宮家は豊かな農家だった」

一家離散となった尊徳16歳の時に売却された生家ですが、現在もしっかりと残されています。築200年以上を経過していますが、今なお堅固なつくりを保っていますよ。
尊徳が少年だった頃、洪水によって家や田畑を失い、生活が一気に困窮してしまいます。尊徳は働きに出て家計を支えますが、その最中に相次いで両親を亡くすという不幸にも見舞われ、伯父に引き取られることとなりました。

そこでは、夜中の読書を「油の無駄遣い」と嫌味を言われるなど居心地の悪い生活を送ったようです。しかし尊徳は自ら菜種栽培を発案し、油を自前で調達することに成功しました。また、捨ててあった稲の苗を植えて収穫するなど、アイデアマンとしての才能を開花させていくのです。

抜群の才覚で各地の財政建て直しに貢献

やがて家を再興した尊徳は、小田原藩家老服部家の家政を建て直したことで一躍有名になり、藩からも注目されるようになります。困窮した藩士を救済する「五常講」という金融組織を作り、年貢米の枡を改良するなど次々に改革を提案した尊徳は、小田原藩の飛び地・下野国芳賀郡桜町(栃木県真岡市)の建て直しを命じられて赴任することになりました。
尊徳が拠点とした桜町陣屋(栃木県真岡市)

尊徳が拠点とした桜町陣屋(栃木県真岡市)

via 撮影:xiao
荒廃した桜町の救済は10年もかかる難事業でしたが、尊徳はこれを達成します。夏前に食べたナスが秋ナスの味だったことから冷夏と飢饉を予測し、ヒエを植えさせて餓死者を出さなかったという逸話もありますよ。

至誠・勤労・分度・推譲の思想に基づいた「報徳仕法」と呼ばれる彼の農村復興計画は、次々と各地で成果を上げ、他藩からも依頼が舞い込むほどになりました。

ついに幕府に召し抱えられるまでになった尊徳は、天領である日光山領の仕法を命じられます。そして安政3年10月20日(1856年11月17日)、赴任先の下野今市村(栃木県日光市)で70年の生涯を閉じました。

今も地元・神奈川県小田原市で慕われ続ける二宮尊徳

報徳二宮神社ときんじろうカフェ(小田原市)

報徳二宮神社

報徳二宮神社

via 撮影:ユカリノ編集部
尊徳が生まれた小田原市には、尊徳を祀った報徳二宮神社があります。その一角は「報徳の杜」と呼ばれ、カフェや広場など憩いの場所としても人気。尊徳が食したという呉汁や本格イタリアンコーヒーを提供してくれる「きんじろうカフェ」がありますよ。報徳オリジナルグッズも販売しています。
とにかくおしゃれでびっくりな『きんじろうカフェ』

とにかくおしゃれでびっくりな『きんじろうカフェ』

via 撮影:ユカリノ編集部
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は特別編!明治150年記念で期間限定公開中の『明治記念大磯庭園』へ。神奈川県の大磯は、幕末から明治期の中心となった伊藤博文や大隈重信たちの邸宅があったゆかりの地。伊藤たちが過ごし「政界の奥座敷」と呼ばれた歴史的建造物をご紹介します。
いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。
おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

慶應3(1867)年11月15日、近江屋で暗殺された坂本龍馬。男も女も惚れる人柄だったという龍馬の人生には、常に女性たちの影がありました。龍馬を知る彼女たちは、彼の死後どんな道をたどったのでしょうか。彼女たちのその後とゆかりの地をご紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第六忍「縁切寺:東慶寺」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第六忍「縁切寺:東慶寺」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は神奈川県鎌倉市にある東慶寺に来たよ。『縁切寺』として有名だけど、徳川ゆかりのお寺でもあるんだね。切りたい縁がある人は、今年のうちに行ってみるといいよ。
【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

行楽の秋、武将祭りやお城まつりなど、歴史系のお祭りが全国で開催されます。郷土の誇りと讃えられた有名武将の活躍を再現したものや、戦国時代さながらの甲冑姿でのパレード、迫力ある火縄銃演武、有名な合戦を再現したものなど、歴史好きなら胸が熱くなるイベントばかり。お祭りに参加して、あなたの憧れの武将達に会いにいってみませんか?
黒澤明の映画で有名な「羅生門」を巡る、1300年の歴史旅

黒澤明の映画で有名な「羅生門」を巡る、1300年の歴史旅

1951年の9月10日、黒澤明の「羅生門」がヴェネツィア国際映画祭金獅子賞グランプリを受賞しました。日本初の海外映画祭グランプリ受賞という快挙は、昭和20年(1945)の敗戦によって打ちひしがれていた日本人に、大きな自信を与えました。そこで今回は「羅生門」を深堀りしながら時間旅行を楽しんでみましょう。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
西股先生と行く城歩き女子会第2弾!「小田原城」は裏側が面白い

西股先生と行く城歩き女子会第2弾!「小田原城」は裏側が面白い

関東では梅雨まっただ中の6月中旬、神奈川県小田原市に、カメラを抱えた女性たちが集合しました! 彼女たちのお目当ては名城「小田原城」。天守閣の周辺はもちろん、あまり知られていないマニアックなスポットも歩いてきましたよ。
小机城がSNS映えするって本当!?ユカリノ城歩き女子会レポート

小机城がSNS映えするって本当!?ユカリノ城歩き女子会レポート

土の城を歩いた後に画像データを振り返ると、茶色や緑色ばかりの写真が並ぶ…というのは、城好きのあるある話! 色味がない土の城がインスタ映えしないって、本当なのでしょうか? 本イベントのテーマは、ずばり土の城の写真撮影。小机城のフォトジェニックな姿を激写してきましたよ!