政治より芸術!東山文化を築いた将軍・足利義政ゆかりの地
2017年1月20日 更新

政治より芸術!東山文化を築いた将軍・足利義政ゆかりの地

皆さんは、足利義政にどんなイメージをお持ちですか?政治は苦手、芸術三昧でおよそ将軍らしいことは何もしなかった…そんな感じでしょうか。しかし将軍は失格でも、日本の芸術面の発展には多大な貢献をしていました。銀閣寺をはじめとした、義政ゆかりの地と東山文化についてご紹介しましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

足利義政ってどんな人?

足利義政肖像画

足利義政肖像画

「芸術家として生まれたかったのかもしれません」
永享8(1436)年、室町幕府6代将軍・足利義教の三男として、義政は生まれました。正室は恐妻として有名な日野富子です。
8代将軍となった当初の義政は将軍の独裁権の強化を図るも、側近や母・妻の実家日野氏、守護大名たちの政治介入によって挫折を味わいます。やがてそれが彼の興味を政治から芸術へと逸らせてしまい、守護大名たちが好き勝手した挙句に「応仁の乱」を起こすこととなってしまったのでした。
応仁の乱

応仁の乱

しかし、義政は芸術に関する見識が高く、多くの芸術家のパトロンとなり、銀閣寺をはじめとする東山文化の形成に大きく貢献しました。ただ、戦乱や天災で幕府も民衆も困憊している中での銀閣寺建設などは人々の反感を買ってしまいます。

芸術面には優れた感覚を持ちながらも、政治感覚には恵まれなかった、というか感覚すら持とうとしなかった感はありますね。
そして、彼以降、幕府は衰退の道を歩むこととなるのです。

東山文化のわびとさび

龍安寺の枯山水

龍安寺の枯山水

禅の世界を感じてみる
義政が建てた銀閣寺の前身・東山山荘を中心に栄えた文化を東山文化といいます。質素や静かなものに奥深さや美しさを見出す、「わびとさび」の文化でした。対照的なのは、彼の祖父・義満が建てた金閣寺など豪華絢爛たる北山文化ですね。

能や茶道、華道、庭園や建築などほぼすべての分野で新たな潮流となった東山文化の中で、絵画では狩野派の祖・狩野正信などが世に出てきたのでした。庭園なら龍安寺や大徳寺の枯山水が代表的です。

義政ゆかりの地といえばやっぱり銀閣寺

雪の銀閣寺

雪の銀閣寺

本物の銀世界?寒さを我慢して見てみたい
向月台

向月台

銀閣寺にある大きな砂盛
文明5(1473)年に将軍職を退いた義政は、その9年後から東山山荘の建設を始め、芸術三昧の日々を送ります。これが銀閣寺の起源となる建物です。義政が延徳2(1490)年に没すると臨済宗の寺院となり、彼の法号「慈照院」より慈照寺と名付けられました。

現在私たちが認識している銀閣寺(銀閣寺という呼称自体は江戸時代から)は、正式には慈照寺観音殿という建物になります。木造2階建ての楼閣は、杮葺きの屋根と黒漆塗の壁で、てっぺんには銀製の鳳凰があしらわれています。

応仁の乱の直後にこの建設を始め、人々が疲弊していたにもかかわらず税や労役を課して造らせたため、義政のイメージは相当悪くなってしまいました。

義政ゆかりの品がある真如堂

27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 勝竜寺城、宮津城…】家族運に恵まれなかった!?細川忠興ゆかりの地・前編

【 勝竜寺城、宮津城…】家族運に恵まれなかった!?細川忠興ゆかりの地・前編

1563年(永禄6)11月28日は、天下一気が短い大名として名高い細川忠興の誕生日(新暦)。83歳まで生きた忠興は、山城勝竜寺から始まり、丹後宮津、豊前小倉、肥後八代と、時代の流れとともに居住地を変えていきます。武将としての輝かしい戦歴、外様大名としての政治力を持ちながらも、実はその人生は家族運に恵まれず、一家離散の危機ばかり。今回はその人生の前半戦、山城・丹後時代の縁の地をご紹介します。
【織田信長最大のライバル!?】顕如と石山本願寺・石山合戦ゆかりの地

