戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【前編】
2019年1月14日 更新

戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【前編】

誰もが一度は考えるであろう「もしも過去にタイムスリップしたら?」という妄想。特に戦国や幕末といった時代にタイムスリップしちゃう系のお話しは、漫画や映画などでも人気の鉄板ネタとなっています。ですが、もし本当にタイムスリップしてしまったら…?考えると気になって眠れない!そんなあなたのために、今回は戦国時代に詳しい西股総生先生にその対処法を伺ってみました。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本人なら一度は妄想する!?戦国時代へのタイムスリップ

 (26589)

日本人なら一度は考えるであろう、「もしも戦国時代にタイムスリップしたら」問題。
最近では『信長協奏曲』や『アシガール』といった戦国タイムスリップ系漫画がドラマ化され、人気を博しています。

ところで、漫画や映画の登場人物たちは、いつもひょんなことから突然タイムスリップしてしまいますよね。つまり私たちも、いつ戦国時代へタイムスリップしてしまうか分からないのです。
明日は我が身。そう考えると、避難訓練と同様、誰もがタイムスリップしたときの対処法を知っておくべきだと思いませんか?

そこで今回は、人気作品や歴史上の人物を通して、“戦国タイムスリップあるある”を検証!
生き延びるための対処法やおすすめの身の振り方まで、戦国時代に詳しい専門家に伺ってみました。どうぞお時間のある時にご覧ください。

ご協力いただいた先生はこの人!

西股総生先生

西股総生先生

城郭・戦国史研究家。戦国史研究会、中世城郭研究会、日本考古学協会会員。著書に『戦国の軍隊』『「城取り」 の軍事学』(以上角川ソフィア文庫)、『図解 戦国の城がいちばんよくわかる本』『首都圏発 戦国の城の歩きかた』(以上KKベストセラーズ)、『杉山城の時代』(角川選書)など多数。2016年大河ドラマ『真田丸』では戦国軍事考証を務める。

専門家も納得!人気「戦国タイムスリップ」系作品のここがリアル

──そもそも歴史タイムスリップものは、いつからこんなに人気コンテンツとなったのでしょうか?

西股総生先生(以下、西股)「最近はライトノベルでも転生ものが流行っているけど、これもタイムスリップ系といえそうですね。タイムスリップものの草分けは、やはり1979年の映画『戦国自衛隊』(原作・半村良)ではないでしょうか。人気俳優がたくさん出演していたこともあり、当時話題になったのを覚えています。でも当時はまだSF作品という扱いでしたね。」
──戦国時代に詳しい西股先生ですが、こういった戦国タイムスリップ系作品のなかで、いちばん考証的にリアルに作られているなと感じた作品を教えてください。

西股「戦国時代の描き方がとてもリアルなのは映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』ですね。これは日本映画のなかでもピカイチです。主君と家臣の関係とか、武士や足軽のセリフ、武士の行動原理や合戦シーンがものすごいリアル。しかも、あのしんちゃんの絵で(笑)」

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]

1,500
春日部で平和に暮らしていたしんのすけが何故か突然戦国時代へとタイムスリップしてしまう。そこでひょんなことから、歴史上討たれるはずだった侍を救ってしまう。果たしてしんのすけ達はどうなってしまうのか?そして、変えられてしまった歴史はどうなるのか?
──意外ですね!他にも最近面白いと思った作品はありますか?

西股「『アシガール』もハマりましたよ。細かい設定が意外と現実的に作られているなと感じますね」

アシガール 1 (マーガレットコミックス) | 森本 梢子

453
速川唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生。何の目標もなくなんとなく過ごしていたある日弟の尊がつくったタイムマシンでうっかり戦国の世へ。そして人類史上初の足軽女子高生が誕生した──!
──『アシガール』は、“女子高生が戦国時代にタイムスリップして若君と恋に落ちる”というラブコメディですよね。それだけ聞くと、超非現実的にも思えますが…?

