3月は梅が見頃!最後の将軍・徳川慶喜も学んだ日本最大の藩校・弘道館
2018年3月2日 更新

3月は梅が見頃!最後の将軍・徳川慶喜も学んだ日本最大の藩校・弘道館

水戸藩9代藩主・徳川斉昭によって開設された藩校・弘道館(茨城県水戸市)。江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜も、幼少期はここで学び、大政奉還後は謹慎生活を送りました。また梅の名所としても知られ、3月31日(土)まで開催中の「水戸梅まつり」では正門の特別開放やライトアップも行われます。まさに今が見頃の弘道館をご案内!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本最大の藩校・弘道館

正庁・正席の間の床の間にかけらた弘道館記碑拓本。建学の...

正庁・正席の間の床の間にかけらた弘道館記碑拓本。建学の精神を示した「弘道館記」は、徳川斉昭の起草、藤田東湖の草稿により、天保9年(1838)に斉昭の名で公表されました。

via 写真提供:弘道館
旧水戸藩の藩校である弘道館は、9代藩主徳川斉昭が推進した藩政改革のひとつとして開設されました。
天保12年(1841)8月1日に仮開館式が挙行され、さらに15年余の年月を経て、安政4年(1857)5月9日に本開館式の日を迎えます。
弘道館にある徳川斉昭像

弘道館にある徳川斉昭像

改革派の人材を登用し西洋式軍備を導入、民政を重視して藩財政基盤の再建に務めた斉昭。ペリー来航後は幕府に海防参与として迎えられますが、尊攘派としての立場を貫き、井伊直弼と対立します。

面積も内容も日本最大規模

弘道館・正庁

弘道館・正庁

学校御殿ともいい、藩主臨席のもと試験が行われたり、儀式などに使われました。

via 写真提供:茨城県
江戸時代には日本最大規模の面積を誇った弘道館。残念ながら幕末の藩内抗争で文館、武館、医学館などを、太平洋戦争では八卦堂、鹿島神社、孔子廟などを焼失してしまいました。
それでも中心となる正門、正庁、至善堂は創建当時のまま現存し、国の重要文化財に指定されています。
江戸時代の弘道館を描いた鳥瞰図。その広大さがわかります。

江戸時代の弘道館を描いた鳥瞰図。その広大さがわかります。

via 写真提供:弘道館
また弘道館では学問と武芸の両方が重視され、学問では儒学や礼儀、歴史、天文、数学、地図、和歌、音楽など、武芸では剣術、槍、柔術、兵学、鉄砲、馬術、水泳など、実に多彩な科目が教えられていました。まるで総合大学と呼べる規模と内容は、徳川斉昭の教育への熱意がうかがえます。

他藩の藩士にも影響を与えた「水戸学」の拠点

この弘道館を舞台に「水戸学」が発展し、その思想は吉田松陰や西郷隆盛など多くの幕末の志士にも大きな影響を与えたといわれ、後に明治維新の原動力になっていくのです。
来館者控えの間である諸役会所。「尊攘」の掛け軸は、水戸...

来館者控えの間である諸役会所。「尊攘」の掛け軸は、水戸藩の藩医で能書家で知られた松延年の筆で、安政3年(1856)に斉昭の命で書かれました。

via 写真提供:弘道館

徳川慶喜も学んだ弘道館

徳川慶喜

徳川慶喜

大河ドラマ「西郷どん」では松田翔太さんが演じる慶喜。ドラマでの「ヒー様」という呼び名は、一橋慶喜の「ひ」からとったものだとか。
天保8年(1837)、斉昭の七男として生まれた慶喜は、5歳から11歳までこの弘道館で学びます。当時から優秀で、「家康の再来」とも称されていたとか。

