3月は梅が見頃!最後の将軍・徳川慶喜も学んだ日本最大の藩校・弘道館
2018年3月2日 更新

3月は梅が見頃!最後の将軍・徳川慶喜も学んだ日本最大の藩校・弘道館

水戸藩9代藩主・徳川斉昭によって開設された藩校・弘道館(茨城県水戸市)。江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜も、幼少期はここで学び、大政奉還後は謹慎生活を送りました。また梅の名所としても知られ、3月31日(土)まで開催中の「水戸梅まつり」では正門の特別開放やライトアップも行われます。まさに今が見頃の弘道館をご案内!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本最大の藩校・弘道館

正庁・正席の間の床の間にかけらた弘道館記碑拓本。建学の...

正庁・正席の間の床の間にかけらた弘道館記碑拓本。建学の精神を示した「弘道館記」は、徳川斉昭の起草、藤田東湖の草稿により、天保9年(1838)に斉昭の名で公表されました。

via 写真提供:弘道館
旧水戸藩の藩校である弘道館は、9代藩主徳川斉昭が推進した藩政改革のひとつとして開設されました。
天保12年(1841)8月1日に仮開館式が挙行され、さらに15年余の年月を経て、安政4年(1857)5月9日に本開館式の日を迎えます。
弘道館にある徳川斉昭像

弘道館にある徳川斉昭像

改革派の人材を登用し西洋式軍備を導入、民政を重視して藩財政基盤の再建に務めた斉昭。ペリー来航後は幕府に海防参与として迎えられますが、尊攘派としての立場を貫き、井伊直弼と対立します。

面積も内容も日本最大規模

弘道館・正庁

弘道館・正庁

学校御殿ともいい、藩主臨席のもと試験が行われたり、儀式などに使われました。

via 写真提供:茨城県
江戸時代には日本最大規模の面積を誇った弘道館。残念ながら幕末の藩内抗争で文館、武館、医学館などを、太平洋戦争では八卦堂、鹿島神社、孔子廟などを焼失してしまいました。
それでも中心となる正門、正庁、至善堂は創建当時のまま現存し、国の重要文化財に指定されています。
江戸時代の弘道館を描いた鳥瞰図。その広大さがわかります。

江戸時代の弘道館を描いた鳥瞰図。その広大さがわかります。

via 写真提供:弘道館
また弘道館では学問と武芸の両方が重視され、学問では儒学や礼儀、歴史、天文、数学、地図、和歌、音楽など、武芸では剣術、槍、柔術、兵学、鉄砲、馬術、水泳など、実に多彩な科目が教えられていました。まるで総合大学と呼べる規模と内容は、徳川斉昭の教育への熱意がうかがえます。

他藩の藩士にも影響を与えた「水戸学」の拠点

この弘道館を舞台に「水戸学」が発展し、その思想は吉田松陰や西郷隆盛など多くの幕末の志士にも大きな影響を与えたといわれ、後に明治維新の原動力になっていくのです。
来館者控えの間である諸役会所。「尊攘」の掛け軸は、水戸...

来館者控えの間である諸役会所。「尊攘」の掛け軸は、水戸藩の藩医で能書家で知られた松延年の筆で、安政3年(1856)に斉昭の命で書かれました。

via 写真提供:弘道館

徳川慶喜も学んだ弘道館

徳川慶喜

徳川慶喜

大河ドラマ「西郷どん」では松田翔太さんが演じる慶喜。ドラマでの「ヒー様」という呼び名は、一橋慶喜の「ひ」からとったものだとか。
天保8年(1837)、斉昭の七男として生まれた慶喜は、5歳から11歳までこの弘道館で学びます。当時から優秀で、「家康の再来」とも称されていたとか。

そして弘化4年(1847)、老中・阿部正弘の口添えにより、わずか11歳で一橋家を相続します。一橋家とは、将軍候補を輩出する御三卿のひとつです。
12代将軍・徳川家慶の死後、島津斉彬らによって将軍に推されますが、実現しなかったばかりか、大老の井伊直弼によって隠居・謹慎処分になってしまいました。
31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。
西郷隆盛も尊敬!水戸藩の学者・藤田東湖ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第7回】

西郷隆盛も尊敬!水戸藩の学者・藤田東湖ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第7回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第7回は、藤田東湖ゆかりの地・水戸。西郷隆盛が師として敬った水戸藩の学者・藤田東湖は、徳川慶喜の父・斉昭の側近としても活躍。西郷や吉田松陰だけでなく、全国の志士や大名にまで影響を与えた人物です。今回はそんな藤田東湖のルーツをご案内します。
【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

慶応3年(1867)11月15日、京都の近江屋で坂本龍馬とともに襲われた中岡慎太郎は、その2日後の11月17日に亡くなります。龍馬の活躍の陰に隠れがちな慎太郎ですが、薩長同盟が盟約したのは彼の働きがあってこそとも言われています。今回は中岡慎太郎の生涯を追うともに、彼が結成した陸援隊とそのゆかりの地をご紹介します。
【 鷹見泉石、足利成氏、源頼政…】ご当地キャラ「こがにゃんこ」とめぐる古河のヒーローゆかりの地

【 鷹見泉石、足利成氏、源頼政…】ご当地キャラ「こがにゃんこ」とめぐる古河のヒーローゆかりの地

戦国時代は古河公方の本拠地として、江戸時代は古河藩としてそして日光街道の宿場町・古河宿として栄えた茨城県古河市。幕末の蘭学者・鷹見泉石、鵺退治の源頼政、古河公方の足利成氏など、古河にゆかりのある人物がネコになった!?古河市非公認ご当地キャラ「こがにゃんこ」の作者・小太刀御禄が、こがにゃんこと共に、そのモデルになった古河のヒーローたちのゆかりの地をご案内します。
「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。
幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕末から明治維新にかけ、各藩から優れた人材が登場しました。横井小楠もその一人。熊本藩出身の彼は福井藩で力を認められ、ついには新政府の参与にまでなりました。彼がどんな考えを持ち、多くの志士や幕府重鎮を動かしてきたのか、ゆかりの地と共にご紹介します。
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

西郷隆盛より6歳も年下でありながら「先輩としては藤田東湖に服し、同輩としては橋本左内を推す」といわしめた若者、それが橋本左内です。左内は24歳という若さで、幕末の四賢候と讃えられる福井藩主・松平春嶽の側近に抜擢され、国事に奔走しました。彼の功績と活躍の舞台となったゆかりの地をご紹介します。
実はスゴイ!龍馬の先を行った男・赤松小三郎、幕末を駆け抜けた生涯とゆかりの地

実はスゴイ!龍馬の先を行った男・赤松小三郎、幕末を駆け抜けた生涯とゆかりの地

坂本龍馬の「船中八策」は、大政奉還や議会政治などの考えが盛り込まれた、当時としては画期的なものでした。しかし、議会政治などの考えを龍馬よりも先に唱えていた人物がいたのです。それが、赤松小三郎という上田藩士。議会開設や人民平等という先進的な考えを誰よりも先に持っていた彼の生涯とゆかりの地をご紹介します。