西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第5回】
2018年7月27日 更新

西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第5回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第5回は、幕末維新期に活躍した志士たちの多くが眠る「青山霊園」(東京都港区)。今回は特に大久保利通や精忠組など、西郷隆盛の盟友たちのお墓を、西郷との関わりと共にご紹介します。大河ドラマ「西郷どん」ではどう描かれるのか?お墓参りに行けば、彼らをより身近に感じられるはず。

小栗さくら小栗さくら

伊地知正治(いじち・まさはる)の墓

伊地知正治(いじち・まさはる)の墓

(青山霊園 1種イ-9 22、23側1番甲)
via 提供:小栗さくら
3歳にして神童と呼ばれたほど頭が切れた伊地知は、熱病により片目・片足が不自由となってしまいます。それでも藩校の教授にのぼりつめ、その頭脳は西郷が「伊地知先生がいれば薩摩の軍略は大丈夫だ」と言ったほどだといわれています。
伊地知正治

伊地知正治

ある時、伊地知が西郷らと料亭で会食をしていた時のこと。刺客乱入騒ぎが起こり、伊地知は誰より早くその場を逃げ出してしまいました。結局その刺客騒ぎは誤解だったそうで、いち早く逃げた伊地知のことを、皆が臆病だと笑います。しかし西郷だけは、「伊地知先生の真骨頂はそこだ。軍略家は臆病さがなくては」と言ったという逸話があります。ブレーンのすべきことが分かっていたのですね。

戊辰戦争では白河口の戦いで、3倍以上の数を相手に圧勝する軍略を見せつけた伊地知。
大河ドラマ「八重の桜」で見た白河口の戦いを、今度は薩摩視点でどう描かれるのでしょうか。伊地知の一番の見せ所だと思うので、この場面もしっかり描かれることを期待しています。

【ひと休み】ランチは青山霊園近くの中華料理店へ

中華料理店「富徳」

中華料理店「富徳」

via 提供:小栗さくら
青山霊園は広く、階段もあるのでじっくり巡っているとお腹が空いてきちゃいますよね。
青山周辺でどのお店に入ればいいか分からない…という方は、是非「広東名菜 富徳」へ!
あの周富徳さんのお店ですが、お昼時は1000円ほどで美味しい中華料理を食べることができますよ。
「富徳」ランチメニュー

「富徳」ランチメニュー

お一人様で入っている人も多いので、気兼ねなく入れます!チャーハンも美味しいそうですよ♪
via 提供:小栗さくら

西郷どんに目をかけられた二人

西郷が認めていた人物の中で、強烈な逸話を持つ人物が二人、青山霊園に眠っています。
それは黒田清隆と川路利良。
ともに西南戦争で西郷についていかなかった人物です。

敵のために剃髪した黒田清隆

黒田清隆の墓

黒田清隆の墓

(青山霊園 1種イ-1 9〜10)
via 提供:小栗さくら
第2代総理大臣・黒田清隆は、西郷に「実に頼もしき人物」と評された人物です。
黒田がそう評価されたのは、戊辰戦争の時の行動にありました。

箱館戦争で最後まで新政府軍に抵抗していた榎本武揚。この敵軍のトップであった榎本に対し、新政府内では極刑を望む声が大きかったのです。しかし、そのとき剃髪をしてまで必死に榎本の助命嘆願をしたのは、なんと新政府側で陸軍参謀をつとめていた黒田清隆でした。外国の法を学んでいた榎本武揚が新政府に与したことは、結果として明治日本の外交に非常に大きな影響を及ぼしています。
西郷は処罰を覆させた黒田を、「実に頼もしき人物」と評したのです。
黒田清隆

黒田清隆

そんな黒田は、「お酒さえ飲まなければ…」の代表例といってもいいほど、酒乱エピソードに事欠かない人物。
開拓使時代に、酔った黒田が商船に設置してあった海賊除けの大砲を撃って民間人を死なせてしまったとか、井上薫と意見が対立した際に、やはり酔った状態で刀を持って井上家に行ったとか、酔って暴れていたら武術家である木戸孝允に簀巻きにされて、以後木戸を怖がっていたとか…。

数ある中でも黒田への批判が一番高まったのは、酔って妻を殺したのではないかと疑惑が出たことでした。
真相については諸説ありますが、この時大久保は否定し、同郷の川路利良(かわじ・としよし)に見分させた結果、病死と判断されました。

酒は飲んでも呑まれるな…ですね。
木戸孝允に簀巻きにされるシーンを、ドラマで見てみたいです。
66 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じ、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年に放送予定の大河ドラマは西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」に決まりました。西郷隆盛といえば薩摩の偉人ですが、活躍の舞台は日本各地に存在します。今回は一足先に、大河ドラマのロケ地になるであろう西郷隆盛ゆかりの場所をご紹介します。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓

西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓

いまや上野のシンボルともいえる西郷隆盛像。その近くに墓があるのをご存知でしょうか?鳥羽・伏見の戦いから始まった戊辰戦争のひとつ「上野戦争」は、1日で上野が焼け野原になるほど激しいものでした。この地にて壮絶に散ったのが彰義隊です。新選組隊士だった原田左之助も所属していた、彼らの墓をご紹介します。