そして弘化4年(1847)、老中・阿部正弘の口添えにより、わずか11歳で一橋家を相続します。一橋家とは、将軍候補を輩出する御三卿のひとつです。
12代将軍・徳川家慶の死後、島津斉彬らによって将軍に推されますが、実現しなかったばかりか、大老の井伊直弼によって隠居・謹慎処分になってしまいました。
31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。
第7回:西郷隆盛も尊敬!水戸藩の学者・藤田東湖ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第7回:西郷隆盛も尊敬!水戸藩の学者・藤田東湖ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第7回は、藤田東湖ゆかりの地・水戸。西郷隆盛が師として敬った水戸藩の学者・藤田東湖は、徳川慶喜の父・斉昭の側近としても活躍。西郷や吉田松陰だけでなく、全国の志士や大名にまで影響を与えた人物です。今回はそんな藤田東湖のルーツをご案内します。
【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

慶応3年(1867)11月15日、京都の近江屋で坂本龍馬とともに襲われた中岡慎太郎は、その2日後の11月17日に亡くなります。龍馬の活躍の陰に隠れがちな慎太郎ですが、薩長同盟が盟約したのは彼の働きがあってこそとも言われています。今回は中岡慎太郎の生涯を追うともに、彼が結成した陸援隊とそのゆかりの地をご紹介します。
【 鷹見泉石、足利成氏、源頼政…】ご当地キャラ「こがにゃんこ」とめぐる古河のヒーローゆかりの地

【 鷹見泉石、足利成氏、源頼政…】ご当地キャラ「こがにゃんこ」とめぐる古河のヒーローゆかりの地

戦国時代は古河公方の本拠地として、江戸時代は古河藩としてそして日光街道の宿場町・古河宿として栄えた茨城県古河市。幕末の蘭学者・鷹見泉石、鵺退治の源頼政、古河公方の足利成氏など、古河にゆかりのある人物がネコになった!?古河市非公認ご当地キャラ「こがにゃんこ」の作者・小太刀御禄が、こがにゃんこと共に、そのモデルになった古河のヒーローたちのゆかりの地をご案内します。
警察博物館“大警視コーナー”は必見!日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第15回

警察博物館“大警視コーナー”は必見!日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第15回

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第15回は、現在の警視総監にあたる初代大警視・川路利良ゆかりの地。川路ゆかりの品が多く展示されている東京の警察博物館を中心に、出生地・鹿児島にある銅像まで、その生涯を辿ります。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
戦国最弱?だけど愛された武将・小田氏治の華麗なる戦績

戦国最弱?だけど愛された武将・小田氏治の華麗なる戦績

現在の茨城県にあたる常陸国の戦国武将・小田氏治。記録にあるだけでも20回近く戦に敗北するという最弱?ぶりながら、家臣や領民に慕われ、さらに上杉謙信や佐竹義重など自分を敗った武将より長生きしました。そんな氏治こと天庵が大好きな歴史ナビゲーター・歴史作家の長谷川ヨシテルさんが彼の華麗なる戦績を語ります!
佐賀発祥の『葉隠』を体感しながら学ぶ!肥前さが幕末維新博「葉隠みらい館」

佐賀発祥の『葉隠』を体感しながら学ぶ!肥前さが幕末維新博「葉隠みらい館」

江戸時代の武士の心得がまとめられた『葉隠(はがくれ)』。伝え継がれて300年、今も多くの著名人に影響を与えています。その『葉隠』の魅力を体感しながら学べるのが、佐賀県で開催中「肥前さが幕末維新博覧会」のテーマ館である「葉隠みらい館」です。今あなたに必要な葉隠の名言を探し、今をより良く生きる“意志”を発見してみませんか?
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。
激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

まるで現在の漫画のような躍動感のある月岡芳年の浮世絵。歴史好きなら一度は見たことのあるのでは?幕末に生まれ明治にかけて活躍した芳年の展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」が8月5日(日)より練馬区立美術館で開催されます。最後の浮世絵師と呼ぶにふさわしい画業を堪能できる貴重な機会です。