彦根城×ブルーインパルスの華麗な競演!彦根眺城フェスに行ってきた
2017年6月5日 更新

彦根城×ブルーインパルスの華麗な競演!彦根眺城フェスに行ってきた

滋賀県彦根市にある国宝・彦根城。今年は築城410年祭が開催中です。そのイベントのひとつとして、2017年6月4日に航空自衛隊ブルーインパルスによる展示飛行が実施。彦根城もブルーインパルスも好きな編集部は、居ても立っても居られず…現地取材に行って来ました!そのレポートをお届けします。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

滋賀県初のブルーインパルス展示飛行に盛り上がる彦根市

 (4698)

イベントは4日が本番ですが、前日にテスト飛行もあるということで、3日から前乗りして彦根入りしました。
彦根駅に着いたら、まずは井伊直政公がお待ちかね。
「おんな城主 直虎」でも注目の直政公は、ご存じ彦根藩(佐和山藩)の初代藩主です。

彦根駅前と言えばやっぱり井伊直政像

撮影:ユカリノ編集部 (4695)

via 撮影:ユカリノ編集部
前日ですが近隣ではすでにブルーインパルスグッズがたくさん売られていました。記念にタオルとTシャツをゲット。ひこにゃんとのコラボが可愛いですね!
撮影:ユカリノ編集部 (4697)

via 撮影:ユカリノ編集部
メイン会場は金亀公園ですが、撮影するならやっぱり彦根城をバックに撮りたい!ということで、いざ天守へ。
天守近辺は、テスト飛行にも関わらず本番と変わらないほど混み合ってました。そして13時過ぎ、テスト飛行開始!
キターーー‼︎

キターーー‼︎

via 撮影:ユカリノ編集部
どこから飛んでくるかわからないブルーインパルスに、みんな撮影ポジションが分からず右往左往(笑)残念ながら城をバックに…という画がなかなか撮れませんでした。。
しかしテスト飛行があってよかった。いきなり本番だと、きっと全然心とカメラの準備ができなかったはず。
彦根城×ブルーインパルスの写真を撮らなきゃ東京に帰れません!!

そして当日、彦根眺城フェス本番!

いよいよ4日、本番の朝を迎えます。
当日は、彦根駅前で限定のうちわが配られており、配布開始の8時半前にはすでに大行列でした。
駅前の井伊直政像に見守られ、こちらも無事ゲット!
11時半には終了してしまったようなので、早めに行ってよかった…。
ユカリノ編集部 (4689)

via ユカリノ編集部
3時間で終了。まだ開始1時間半前です…
メイン会場の金亀公園への道も、朝9時頃から行列が。こちらでは特設ステージや、地元飲食店による「井伊椀グランプリ」も開催していました。
36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「おんな城主 直虎」でも注目!小悪魔ボーイだった井伊直政、寵愛を受けていたのは家康だけじゃなかった!「日本男色史巡り 第3回:井伊直政」

「おんな城主 直虎」でも注目!小悪魔ボーイだった井伊直政、寵愛を受けていたのは家康だけじゃなかった!「日本男色史巡り 第3回:井伊直政」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第3回は、話題の大河ドラマ「おんな城主 直虎」井伊直虎の養子・井伊直政。徳川四天王に列せられ、武田の赤備えを引き継いで、赤鬼と恐れられた猛将は実は「容顔美麗」と史書にも記された美少年だった!? そして、美少年が家康の他に、二股をかけた相手とは!?
【大河ドラマの主人公・井伊直虎が守り抜いた少年 】「徳川四天王」として恐れられた井伊直政ゆかりの地を巡る!

【大河ドラマの主人公・井伊直虎が守り抜いた少年 】「徳川四天王」として恐れられた井伊直政ゆかりの地を巡る!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」は柴咲コウさん演じる井伊直虎が主人公ですが、やがて登場するキーマンが、菅田将暉さん演じる井伊直政です。徳川家康の重臣であり猛将として知られた彼のゆかりの地をご紹介しましょう!
【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

のんびり過ごす年末年始もいいですが、せっかくのお休みですし、どこかに出かけてみませんか?今回は、年末年始でも間に合う!穴場的な偉人ゆかりの地や、おすすめスポットを紹介します。2018年に周年を迎える平清盛や伊能忠敬、特別番組で話題の「風雲児たち」ゆかりの地もこの時期ならねらい目ですよ。
【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

静岡県掛川市上土方にあった山城・高天神城。一般的に認知の低い城ですが、戦国時代は「高天神を制する者は遠州を制する」と言われるほどの重要拠点でした。このお城をめぐって、長年にわたり死闘を繰り広げてきた徳川家と武田家。両者はいかに戦ったのか。そしてこの戦いをきっかけに異例の出世を遂げた武将とは…!?高天神城争奪戦の内容を追っていきましょう!
【 初陣から元服まで 】家康の信頼を獲得していった井伊直政の活躍

【 初陣から元服まで 】家康の信頼を獲得していった井伊直政の活躍

井伊万千代(直政)の初陣は、天正4年(1576)2月7日、武田勝頼と交戦した遠江芝原の戦いであると言われています。それから天正10年(1582)、22歳で元服し「直政」と名乗るようになるまで、直政自身にも、主君である家康にも様々な事件が起こります。直政がどのようにして家康の信頼を獲得していったのか。今回は戦国時代の流れを追いながら、直政が初陣してから元服するまでの活躍をご紹介します。