平泉・那須・善光寺…御朱印で巡る源義経と主従たちゆかりの地
2018年5月24日 更新

平泉・那須・善光寺…御朱印で巡る源義経と主従たちゆかりの地

御朱印で巡る武将ゆかりの地。今回は平安末期に活躍した源義経とその従者をピックアップ!その悲劇的な最期が「判官びいき」という言葉を生んだほど日本人の心にグッとくる武将・源義経。さらに彼には個性豊かな郎党が従っており、「義経伝説」を鮮やかに彩っています。そんな彼らにゆかりのある地を巡ってみましょう。

みのうち社みのうち社

源義経最期の地・高館義経堂(岩手県平泉町)

高館義経堂 拝観入口

高館義経堂 拝観入口

拝観料は大人200円、小・中学生50円。拝観時間は午前8時30分~午後4時30分で年中無休です。
via 写真提供:みのうち社
義経最期の地と伝えられる「高館義経堂」。
源氏勝利の立役者となった義経ですが、論功行賞に不満を抱き、後白河法皇から官位を授かるなどの勝手な行動が目立つように・・・。武士による政治を行いたい頼朝にとって邪魔な存在になります。
これを受けて義経は打倒頼朝を掲げて挙兵しますが、兵が集まらずに失敗。今度は頼朝に追われる立場になってしまうのです。
源義経

源義経

源氏を勝利へと導いたにも関わらず兄・源頼朝と対立する義経。
義経主従は逃避行のすえ、かつて身を寄せた奥州平泉の藤原秀衡のもとに逃れます。
秀衡死後はその息子泰衡が義経を庇護しますが、奥州にも義経討伐の宣旨が届き、さらに頼朝による奥州討伐の圧力も加わります。
泰衡はやむを得ず義経が居住していた高館を包囲。進退窮まった義経は自刃して果てたのです。
義経堂

義経堂

via 写真提供:みのうち社
入口から階段を登った高台にある義経堂。天和3年(1683)に仙台藩主4代目の伊達綱村が建立しました。
中には義経堂が造られた時に製作された木造の源義経公像があります。
源義経主従供養塔

源義経主従供養塔

義経とその従者を供養する目的で建てられた宝篋印塔(ほうきょういんとう)。義経を守るために無数の矢をあびて立往生した武蔵坊弁慶も一緒に供養されています。

via 写真提供:みのうち社
高館から見た北上川は絶景ポイント!かの有名な松尾芭蕉の...

高館から見た北上川は絶景ポイント!かの有名な松尾芭蕉の「夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡」はこの地で読まれたのだとか。

via 写真提供:みのうち社
高館義経堂の御朱印

高館義経堂の御朱印

中央に「義経大明神」と書かれています。高館は毛越寺の飛び地境内になりますが、御朱印は高館義経堂の拝観入口にていただくことが可能です。拝観前に御朱印帳を預けていきましょう。

via 写真提供:みのうち社

那須与一ゆかりの那須温泉神社(栃木県那須町)

那須温泉神社 拝殿

那須温泉神社 拝殿

via 写真提供:みのうち社
那須温泉神社は「なすゆぜんじんじゃ」と読みます。
その歴史は古く、舒明天皇の頃(奈良朝630年)に創建されたとされています。
延長5年(927)にまとめられた「延喜式神名帳」にもその名が記されています。

「那須」の名の通り、義経の郎党・那須与一にゆかりのある神社です。
那須与一は那須資隆の11男。10あまる1で与一、というわけです。
与一は義経の配下となり、一連の戦いでめざましい功績をあげます。
39 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みのうち社

みのうち社

歴史好きなイラストレーター&ライター、デザイナー、編集者の3人組。 武将の城や偉人の史跡、神社仏閣、美術など、身近にあるものでも最大限に楽しめる「歴史エコ」な情報を発信していきたいと思います。 今後は、各種イベントや本の企画など、歴史にまつわる仕事をしていく予定です。よろしくお願いします! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【アイヌの神様になった?】北海道に渡った源義経伝説ゆかりの地

