【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地
2017年12月24日 更新

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本のクリスマスの始まりは山口から

フランシスコ・ザビエル

フランシスコ・ザビエル

神戸市立博物館所蔵

おなじみのフランシスコ・ザビエルですが、山口市では「サビエル」と呼ばれています。
※本文は「ザビエル」で統一
16世紀、キリスト教の宣教師として日本にやってきたフランシスコ・ザビエルに、初めて布教の許可を与えたのが、現在の山口県にあたる長門・周防国の大名、大内義隆でした。義隆は布教の拠点として、大道寺という寺を与えます。
大内義隆

大内義隆

龍福寺蔵

全盛期には周防、長門、石見、安芸、豊前、筑前、6カ国の守護をつとめていた義隆。ザビエルには男色で叱られたことでも知られています。
その後、ザビエルは日本を離れますが、天文21年(1552)、当時の大内氏当主である義長が教会建設を許可。大道寺は建て直され日本で初めてのキリスト教会となります。ここで、ザビエルの後を継いで布教活動を行っていたコスメ・デ・トーレスらが、日本人の信者を招いて降誕祭のミサが行われました。これが日本におけるクリスマスの始まりだといわれています。

キリスト教の信者はしだいに増えていき、西日本全域に10万人近くにもなりました。ところが豊臣秀吉や徳川家康はキリスト教を禁じたため、それと共にクリスマスも消えていったのです。

もっとも江戸時代、長崎の出島ではオランダ商人たちが「オランダ正月」と名前を変え、時期もお正月に変更してクリスマスを祝っていたそうです。たくましいですね。

日本最初の教会があったサビエル公園(山口県山口市)

サビエル公園

サビエル公園

日本で最初の教会があった場所は現在サビエル公園として、記念碑とビリヨン神父の銅像があります。ザビエルはここを拠点として、同行のホアン・フェルナンデス修道士と布教に努めました。

市内のランドマーク的存在・山口サビエル記念聖堂(山口県山口市)

山口サビエル記念聖堂

山口サビエル記念聖堂

こちらは、フランシスコ・ザビエルの来日400年記念として、昭和27年(1952)に建立。初代の聖堂は、ザビエルの生家であるスペインのザビエル城を模して建てられましたが、平成3年(1991)に焼失。現在の建物は平成10年(1998)に再建されたものです。
50m超の2本の塔は遠くからでも眺めることができ、山口市のランドマーク的な存在であると共に、市民の憩いの場として親しまれています。

山口市は「クリスマス市」として、12月の1カ月間は、クリスマス・イルミネーションや音楽祭など、さまざまなイベントが開催されています。今年は残りわずかですが、気になる方は来年、チェックしてみてください。

禁教令廃止によりクリスマス復活

江戸時代は鎖国をしていた日本ですが、やがて外国の圧力に抵抗しきれず、安政5年(1858)「日米修好通商条約」を結んで開国します。

各国の公使たちが日本に住むようになると、クリスマスも復活。しかしキリスト教はまだ禁じられていたので、当時の日本人が参加することはありませんでした。
34 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
男色が原因で滅亡した!?戦国大名「日本男色史巡り 第9回:大内義隆」

男色が原因で滅亡した!?戦国大名「日本男色史巡り 第9回:大内義隆」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第9回は、中国・朝鮮にまで名がとどろき、その全盛期は日本で最強最大の戦国大名だった「大内義隆」。6カ国の守護をつとめ、毛利元就も恐れはばかった男が、最も愛した少年とは!?
【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
高杉晋作の恋文もお披露目!「長州幕末女子会 in TOKYO」レポート

高杉晋作の恋文もお披露目!「長州幕末女子会 in TOKYO」レポート

高杉晋作や吉田松陰など、維新志士を輩出した長州藩。その山口県により、2018年の明治維新150周年事業のPRとして、「長州幕末女子会 in TOKYO」が11月4日(土)、世田谷区民会館で開催されました。高杉晋作の恋文についての貴重な講演や、松陰神社の散策、またサプライズとして高杉本家のご子孫も登場するなど、幕末好き歴女の熱気に包まれた当日の様子をお届けします。
源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

肌寒くなってきた11月ですが、イベントはまだまだ熱い!石田三成など人気の戦国武将のまつりに、幕末維新がテーマの展覧会、源平や姫にちなんだ行列など、バラエティに富んだイベントが開催されます。どの時代のファンも嬉しい、地元愛に溢れたイベントの見どころを紹介。さっそくチェック!
【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

まだまだ暑い日が続く9月は、歴史イベントも楽しみなものが盛りだくさん!人気武将のまつりに、注目の展覧会、この秋は幕末維新150周年にちなんだイベントも続々登場します。まつりではしゃぐ秋、芸術に触れる秋、そして歴史を学ぶ秋…いろんな秋をお楽しみください!
新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」

新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第4回は、次回大河ドラマ「西郷どん」の舞台、幕末・明治。新撰組局長、近藤勇も悩んだ、幕末・明治の男色隆盛の理由とは?
御朱印で巡るゆかりの地~カワイイ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カワイイ御朱印編~

武将にゆかりのある寺社と御朱印をご紹介する「御朱印で巡る武将ゆかりの地」。今回は趣向を変え、歴史的人物ゆかりの神社でいただける“かわいい御朱印”をテーマにご紹介します。植物や動物をモチーフにしたものから、カラフルなものまで、思わず顔がほころぶ一枚をどうぞ! ※本稿の御朱印は全てみのうち社が現地に赴きいただいてきたものです。御朱印をいただく際は現地に赴き、神様へのお参りもお忘れなく! 
よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

全国津々浦々に存在する英雄像。数でいったら大多数は単体の銅像なのですが、この連載でも紹介した「坂本龍馬&中岡慎太郎」や「維新の門像」のように、カップル像や群像の像も多く存在します。そんな複数像の中でも変わり種といえるのが、一騎打ちを描いた銅像でしょう。わざわざ一騎打ちのシーンを選んで銅像化したというのは、その対決が世間一般にも有名で広く浸透しているという証し。単体の銅像を造るよりも単純に2倍の予算がかかるわけで、そのためか、どの一騎打ち像も力のこもった秀作揃いです! そんな日本史名シーンを描いた一騎打ち像を、3番勝負+特別試合で紹介しましょう。いま、対決のゴングが打ち鳴らされます!!! カーン、カーン、カーン!