2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地
2016年12月16日 更新

2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年に放送予定の大河ドラマは西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」に決まりました。西郷隆盛といえば薩摩の偉人ですが、活躍の舞台は日本各地に存在します。今回は一足先に、大河ドラマのロケ地になるであろう西郷隆盛ゆかりの場所をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回ご紹介する西郷隆盛ゆかりの地はこちら

・清閑寺(京都)
・枕流亭(山口県)
・池上本門寺(東京都)
・私学校跡(鹿児島)
・城山(鹿児島)

1分で分かる「西郷どん」こと西郷隆盛の生涯

西郷隆盛

西郷隆盛

エドアルド・キヨッソーネによる西郷隆盛のコンテ画。ただし、キヨッソーネは西郷の顔を見たことがなく、西郷の親戚を参考に想像で描写されたもの。
文政10(1828)年、薩摩藩下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の息子として、西郷は薩摩国鹿児島城下加治屋町に生まれました。

西郷は薩摩藩主・島津斉彬に仕えるも、彼の急死により失脚し奄美大島へ流されます。復帰しても、当時実権を握っていた島津久光とは反りが合わず、今度は沖永良部島へ流刑となってしまいました。
しかし、小松帯刀や大久保利通らの取り成しにより再度復帰し、禁門の変、薩長同盟締結や江戸城無血開城などで活躍しました。
新政府では大久保と対立し、政変で下野し鹿児島に戻り、私学校を建設して若者の教育を行うようになります。しかし明治10(1877)年、私学校生の暴動をきっかけに西南戦争が勃発。西郷はその指導者となりましたが、政府軍に敗れ自刃しました。

月照との密談の場・清閑寺(京都)

「清閑寺の本堂」

「清閑寺の本堂」

京都市東山区にある真言宗智山派の寺院。『平家物語』の悲恋で知られる高倉天皇と小督局ゆかりの寺院でもあります。
将軍継嗣問題で薩摩藩は一橋慶喜派であり、西郷は勤皇派の僧・月照と共に朝廷に慶喜を将軍にするようはたらきかけますが失敗します。そのため、徳川慶福(後の家茂)を推した大老・井伊直弼による弾圧の対象となってしまいました。
清閑寺境内にある西郷と月照が密談した「郭公亭」跡に建つ石碑

清閑寺境内にある西郷と月照が密談した「郭公亭」跡に建つ石碑

「大西郷月照王政復古謀議舊趾」と彫られています
西郷と月照はこの清閑寺で幕府の追っ手から逃げる密談をし、何とか薩摩へ逃げ込みますが、月照は受け入れ拒否され、やむなく2人は錦江湾で入水自殺を図りました。結果、月照は死に、助かった西郷は奄美大島へ流刑となってしまうのです。

薩長連合討幕軍結成の舞台!枕流亭(山口県)

禁門の変などで薩長間には溝がありましたが、坂本龍馬の仲立ちで話し合いが実現します。慶応3(1867)年、薩摩からは西郷・大久保・小松ら、長州からは木戸孝允や伊藤博文らが出席し、枕流亭で会合が持たれました。ここで薩長は協力して幕府を討つことに合意し、連合討幕軍が結成されるのです。
枕流亭

枕流亭

枕流亭の2階で薩長の話し合いが行われました
37 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

慶応2年(1866)1月21日に締結された薩長同盟。当時は犬猿の仲だった薩摩と長州を、坂本龍馬らの仲立ちによって結ばれた同盟は、幕末のみならず日本の歴史においてとても大きな出来事でした。しかし、下関での会談では西郷隆盛がドタキャンして桂小五郎を怒らせるなど、なかなか大変だったようです。今回は薩長同盟締結に至るまでと、ゆかりの地をご紹介します。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じ、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!
「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。