【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地
2017年12月24日 更新

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本のクリスマスの始まりは山口から

フランシスコ・ザビエル

フランシスコ・ザビエル

神戸市立博物館所蔵

おなじみのフランシスコ・ザビエルですが、山口市では「サビエル」と呼ばれています。
※本文は「ザビエル」で統一
16世紀、キリスト教の宣教師として日本にやってきたフランシスコ・ザビエルに、初めて布教の許可を与えたのが、現在の山口県にあたる長門・周防国の大名、大内義隆でした。義隆は布教の拠点として、大道寺という寺を与えます。
大内義隆

大内義隆

龍福寺蔵

全盛期には周防、長門、石見、安芸、豊前、筑前、6カ国の守護をつとめていた義隆。ザビエルには男色で叱られたことでも知られています。
その後、ザビエルは日本を離れますが、天文21年(1552)、当時の大内氏当主である義長が教会建設を許可。大道寺は建て直され日本で初めてのキリスト教会となります。ここで、ザビエルの後を継いで布教活動を行っていたコスメ・デ・トーレスらが、日本人の信者を招いて降誕祭のミサが行われました。これが日本におけるクリスマスの始まりだといわれています。

キリスト教の信者はしだいに増えていき、西日本全域に10万人近くにもなりました。ところが豊臣秀吉や徳川家康はキリスト教を禁じたため、それと共にクリスマスも消えていったのです。

もっとも江戸時代、長崎の出島ではオランダ商人たちが「オランダ正月」と名前を変え、時期もお正月に変更してクリスマスを祝っていたそうです。たくましいですね。

日本最初の教会があったサビエル公園(山口県山口市)

サビエル公園

サビエル公園

日本で最初の教会があった場所は現在サビエル公園として、記念碑とビリヨン神父の銅像があります。ザビエルはここを拠点として、同行のホアン・フェルナンデス修道士と布教に努めました。

市内のランドマーク的存在・山口サビエル記念聖堂(山口県山口市)

山口サビエル記念聖堂

山口サビエル記念聖堂

こちらは、フランシスコ・ザビエルの来日400年記念として、昭和27年(1952)に建立。初代の聖堂は、ザビエルの生家であるスペインのザビエル城を模して建てられましたが、平成3年(1991)に焼失。現在の建物は平成10年(1998)に再建されたものです。
50m超の2本の塔は遠くからでも眺めることができ、山口市のランドマーク的な存在であると共に、市民の憩いの場として親しまれています。

山口市は「クリスマス市」として、12月の1カ月間は、クリスマス・イルミネーションや音楽祭など、さまざまなイベントが開催されています。今年は残りわずかですが、気になる方は来年、チェックしてみてください。

禁教令廃止によりクリスマス復活

江戸時代は鎖国をしていた日本ですが、やがて外国の圧力に抵抗しきれず、安政5年(1858)「日米修好通商条約」を結んで開国します。

各国の公使たちが日本に住むようになると、クリスマスも復活。しかしキリスト教はまだ禁じられていたので、当時の日本人が参加することはありませんでした。
34 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

明治維新150年にあたる今年。高知や山口などの主要箇所もちろん、全国各地で企画展が開催されています。普段の歴史旅や夏休みにプラスしたい企画展の内容をご紹介します。
日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

天保13年(1842)4月12日、あるパンが焼きあげられました。「兵糧パン」と呼ばれたそのパンこそ、日本人が初めて作ったパンだったのです。世界遺産・韮山反射炉の製造で知られる幕末の才人・江川英龍は、パンの製造にも目をつけていました。どんな経緯で生まれたのか、またその他の偉人とパンのエピソードもご紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。
【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。
日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第15回は、現在の警視総監にあたる初代大警視・川路利良ゆかりの地。川路ゆかりの品が多く展示されている東京の警察博物館を中心に、出生地・鹿児島にある銅像まで、その生涯を辿ります。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

まるで現在の漫画のような躍動感のある月岡芳年の浮世絵。歴史好きなら一度は見たことのあるのでは?幕末に生まれ明治にかけて活躍した芳年の展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」が8月5日(日)より練馬区立美術館で開催されます。最後の浮世絵師と呼ぶにふさわしい画業を堪能できる貴重な機会です。