お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選
2018年8月17日 更新

お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

夏に人気の観光地・北海道。2018年は「北海道」命名150年ということで、道内各地で記念のグッズが販売されています。なかには期間・数量限定で今しか購入できないものも。今回はその中から、夏休みの旅行のお土産におすすめしたい限定お菓子をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「北加伊道ポテトチップス山わさび味」(カルビー株式会社)

 (22960)

カルビー株式会社からは、北海道命名150年を記念した新商品「北加伊道ポテトチップス山わさび味」が8月6日(月)から道内限定で発売。
商品名の「北加伊道(ほっかいどう)」とは、明治2(1869)年に松浦武四郎が明治政府に対し「蝦夷地」に代わる新たな名称として提案したものです。ちょっとレトロなパッケージも可愛いですよね。
商品は無くなり次第終了(8月下旬終売予定)とのことなので、購入できるのはまさに今だけ!
北海道150年の歴史とともに噛みしめたいポテトチップスです。

お土産の定番も限定パッケージに「北海道開拓おかき」(株式会社北菓楼)

写真提供:株式会社北菓楼 (23024)

via 写真提供:株式会社北菓楼
北海道のお土産の定番「北海道開拓おかき」(北菓楼)では、北海道150年を記念した限定パッケージが登場。
開拓時代、北海道では一月十五日前後の小正月の頃になると、お正月のお供え餅を揚げて食べていたといいます。それを再現した「北海道開拓おかき」の限定パッケージでは北海道の古地図をモチーフにしたデザインとなっています。
いつもお土産に買うという方は、今なら限定パッケージがおすすめです。
<商品概要>
商品名:北海道開拓おかき 詰め合わせ3本入 北海道150年限定パッケージ(函館いか、えりも昆布、枝幸帆立)
販売価格:1,428円(税込)
※百貨店など一部の店舗では販売価格が変わります。予めご了承ください。
販売期間:2018年7月1日~12月末日(予定)

配って楽しい「北海道179市町村サイコロキャラメル」(道南食品株式会社)

北海道179市町村サイコロキャラメル5本入

北海道179市町村サイコロキャラメル5本入

via 写真提供:道南食品株式会社
道南食品株式会社からは、北海道150年記念商品として「北海道179市町村サイコロキャラメル」が期間限定発売。北海道の179市町村名が個箱に5市町村ずつランダムに入っており、北海道をめぐるサイコロの旅が楽しめます。
また、サイコロと言えばすごろくということで、5本入りパック(税抜き800円)には、「北海道」の名付け親・松浦武四郎が作成した『新板蝦夷土産道中寿五六』のレプリカがおまけとしてついてきます。
会社や学校などで配りやすく、話のネタにもなるのでお土産にぴったりですね。
<商品概要>
商品名:北海道179市町村サイコロキャラメル 5本入
販売価格:864円(税込)
※1箱に市町村名が重複している場合もあります。
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

薩摩藩出身の明治の重鎮といえば、黒田清隆を忘れてはいけません。第2代内閣総理大臣であり、北海道開拓の第一人者としても大きな功績を挙げた黒田。しかし一方で、酒乱という困った一面もありました。そのせいで、妻に関する良からぬ噂も…?今回はそんな黒田清隆にまつわるエピソードやゆかりの地をご紹介します。
【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

明治2(1869)年8月15日、それまで蝦夷地と呼ばれていた島は松浦武四郎の命名案「北加伊道」を元に「北海道」と名付けられました。2018年は命名150年目の節目として、記念イベントが盛大に行われています。難読地名と本州で馴染み深い地名が多く見られる北海道。地名にはそれぞれ、アイヌ民族の歴史、和人流入の歴史が刻まれています。ここでは10の地名と由来を紹介しながら、その歴史を紐解いていきます。
命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

2018年は北海道命名150年記念の年。道内各地で記念事業が行われるなか、改めて注目を集めている人物こそ、北海道の名付け親といわれる松浦武四郎です。北海道博物館では6月30日から特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」を開催。特別展の見どころとともに、北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」でも注目を集める武四郎の生涯をご紹介します。
『ゴールデンカムイ』効果で注目!北海道・博物館 網走監獄が面白い

『ゴールデンカムイ』効果で注目!北海道・博物館 網走監獄が面白い

旧網走刑務所にあった25の建造物が移築復原、再現建設された博物館 網走監獄。「北海道開拓と監獄受刑者」をテーマとした野外歴史博物館として、北海道の人気観光スポットのひとつです。近年では漫画『ゴールデンカムイ』の舞台として登場したことで、聖地巡礼するファンも訪れるなど改めて注目を集めています。そんな博物館 網走監獄の歴史と、漫画の聖地巡礼スポットをご紹介!
函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

『ゴールデンカムイ』『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』など、コミック界で盛り上がりをみせる幕末・明治維新期の北海道。ここは旧幕府軍と新政府軍が激突した戊辰戦争の終焉地であり、旧幕府軍として戦った土方歳三の最期の地でもあります。北海道に上陸してから最期まで、土方の足跡を辿ります。
アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

明治時代の北海道が舞台の歴史マンガ『ゴールデンカムイ』。巧みな時代考証や忠実に描写されたアイヌ文化など、歴史ファンも唸る珠玉の作品は、2018年4月よりアニメも始まり、ますます注目が集まっています。そんな『ゴールデンカムイ』をより深く楽しむためのスポットをご紹介します。
【神々の国の首都】小泉八雲が愛した島根県松江市でゆかりの地散歩

【神々の国の首都】小泉八雲が愛した島根県松江市でゆかりの地散歩

今から約120年前、「雪女」や「ろくろ首」「耳無芳一の話」などの日本の怪談を、情緒豊かな文学作品にした小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)。彼によって日本古来の伝統や文化が、広く海外に紹介されました。その八雲がこよなく愛したのが島根県松江市です。水郷と称される美しい城下町・松江の、小泉八雲ゆかりの場所をご紹介します。
明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

今年は明治維新150年という節目の年。明治45(1912)年9月13日は、その明治という時代と共にあった明治天皇の大喪が行われた日、そして乃木希典・静子夫妻が殉死した日にあたります。今回は明治天皇と乃木希典、そして二人の人徳を今に伝える明治神宮と乃木神社をご紹介します。
天ぷらのルーツも南蛮から!日本で愛されている料理の意外な歴史

天ぷらのルーツも南蛮から!日本で愛されている料理の意外な歴史

日本に初めて伝来した西洋料理、それが南蛮料理です。天文12年(1543)、種子島に鉄砲が伝来すると、戦国大名たちは競って海外からの文化を取り入れました。南蛮料理もそうした南蛮文化のひとつ。主にポルトガル人によってもたらされたといわれています。日本食だと思っていたあの料理も、実は南蛮が由来だった…!?
平安美女・小野小町の美容食は『熊の掌』だった!【偉人が愛した肉料理:第5回】

平安美女・小野小町の美容食は『熊の掌』だった!【偉人が愛した肉料理:第5回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。第5回は小野小町が食べていたといわれる『熊の掌』です。コラーゲン豊富で女性におすすめという熊の掌、小町の美の秘訣はその食べ方にあった?