【織田信長最大のライバル!?】顕如と石山本願寺・石山合戦ゆかりの地

天正20年(1592)11月24日、織田信長と10年以上も死闘を繰り広げた石山本願寺のトップ・顕如が没しました。信長にとって、顕如は最大のライバルともいうべき脅威だったんです。今回は石山本願寺と石山合戦ゆかりの地、そして本願寺が西と東に分かれた経緯も交えてご紹介したいと思います。
前田利家&まつ、大山巌&捨松…あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

前田利家&まつ、大山巌&捨松…あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

11月22日は「いい夫婦の日」。歴史上にもおしどり夫婦と呼ばれるカップルがいますが、みなさんは誰に憧れますか?戦国の動乱を夫婦の絆で乗り越えた利家とまつ、追われる夫の危機を救った幕末を代表する夫妻・龍馬とおりょうなど、今回は時代を超えて親しまれるおしどり夫婦5組のゆかりの地をお届けします。ぜひ、その地をめぐって幸せなふたりにあやかりましょう♪
【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

怨霊伝説で有名な平将門。実は日本史上に大きな業績を残しています。平安時代に武士団の脅威を朝廷に知らしめて貴族の社会から武士の社会へと移行するきっかけを作り、戦国時代には当たり前の騎馬戦の始まりも将門軍だったといいます。また怨霊のイメージとはうらはらに、とても優しい人物だったようです。将門の業績と怨霊化の要因となった「平将門の乱」と、加護のパワーを持つとされる将門ゆかりの地をご案内いたしましょう。
【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

慶応3年(1867)11月15日、京都の近江屋で坂本龍馬とともに襲われた中岡慎太郎は、その2日後の11月17日に亡くなります。龍馬の活躍の陰に隠れがちな慎太郎ですが、薩長同盟が盟約したのは彼の働きがあってこそとも言われています。今回は中岡慎太郎の生涯を追うともに、彼が結成した陸援隊とそのゆかりの地をご紹介します。
御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!
【まだまだブーム】京都全土に点在する、応仁の乱ゆかりの場所を制覇しよう!

【まだまだブーム】京都全土に点在する、応仁の乱ゆかりの場所を制覇しよう!

将軍家の後継者争いをはじめ、管領、有力守護まで巻き込んで続いた「応仁の乱」。勃発から550年を迎えた今、研究者はもちろん歴史ファンからも熱い視線を浴び、新書や特集本が多数出版されています。今回は、11年という長きにわたって戦場となっていた京都のゆかりスポットをご紹介。古戦場やゆかりの地を実際に歩いてみれば、そのスケールの大きさを実感できるはずです。
【花より女子(おなご)!?】秀吉最期のビッグイベント「醍醐の花見」ゆかりの地

【花より女子(おなご)!?】秀吉最期のビッグイベント「醍醐の花見」ゆかりの地

人生最期の花見として豊臣秀吉が開催した「醍醐の花見」。男性はほとんど参加できず、1300人もの女性に参加者が限られた舞台裏。平安時代から「花の醍醐」と知られた桜の名所、醍醐寺についてもご紹介します。
【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

3月に入り桜の開花が気になる時期になってきました。名城を彩る桜は、昔から変わらず目を愉しませてくれますね。数ある名城で開催される桜イベントの中から、3月に開催される注目の桜イベントを5つ厳選しました。
武将茶人って何者?へうげもの也!古田織部ゆかりの地まとめ

武将茶人って何者?へうげもの也!古田織部ゆかりの地まとめ

2月28日は「織部の日」。慶長4(1599)年2月28日、豊臣秀吉の茶頭・古田織部が自ら焼いた茶器を用いて茶会を開いた記録があることから岐阜県が制定した記念日です。古田織部と言えば、「天下一の茶人」や「武将茶人」とも呼ばれています。そんな古田織部ゆかりの地をご紹介。今に残る織部の作品を見て、織部の生き様や作風に触れてみてはいかがでしょうか。