新選組隊士のご子孫も大集合!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第1回:土方歳三の聖地・多摩をめぐる
2017年9月11日 更新

新選組隊士のご子孫も大集合!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第1回:土方歳三の聖地・多摩をめぐる

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。記念すべき第1回は、新選組副長・土方歳三の出身地である日野(東京都)をご案内。ファンにとっては「聖地」であり、歳三や井上源三郎のご子孫もいらっしゃる日野の魅力を丸ごとお届け!さらに天然理心流ゆかりの府中もご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

 (6740)

日野時代の土方歳三と新選組ゆかりの地めぐり

皆さん、初めまして!歴史タレントの小栗さくらです。
第1回は、新選組・土方歳三のふるさと日野を中心に語りたいと思います。
幕末京都の治安維持に奔走した新選組!その中心人物の、副長・土方歳三と副長助勤・井上源三郎は、ともに日野の出身です。
そのため日野は新選組の「聖地」として、ファンが一度は訪れたい憧れの場所!
今回は土方歳三の多摩時代の逸話や、歳三が親しくしていた人々について触れながら、日野をめぐっていきたいと思います。

新選組がギュッと詰まった「高幡不動尊」

高幡不動尊 仁王門

高幡不動尊 仁王門

歳三の菩提寺、高幡不動尊。
門は幕末当時、二層ではなく単層式だったため、子供も登りやすかった!?
少年時代の歳三が随分やんちゃだったというお話は有名ですが、この山門にもそんなお話が残っています。幼い歳三は山門によじ登り、なんと道を行く人々に鳥の卵を投げつけたのだそう!もしかしたらお寺の方に怒られた……なんてこともあったかもしれませんね。
土方歳三の銅像

土方歳三の銅像

司馬遼太郎の「燃えよ剣」で一躍有名になった土方歳三。
ところが、当時はまだ新選組に悪いイメージを抱く人がいて、銅像に反対の声もあったそうです。
その後地元のロータリークラブによって、平成7年に建てられました。熱意をもって建立してくれた方々に感謝……!
銅像と並ぶ「殉節両雄之碑」

銅像と並ぶ「殉節両雄之碑」

不動堂左手には、凛々しい羽織姿の土方歳三の銅像!そしてその隣には、近藤勇・土方歳三の顕彰碑が並びます。
これは歳三の従兄である佐藤彦五郎らが、世間から「賊軍」にされてしまった二人の忠節を顕彰して建てたものでした。碑ができてからも、建てる許可がなかなか出なかったのは、当時の新選組関係者にとって歯がゆいことだったでしょうね。
また、篆額(てんがく)という題字部分は、新選組がお世話になっていた会津藩の松平容保によるものです。
奥殿

奥殿

新選組だけでなく勝海舟や徳川慶喜、榎本武揚、大鳥圭介など幕末の名だたる人物の資料を拝観できます。
平安時代作の不動明王像も見どころ!
大日堂

大日堂

土方歳三や近藤勇ら新選組隊士のご位牌が安置されています。
歳三は、高幡不動尊の境内裏にある高幡山で剣術の稽古をしていたそうです。
このお寺には、新選組になる前の歳三と、遺された人々に顕彰された新選組が詰まっているのですね。

高幡不動尊でお土産を買うなら「松盛堂」

松盛堂

松盛堂

高幡不動尊に訪れたら必ず買いたいお土産!
小倉餡とクリーム餡の「土方歳三まんじゅう」や、ミルク餡の「土方歳三恋歌」など、しっとりとした口当たりの良いおまんじゅうが人気です。
63 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

近藤、土方たちのルーツをたどる!新選組ゆかりの地めぐり【東京編】

近藤、土方たちのルーツをたどる!新選組ゆかりの地めぐり【東京編】

数々の映画や小説、大河ドラマや漫画・ゲームの題材になるなど、人気抜群の新選組。浅葱色のダンダラ模様が特徴的です。特に女性人気も高く、ゆかりの地を巡るファンも多いですよね。幕末、彼らの活躍の場は主に京都でしたが、近藤勇や土方歳三、沖田総司など中心メンバーは若かりし頃を江戸で過ごしました。今回は、東京にある新選組ゆかりの地をご紹介します。
【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します
「松陰先生」の最期をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第4回:東京にある吉田松陰ゆかりの地

「松陰先生」の最期をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第4回:東京にある吉田松陰ゆかりの地

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第4回は吉田松陰最期の地・江戸。思想家・教育者として、長州の志士たちに多大な影響を与えた松陰は、今でも「松陰先生」と慕われています。彼の足跡は全国にありますが、今回は松陰が命を落とした江戸に焦点をあて、その死の前後を追いたいと思います。
ハニワや銅鏡だけじゃない【古墳のキホン】副葬品について:野毛大塚古墳

ハニワや銅鏡だけじゃない【古墳のキホン】副葬品について:野毛大塚古墳

おすすめの古墳とともに、古墳の基本的な知識を紹介する「古墳のキホン」。今回は、近年、副葬品が重要文化財に指定された野毛大塚古墳(東京都世田谷区)を中心に、副葬品の種類とその役割をご紹介します。副葬品として埴輪や銅鏡が有名ですが、ほかにもいろいろな種類があり、埋葬者の地位や地域によって違いがあります。また、10月15日(日)に開催された「第10回野毛古墳まつり」のレポートもお届け!
【 大政奉還150周年記念 】二条城もライトアップ!10月の幕末維新イベントまとめ

【 大政奉還150周年記念 】二条城もライトアップ!10月の幕末維新イベントまとめ

幕末維新150周年の今年。特に10月14日(慶応3年)は大政奉還の日とあって、10月は日本各地で幕末維新関連のイベントが開催されます。大政奉還の舞台となった京都や、龍馬の出身地・高知はもちろん、それぞれの国で起こった出来事や行動を起こした人物の貴重な史料が紹介されるなど、さまざまな角度から幕末維新を知ることができます。この貴重な機会に、ぜひ足を運んでみませんか?