西股「設定をみると、ヒロインはまず農民になり、それから足軽になっている。出会いは偶然だったにしろ、徐々に出世していくことで、意中の若君とお近づきになっていますよね。
若君は地方の国衆くらいの家のようですが、会えるまでの大変さ加減もリアル。いきなり取り入るよりも現実味がありますよね。

そしてヒロインの強みである“足が速い”という点。これは戦場で活かせる能力として実に現実的だなあと思って見ていました。何かあれば走って逃げればいいんですから(笑)」

──なるほど。確かに、ヒロインの特徴が「足が速い」というのは珍しいですよね。それにお相手が、よくありがちな織田信長などの有名人ではない点もわきまえていますね。

西股「そうなんです。夢を壊してしまうかもしれませんが、もしタイムスリップしたとしても、いきなり織田信長に会えるなんてことは、まずありえません。」

戦国タイムスリップあるある①「織田信長との遭遇について」

現代の作品にも高頻度で登場する織田信長

現代の作品にも高頻度で登場する織田信長

どうやったら織田信長に会えるのか?

31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【後編】

戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【後編】

漫画や映画などで人気の「戦国タイムスリップ系」作品。前編に続き、いつタイムスリップしてしまうかわからない緊急事態に備え、戦国時代に詳しい西股総生先生にその対処法を伺ってみました。現代人が戦国の世で生きていくための術や、お近づきになるべき?歴史上の人物、さらに逆タイムスリップパターンの場合も考えてみました。
信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第2回は「長篠の戦い」です。1575年6月29日(天正3年5月21日)、織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼の軍勢が現在の愛知県新城市近辺で激突。織田軍による鉄砲隊の活躍により、当時最強といわれた武田騎馬隊は大敗。武田軍の名将たち最期の場所など、合戦ゆかりの地をご紹介します。
越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

室町時代から5代、約100年にわたって越前(福井県)を中心に栄華をきわめた朝倉氏。その城下町である一乗谷のにぎわいは、京のように華やかだったそうです。一時期は明智光秀も仕えたものの、織田信長に滅ぼされてしまった朝倉義景と、朝倉氏の繁栄と文化レベルの高さを偲ばせる一乗谷朝倉氏遺跡についてご紹介します。
本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

織田信長が居城・安土城で徳川家康に振る舞ったといわれる饗応膳「天正十年安土御献立」。安土城の近くにあるホテル「休暇村近江八幡」(滋賀県近江八幡市)ではそれを再現した饗応膳を1日10食限定で提供中です。本能寺の変の引き金?ともいわれる膳にまつわる逸話と再現された「信長饗応膳」をご紹介します。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
第1回:桶狭間の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ】

第1回:桶狭間の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載がスタート。第1回は「桶狭間の戦い」です。織田信長が今川義元を討ち取り、天下統一への足掛かりとした合戦はどんな場所で行われたのか?信長の足跡を辿りながら、合戦の経緯とゆかりの地をご紹介します。
戦国武将たちも好んで食べた、お茶漬けの原型「湯漬け」

戦国武将たちも好んで食べた、お茶漬けの原型「湯漬け」

ご飯に湯をかける「湯漬け」は、手早く食べられることもあり、戦国武将に好まれていました。大河ドラマ『真田丸』で、北条氏政の汁かけ飯のシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。今回は、武将も好んで食べた「湯漬け」にまつわるエピソードと、その後お茶漬けがどのように誕生したのかをご紹介します。
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
信長に信頼され、秀吉も恐れた!?稀代の戦国武将・蒲生氏郷

信長に信頼され、秀吉も恐れた!?稀代の戦国武将・蒲生氏郷

あの織田信長に見込まれた戦国武将・蒲生氏郷。もう少し長生きしていれば…と歴史好きなら誰もがそう思う名将です。その才能を重宝した秀吉も、実は内心恐れていたのではないかとさえいわれているほどなんですよ。近江で生まれ、伊勢、会津と転封となった氏郷のゆかりの地を巡りながら、彼の生涯をご紹介します。
第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第6回は織田信長の最後の居城で、信長の覇王としての象徴でもあった安土城をご紹介します。今でも残る石垣などから信長が居城とした当時を想像できる素晴らしい城跡です。そんな安土城のオススメのポイントを、写真を中心に紹介していきます。