2019年の干支「イノシシ」ゆかりの城、真壁城・小田原城
2019年1月10日 更新

2019年の干支「イノシシ」ゆかりの城、真壁城・小田原城

2019年は亥年。猪のように猪突猛進に突き進んでいきたいですね。そこで今回は猪にゆかりのあるお城をチョイス。お城充をしながら干支のご利益にあやかってみてはいかがでしょうか。

みかめゆきよみみかめゆきよみ

武将が信仰した摩利支天

猪にゆかりのあるお城をご紹介する前に、武士と摩利支天について触れておきましょう。

摩利支天は光や陽炎を神格化したものといわれ、すべての災難を退くということから、古くから武士の守護神として信仰されてきました。南北朝時代の楠木正成も信仰し、多くの戦国武将もそのご利益にあやかろうとしたといいます。その摩利支天が乗っているのが、2019年の干支「猪」です。

猪の旗印を用いた戦国武将・真壁氏ゆかりの地

「猪絵旗指物」

「猪絵旗指物」

via 画像提供:真壁伝承館歴史資料館
こちらは常陸国真壁郡にいた真壁氏の旗指物です。いかつい猪がカッコいいですね。
真壁氏は現在の茨城県桜川市のあたりを本拠地とし、その歴史は古く、鎌倉時代から約400年間この地を支配しました。

戦国時代、真壁氏は北関東の雄・佐竹氏と、南関東を席巻する後北条氏の間をうまく渡り歩き、佐竹氏の家臣として戦国乱世の荒波を乗り切ります。特に戦国時代に活躍した真壁氏幹は「鬼真壁」と呼ばれるほど強い武将だったそうです。
そんな真壁氏が旗指物のデザインに用いたのが「猪」です。摩利支天そのものを旗指物にする武将も多かったようですが、真壁氏は勇猛な猪に武士としての己の姿を重ねたのかもしれませんね。

真壁城跡(茨城県桜川市)

真壁城

真壁城

via 撮影:みかめゆきよみ
長い間真壁氏が拠点としていたお城です。真壁氏は主家である佐竹氏の移封にあわせて真壁郡を去りますが、現在も当時の姿を偲ぶことができます。国指定の史跡になっており、土塁や堀が整備され、とても歩きやすくなっています。
真壁城の復元土塁と食い違い虎口

真壁城の復元土塁と食い違い虎口

via 撮影:みかめゆきよみ
真壁城は台地上に造られたお城。15~17世紀初頭の外曲輪が発掘・整備されています。歩きやすく、スニーカーでも大丈夫。規模も多きすぎず小さすぎず、土塁や堀や虎口といった遺構もわかりやすいため、土の城の初心者にオススメです。
真壁の街並み

真壁の街並み

via 撮影:みかめゆきよみ
真壁城の西には、古き良き街並みが残っています。約400年前、真壁氏の時代に町割りの基礎ができ、その後この地を支配した浅野氏が完成させました。平成22年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。建物好きにもたまらないスポットです。
真壁伝承館

真壁伝承館

via 撮影:みかめゆきよみ
真壁陣屋のあった場所に建てられた真壁伝承館。歴史資料館や図書館や公民館が併設され、住民の憩いの場にもなっています。
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みかめゆきよみ

みかめゆきよみ

漫画家、イラストレーター、ライティングも少々。プロの真田幸村ファン(自称)。火縄銃・居合などの実践経験を活かした記事が得意。エンタメを通じて歴史の楽しさを伝えることがモットー。著書に『ふぅ〜ん、真田丸』(実業之日本社)。『北条太平記』(桜雲社)。『戦国の城がいちばんよくわかる本』(西股総生著 KKベストセラーズ/イラスト担当)、『真田幸村の系譜 直系子孫が語る四〇〇年』(真田徹著 河出書房新社/ 執筆協力 )。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
西股先生と行く城歩き女子会第2弾!「小田原城」は裏側が面白い

西股先生と行く城歩き女子会第2弾!「小田原城」は裏側が面白い

関東では梅雨まっただ中の6月中旬、神奈川県小田原市に、カメラを抱えた女性たちが集合しました! 彼女たちのお目当ては名城「小田原城」。天守閣の周辺はもちろん、あまり知られていないマニアックなスポットも歩いてきましたよ。
小机城がSNS映えするって本当!?ユカリノ城歩き女子会レポート

小机城がSNS映えするって本当!?ユカリノ城歩き女子会レポート

土の城を歩いた後に画像データを振り返ると、茶色や緑色ばかりの写真が並ぶ…というのは、城好きのあるある話! 色味がない土の城がインスタ映えしないって、本当なのでしょうか? 本イベントのテーマは、ずばり土の城の写真撮影。小机城のフォトジェニックな姿を激写してきましたよ!
初夏の小田原城を満喫しよう!女子限定の城歩きイベント第2弾を開催

初夏の小田原城を満喫しよう!女子限定の城歩きイベント第2弾を開催

城に興味はあるけれど、城の見方や歩き方がよくわからない…。そんな城初心者のために、ユカリノでは女子限定の城めぐりイベントを6月16日(土)に企画しました。今回は、北条五代ゆかりの城でもあり、関東の名城として人気の「小田原城」(神奈川県小田原市)を歩きます。城歩きのプロがしっかりサポートしてくれますので、初心者でもお一人様でも安心してご参加ください。
【締切間近!】神奈川県横浜市・小机城を歩こう!女子限定城めぐりイベント開催

【締切間近!】神奈川県横浜市・小机城を歩こう!女子限定城めぐりイベント開催

城好きはもちろん、歴史ファンも注目の「戦国の城」。ユカリノでは「城の歩き方がわからない」という初心者の方のために、首都圏にありながら戦国の城の醍醐味が味わえる小机城(神奈川県横浜市)で5月19日(土)女子限定の城歩きイベントを開催。お一人様&初心者大歓迎!城歩きのプロとともに、土の城を歩いてみませんか?
【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

春といえば桜。かっこいい天守をもつ城と美しい桜という、日本ならではの最強コンビが楽しめる季節がやってきます。桜の名所としても名高い城を開花が早いと予想される地域から順にご紹介。祭りやライトアップなどイベントも盛りだくさん。ひと足お先に春を感じて見ませんか?
今年も大盛況!お城好きのための祭典「お城EXPO2017」レポート

今年も大盛況!お城好きのための祭典「お城EXPO2017」レポート

昨年の初開催に続き、今年もパシフィコ横浜にて12月22日(金)〜24日(日)に開催された「お城EXPO2017」。城にまつわる貴重な展示や、専門家による講演会など、城好きにはたまらないプログラム満載で、3日間で延べ約1万9100人の来場者が訪れました(お城EXPO実行委員会調べ)。城ファンの熱気に包まれた3日間のうち、22日の様子をお届けします!
【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

2017年も残りわずか。12月も年の締めくくりにふさわしい歴史イベントが開催されます。全国各地で開催される「忠臣蔵」のお祭りに、大河ドラマ「西郷どん」関連の施設の登場、そしてお城好きのための祭典「お城EXPO2017」と、歴史好きならどれもはずせないコンテンツが目白押しです。立花宗茂など、周年記念の展覧会もあり。年末も盛り上がっていきましょう!