【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑
2018年11月5日 更新

【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、奥三河の花祭です。毎年11~3月にかけて、愛知県の奥三河各地で開催されるこのお祭り。鎌倉時代から続く、国の重要無形民俗文化財にも指定された伝統芸能は一見の価値あり!

芳賀日向芳賀日向

奥三河15地区で夜通し開催される「花祭」

榊鬼(東栄町月)

榊鬼(東栄町月)

via 撮影:芳賀日向
鬼は里人の信じる超自然の象徴であり、神の化身となって花祭の日に里に訪れるといいます。愛知県、奥三河地方では11月から3月にかけて15カ所の集落で夜を徹して「花祭」が行われます。

愛知県東部の三河、長野県南部の南信、静岡県西部の遠江(とおとうみ)の境界にあたる地域は「三遠南信」と呼ばれています。
伊勢からの信仰を伝える修験道の行者らが通行したというこの地は、詠み人知らずの「人も馬も道ゆき疲れ死に」という石碑が残っているほどの秘境です。この地域には室町時代からの古い祭りがそのまま残り、芸能の宝庫とも呼ばれています。

花祭の確かな起源、由来は不明ですが、平安末期から室町時代に修験者がこのけわしい土地を信仰の理想郷とし、土地の人に舞を教えたとも言われています。
 (25470)

「花祭」の楽しみ方と見どころ

旧暦11月は霜月(しもつき)と呼ばれます。2018年は12月7日から翌年1月5日までで、12月22日が1年の中で最も太陽の力が弱まる「冬至」です。

昔は、この頃に人間の魂が肉体を離れてしまうと恐れられました。そのため、中部地方や秋田県などでは釜に湯を立てて神楽を舞います。
釜を清め、湯を立てる(東栄町御園)

釜を清め、湯を立てる(東栄町御園)

釜(場所によっては竈)の上にたつ湯煙に神々が集まり、最後に湯を浴びることにより、神の力で人間から浮遊する魂を鎮め新しい生命力を与えてもらうのです。
via 撮影:芳賀日向
花祭は「生まれ清まり」ともいわれ、罪や穢れを祓って新たな人間の魂の再生をおこなう祭りなのです。祭場には神が降りてきて人間に祝福を与え、長寿と幸せを願います。
舞庭の中央に釜、天井には神様の依り代となる湯蓋が飾られ...

舞庭の中央に釜、天井には神様の依り代となる湯蓋が飾られています。(東栄町月)

via 撮影:芳賀日向
祭場は各地区の集会所の中にある舞庭(まいど)と呼ばれる土間です。中央には釜が設置され、天井には湯蓋(ゆぶた)と呼ばれる神様が降りてこられる切り抜きで模様を飾った切り紙が天井に張り巡らされます。
飾られた切り紙。神様が降りてこられる目印となる。

飾られた切り紙。神様が降りてこられる目印となる。

via 撮影:芳賀日向

皆で唄おう「テーホヘ、テホヘ」

夕方になると釜を浄め、花太夫(はなたゆう)と呼ばれる祭司が指で密教の呪法である印を結んで、火打ち石で火を起こし、湯を焚きます。
祭文を唱え、日本国中の神々を湯煙の中に勧請すると、夜を徹して奉納される神事・舞が始まります。演目は40近くにもなり、囃子は笛と太鼓。皆で「テーホヘ、テホヘ、テホホヘテホヘ」と繰り返し唄います。
花の舞(東栄町御園)

花の舞(東栄町御園)

via 撮影:芳賀日向
真夜中0時頃に登場するのは小学生の稚児による花の舞。保護者に励まされながら里の繁栄、家庭の安全を願い舞う姿は可憐です。
37 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

芳賀日向

芳賀日向

はがひなた。祭り写真家。1956年長野県生まれ。米国西イリノイ大学文化人類学科卒業。30年間に渡り世界の祭り48ヵ国、日本各地の祭りを撮り続ける。週刊朝日百科『日本の祭りシリーズ』連載(朝日新聞出版)、『祭りを撮る』監修(旅行読売出版社)、『日本全国祭り図鑑』監修(フレーベル館)など。写真展「世界のカーニバル」、「被災地の夏祭り」(キヤノン)他。日本写真家協会会員。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、秩父市の名物「秩父夜祭」です。毎年12月に開催される秩父神社の例大祭で、ユネスコ無形文化遺産にも登録され、日本三大曳山祭の1つに数えられる秩父夜祭。歴史ある師走の伝統的なお祭りの見どころや撮影ポイントをご紹介します。
【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

行楽の秋、武将祭りやお城まつりなど、歴史系のお祭りが全国で開催されます。郷土の誇りと讃えられた有名武将の活躍を再現したものや、戦国時代さながらの甲冑姿でのパレード、迫力ある火縄銃演武、有名な合戦を再現したものなど、歴史好きなら胸が熱くなるイベントばかり。お祭りに参加して、あなたの憧れの武将達に会いにいってみませんか?
那智、吉田、手筒花火…夏におすすめの火祭り3選【日本名珍祭り図鑑】

那智、吉田、手筒花火…夏におすすめの火祭り3選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は夏の火祭りです。神霊の送迎や火による清めなどの意味を持つ火祭りは、7~8月の盆行事の頃に行われます。その中でも特におすすめの3つをご紹介。火祭りの上手な撮影方法も伝授します!
全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

夏といえばおまつり!2018年の夏休みも全国ではさまざまな歴史イベントが催されます。東京では特別展「縄文」が、京都では二条城の特別公開が開催。アツい武将まつりから涼しい水軍まつり、一度は行きたい伝統のまつりまで、10のイベントを厳選してご紹介。夏休みの国内旅行の予定がまだ決まっていない人は必見です。
一度は見たい!全国の「性」にまつわる奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

一度は見たい!全国の「性」にまつわる奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は「性」にまつわる祭りです。日本の神様はとても人間らしく、祭りの中にも「性」に関する象徴や所作が数多く登場します。子孫繁栄、安産祈願はもちろん、農作物の豊作を願う「性」の祭りを5つ紹介します。
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
商売繁盛で笹もってこい!浪花のお正月は「十日戎」で始まる|日本名珍祭り図鑑

商売繁盛で笹もってこい!浪花のお正月は「十日戎」で始まる|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、毎年1月9~11日に大阪市浪速区の今宮戎神社で開催される「十日戎(とおかえびす)」です。年の初めのお祭りとして、3日間で約100万人の参詣者が訪れるという、浪花のお正月を象徴するお祭り。お祭りの見どころや撮影ポイントをご紹介します!
武士の象徴とファッションを知る「刀と槍の装具展」福岡市博物館

武士の象徴とファッションを知る「刀と槍の装具展」福岡市博物館

武士の魂とされる「刀」、そして「一番槍」といわれる槍は、武士にとって大切なもの。実際に使用される際には、鞘や柄など様々な装具が付けられました。福岡市博物館で2018年12月26日(火)から2019年2月24日(日)まで開催する「福岡藩士伝来・刀と槍の装具展」では、同館収蔵の福岡藩士伝来の刀と槍から、その歴史と文化を紹介します。