新選組隊士の子孫も大集合!土方歳三の聖地・多摩をめぐる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第1回】
2018年7月27日 更新

新選組隊士の子孫も大集合!土方歳三の聖地・多摩をめぐる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第1回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。記念すべき第1回は、新選組副長・土方歳三の出身地である日野(東京都)をご案内。ファンにとっては「聖地」であり、歳三や井上源三郎のご子孫もいらっしゃる日野の魅力を丸ごとお届け!さらに天然理心流ゆかりの府中もご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

 (6740)

日野時代の土方歳三と新選組ゆかりの地めぐり

皆さん、初めまして!歴史タレントの小栗さくらです。
第1回は、新選組・土方歳三のふるさと日野を中心に語りたいと思います。
幕末京都の治安維持に奔走した新選組!その中心人物の、副長・土方歳三と副長助勤・井上源三郎は、ともに日野の出身です。
そのため日野は新選組の「聖地」として、ファンが一度は訪れたい憧れの場所!
今回は土方歳三の多摩時代の逸話や、歳三が親しくしていた人々について触れながら、日野をめぐっていきたいと思います。

新選組がギュッと詰まった「高幡不動尊」

高幡不動尊 仁王門

高幡不動尊 仁王門

歳三の菩提寺、高幡不動尊。
門は幕末当時、二層ではなく単層式だったため、子供も登りやすかった!?
少年時代の歳三が随分やんちゃだったというお話は有名ですが、この山門にもそんなお話が残っています。幼い歳三は山門によじ登り、なんと道を行く人々に鳥の卵を投げつけたのだそう!もしかしたらお寺の方に怒られた……なんてこともあったかもしれませんね。
土方歳三の銅像

土方歳三の銅像

司馬遼太郎の「燃えよ剣」で一躍有名になった土方歳三。
ところが、当時はまだ新選組に悪いイメージを抱く人がいて、銅像に反対の声もあったそうです。
その後地元のロータリークラブによって、平成7年に建てられました。熱意をもって建立してくれた方々に感謝……!
銅像と並ぶ「殉節両雄之碑」

銅像と並ぶ「殉節両雄之碑」

不動堂左手には、凛々しい羽織姿の土方歳三の銅像!そしてその隣には、近藤勇・土方歳三の顕彰碑が並びます。
これは歳三の従兄である佐藤彦五郎らが、世間から「賊軍」にされてしまった二人の忠節を顕彰して建てたものでした。碑ができてからも、建てる許可がなかなか出なかったのは、当時の新選組関係者にとって歯がゆいことだったでしょうね。
また、篆額(てんがく)という題字部分は、新選組がお世話になっていた会津藩の松平容保によるものです。
奥殿

奥殿

新選組だけでなく勝海舟や徳川慶喜、榎本武揚、大鳥圭介など幕末の名だたる人物の資料を拝観できます。
平安時代作の不動明王像も見どころ!
大日堂

大日堂

土方歳三や近藤勇ら新選組隊士のご位牌が安置されています。
歳三は、高幡不動尊の境内裏にある高幡山で剣術の稽古をしていたそうです。
このお寺には、新選組になる前の歳三と、遺された人々に顕彰された新選組が詰まっているのですね。

高幡不動尊でお土産を買うなら「松盛堂」

松盛堂

松盛堂

高幡不動尊に訪れたら必ず買いたいお土産!
小倉餡とクリーム餡の「土方歳三まんじゅう」や、ミルク餡の「土方歳三恋歌」など、しっとりとした口当たりの良いおまんじゅうが人気です。
63 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

近藤、土方たちのルーツをたどる!新選組ゆかりの地めぐり【東京編】

近藤、土方たちのルーツをたどる!新選組ゆかりの地めぐり【東京編】

数々の映画や小説、大河ドラマや漫画・ゲームの題材になるなど、人気抜群の新選組。浅葱色のダンダラ模様が特徴的です。特に女性人気も高く、ゆかりの地を巡るファンも多いですよね。幕末、彼らの活躍の場は主に京都でしたが、近藤勇や土方歳三、沖田総司など中心メンバーは若かりし頃を江戸で過ごしました。今回は、東京にある新選組ゆかりの地をご紹介します。
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
戊辰戦争終結の地・函館に残る榎本武揚や土方歳三…旧幕府軍ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第16回】

戊辰戦争終結の地・函館に残る榎本武揚や土方歳三…旧幕府軍ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第16回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第16回は、戊辰戦争最後の地・函館にある、榎本武揚や土方歳三たち旧幕府軍ゆかりの地をご紹介します。2019年は箱館戦争終結、そして土方歳三没後150年の年。改めてその最期の舞台を巡ってみてください。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

新選組副長・土方歳三が生まれた地であり、局長・近藤勇や沖田総司らが腕を磨いた天然理心流の道場があった東京・日野。彼らの故郷といえるこの地で、今年も「ひの新選組まつり」が5月12日(土)と13日(日)に開催されました。ファンなら参加せずにはいられない!メインとなる13日(日)の模様をお届けします。
新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

最期は板橋宿に連行され、斬首刑となった新選組局長・近藤勇。処刑の前日に移された場所には、近藤の墓とともに永倉新八による供養塔が建てられています。毎年、近藤の命日である旧暦4月25日または直前の日曜には供養祭が行われ、今年も4月22日(日)に開催されました。その模様と周辺にある近藤ゆかりの地をご紹介します。
【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

江戸文化の象徴の一つであり、屈指の賑わいを誇った吉原。浅草の北、吉原のあった地域は、当時の道や区画が、ほぼ現代に引き継がれているのが特徴です。歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、吉原の光と闇と共に、ゆかりの地をご案内します。
干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

ただいま東京国立博物館にて、お正月の恒例企画「博物館に初もうで」が2018年1月28日(日)まで開催されています。戌(いぬ)年の今年は、干支にちなんで犬にまつわる作品を集めた特集展示「博物館に初もうで 犬と迎える新年」に、国宝など貴重な作品が見られる新春特別公開も展開。日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、展覧会の見どころをご紹介します。
意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

慶應義塾大学創設者であり、『学問のすゝめ』の著者で知られる福沢諭吉。1万円札の肖像でもおなじみですね。東京都港区にある慶應義塾大学の三田キャンパス内やその周辺には、諭吉ゆかりの地が多数あります。受験シーズンも近い今、キャンパス見学も兼ねて、探索してみませんか?
【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園

【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園

岩崎弥太郎の長男で三菱第3代社長の久弥の本邸として造られた旧岩崎邸庭園(東京都台東区)。特に洋館は、鹿鳴館の建築家として知られるジョサイア・コンドルの設計で、様々な様式が織り交ぜられた繊細なデザインが特徴です。また、併置された和館との巧みなバランスや別棟のビリヤード室など、見どころ満載。そんな明治を代表する貴重な建築・旧岩崎邸庭園の見どころをご紹介します!