【アイヌの神様になった?】北海道に渡った源義経伝説ゆかりの地

源頼朝による追討をかい潜って奥州へと落ち延びた源義経。歴史上では衣川館(岩手県平泉町)で自刃したとされていますが、義経は死なずにその後も生き延びたという言い伝えが東北各地に残されています。大陸に渡りチンギス・ハンになったという伝説も有名ですが、北海道に渡りアイヌの神になった、という伝説があるのをご存知でしょうか?
よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

全国津々浦々に存在する英雄像。数でいったら大多数は単体の銅像なのですが、この連載でも紹介した「坂本龍馬&中岡慎太郎」や「維新の門像」のように、カップル像や群像の像も多く存在します。そんな複数像の中でも変わり種といえるのが、一騎打ちを描いた銅像でしょう。わざわざ一騎打ちのシーンを選んで銅像化したというのは、その対決が世間一般にも有名で広く浸透しているという証し。単体の銅像を造るよりも単純に2倍の予算がかかるわけで、そのためか、どの一騎打ち像も力のこもった秀作揃いです! そんな日本史名シーンを描いた一騎打ち像を、3番勝負+特別試合で紹介しましょう。いま、対決のゴングが打ち鳴らされます!!! カーン、カーン、カーン!
【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

平家一門の栄枯盛衰を描いた『平家物語』。平清盛生誕900年を迎えるこの夏、国立公文書館では7月21日~9月1日まで企画展「平家物語―妖しくも美しき―」を開催。天狗・怨霊・物怪など、武士たちの物語の背後にある妖しくも美しい世界とは?一足先にその見どころをご紹介します。
歴史旅のお供に!夏の旅行に使える便利グッズ5選

歴史旅のお供に!夏の旅行に使える便利グッズ5選

そろそろ夏の旅行先も決まってくるこの時期。今回は旅先にあると便利な歴史グッズを厳選してご紹介。日焼けや虫対策など実用的なものから、旅の雰囲気を盛り上げるものまで。自分はもちろん、友人へのプレゼントにもぜひチェックしてみてください!
【5月27日は百人一首の日】平安一のモテ女子・和泉式部が復縁を願った!?京都・貴船神社

【5月27日は百人一首の日】平安一のモテ女子・和泉式部が復縁を願った!?京都・貴船神社

平安時代中期の女性歌人・和泉式部。紫式部からもその実力を認められながら、多くの男性と関係を持ち、時の権力者である藤原道長には「浮かれ女」と評されたことも。その華麗なる?遍歴と恋愛成就を祈願したというゆかりの地をご紹介します。
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
元親公ゆかりの地!高知・若宮八幡宮宮司が語る「長宗我部まつり」

元親公ゆかりの地!高知・若宮八幡宮宮司が語る「長宗我部まつり」

長宗我部氏ゆかりの地・高知県で毎年5月に行われる「土佐 長宗我部の陣」。今年もフェスとまつりの2本立て、高知県立歴史民俗資料館と若宮八幡宮で開催されます。まつりの開催地であり、長宗我部元親公ゆかりの地でもある若宮八幡宮の宮司さん自ら、まつりの見どころを教えてくださいました。まつり限定の御朱印も必見です!
約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

平将門が創建、最上義光によって再建されたといわれる山形県鶴岡市の羽黒山五重塔。「秘中の秘」とされた内部が約150年ぶりに公開中です。羽黒山を含む出羽三山は古くから修験道が盛んで、伊勢神宮と並ぶパワースポットともいわれています。今回は羽黒山五重塔とともに、夏の旅行にもおすすめの出羽三山をご紹介します。
織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

アロマテラピーがポピュラーになり、誰もが気軽に香りを楽しむようになった現代。その起源であり、古来より親しまれた「お香」は、貴族や武将に愛され、江戸時代には庶民にも広まるようになりました。かつては伊達政宗と前田利家、細川忠興がひとつの香木を巡って争ったといわれる、偉人と香りの関わりとともに、その歴史をご紹介します。
日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催

日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催

“畳寺”の愛称で親しまれる京都の清浄華院。4月29日の「畳の日」にちなみ、今年は前日の4月28日(土)に「畳寺の畳まつり」が開催されます。当日は、日本唯一の「畳供養」をはじめ、限定御朱印の授与やスイーツのプレゼントも。幕末には会津藩主・松平容保も逗留したことがある名刹のレアな行事をご紹介します。