2018年は没後200年!伊能忠敬の記念事業が千葉県香取市で開催
2018年4月19日 更新

2018年は没後200年!伊能忠敬の記念事業が千葉県香取市で開催

17年かけて全国を測量し、正確な日本地図を完成させた伊能忠敬。没後200年になる2018年、出身地である千葉県香取市佐原では5月20日(日)に記念式典を開催、新たに銅像が建されるなど、様々なイベントが予定されています。忠敬の偉業を見つめ直す貴重な機会、ぜひ参加してみませんか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

50歳から学び、55歳で測量を開始

香取市佐原公園にある伊能忠敬銅像

香取市佐原公園にある伊能忠敬銅像

足かけ17年をかけて全国を測量し、『大日本沿海輿地全図』を完成させ、国土の正確な姿を明らかにした伊能忠敬。
延享2年(1745)に、現在の千葉県山武郡九十九里町で生まれ、17歳で伊能家当主となり、現在の香取市佐原で、家業のほか、村のために名主や村方後見として活躍しました。

そんな忠敬が天文学の勉強をするために江戸に出たのは、50歳を過ぎてから。
当時の天文学者の第一人者である高橋至時に弟子入りし、55歳から71歳まで、10回にわたり日本全国の測量を行いました。
その結果、完成した地図は極めて精度が高く、欧州においても大変評価され、明治以降、国内の基本図の一翼を担うこととなるのです。
「寛政十二年測量小図」寛政12年(1800)作成。伊能...

「寛政十二年測量小図」寛政12年(1800)作成。伊能忠敬が最初に測量してつくった実測図。

via 写真提供:香取市

5月20日(日)「伊能忠敬翁没後200年記念式典」開催

 (17989)

2018年は忠敬が亡くなった文政元年4月13日(1818年5月17日)から200年の節目にあたる年。
これを記念して、忠敬の偉大な功績を後世に伝えるべく、出身地である千葉県香取市佐原では、5月20日(日)に記念式典が行われるほか、銅像の建立や特別展の開催が予定されています。

伊能忠敬の新たな銅像が佐原駅に完成!

銅像建立イメージ

銅像建立イメージ

via 写真提供:香取市
記念式典ではまず、午前9時15分から佐原駅南口ロータリー内に建立された銅像の除幕式が行われます。
北極星の方向に向けて建てられた像は、過酷な環境である蝦夷地へ臨む、希望と熱意に満ちた姿が表現されているとか。完成した像が見られるのが楽しみですね!

子孫らが語る「シーボルト事件」とは

さらに、午前10時30分から佐原文化会館でシンポジウム「シーボルト事件〜「その時」と「その後」〜」が開催されます。

ドイツ人のシーボルトが、伊能図の写しを母国へ持ち帰ろうとして起きたこの事件。
日本地図の国外への持ち出しが禁じられていた当時、伊能図を渡した天文方の高橋景保(至時の子)は処罰され、シーボルトは国外追放になりました。
しかし彼は、密かに作った伊能図の写しを持ち出して帰国。これこそが、忠敬の功績が欧米に伝わる契機となったのです。
当日は伊能忠敬、シーボルト、さらには間宮林蔵のご子孫が集まり、200年の時空を超え、「その時」と「その後」を振り返ります。
これだけの子孫が揃う機会はもうないかも?ぜひチェックしてみてください。
開催日:2018年5月20日(日)
開催時間:午前9時15分〜午後0時30分
開催場所:佐原駅、佐原文化会館、香取市民体育館

香取市民体育館では「伊能大図全国パネル公開展」開催

「伊能大図全国パネル公開展」

「伊能大図全国パネル公開展」

via 写真提供:香取市
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

7月25日は「夏氷」という語呂合わせから「かき氷の日」とされています。暑い夏を乗り切るため、涼を求めて食べるかき氷。甘いシロップがかかった冷たい氷を一口食べるだけで涼しさを感じますね。平安時代から食べられていたというその歴史や、当時の食べ方などをご紹介します。
【一身二生の男】伊能忠敬のすごさを知りたければ佐原へ行こう!

【一身二生の男】伊能忠敬のすごさを知りたければ佐原へ行こう!

地球一周分を歩いた男・伊能忠敬。2018年は没後200年にあたり、今ふたたびその偉業と生き方が注目されています。驚くべき精度の日本地図を作り上げ「人間は夢を持ち前へ歩き続ける限り、余生はいらない」という言葉を残しました。言葉通り商人と測量家として余生のない人生を生きた伊能忠敬。彼が住んでいたのが水郷の町・佐原(千葉県香取市)です。伊能忠敬の日本地図作成に懸けた生涯と佐原のゆかりの地をご案内いたします。
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

加賀前田家3代、加賀藩の第2代藩主である前田利常。彼をご存じの方なら、まず思い浮かべるのが「鼻毛の殿様」のイメージかもしれません。傾奇者として知られた利常ですが、内政や文化面への功績も注目されてしかるべき点です。利常が推奨・保護した加賀百万石の華やかな伝統文化をご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
【18禁】春画と妖怪画がコラボ!春信などの人気絵師達が描く、古の大人の世界

【18禁】春画と妖怪画がコラボ!春信などの人気絵師達が描く、古の大人の世界

春画は単にエッチというだけでなく、その高い芸術性が海外でも高い評価を受けています。10月16日(火)から京都の細見美術館で開催される『描かれた「わらい」と「こわい」展-春画・妖怪画の世界-』では、日文研所蔵のコレクションから、厳選された春画と妖怪画をご紹介します。ちょっと赤面しながら、かなりドキドキしながら、古の大人の世界を覗いてみませんか。
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。
【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」などの風景画で知られる江戸時代の浮世絵師・歌川広重。没後160年にあたる2018年は、日本各地で記念展が開催されています。そのなかから、13年ぶりとなる大回顧展を開催中の太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」展の見どころをご紹介。海外の芸術家たちにも影響を与えた、広重作品の魅力を改めて感じてみませんか?
イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】

イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、千葉県で開催される「大原はだか祭り」「上総十二社祭り」、2つの「裸祭り」をご紹介します。どちらもその起源は古く、秋の風物詩として地元で親しまれています。躍動感ある神輿と参加者の生き生きとした姿はまさにフォトジェニック!その見どころを写真でご紹介します。