前田利家ゆかりの寺がカエルだらけ!?金沢・越前にあるふたつの宝円寺
2018年1月15日 更新

前田利家ゆかりの寺がカエルだらけ!?金沢・越前にあるふたつの宝円寺

「槍の又左」と称された戦国武将・前田利家。金沢城に入り、加賀藩初代藩主となったことでも知られています。そんな利家ゆかりのお寺が、金沢にある前田家の菩提寺・宝円寺と、もうひとつ、利家が金沢の前に在城していた現在の福井県越前市にも宝円寺があるんです。今回は、独自の取り組みをしているふたつのお寺をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

前田利家

前田利家

織田信長に仕え、その死後は、豊臣秀吉の片腕となり「五大老」の一人として活躍した戦国武将・前田利家。また、2002年に放送された大河ドラマ「利家とまつ」にあるように、おしどり夫婦としても知られ、夫・利家をまつが献身的にサポートした(時に尻を叩いて)ことも有名です。
加賀藩の初代藩主である利家のゆかりの地でおすすめなのが、前田家の菩提寺である宝円寺です。

前田家の菩提寺・宝円寺(石川県金沢市)

宝円寺 山門

宝円寺 山門

via 写真提供:金沢市
宝円寺は、天正11年(1583)、前田利家が越前府中(現在の福井県越前市)に在城していた時に帰依した宝円寺の大透圭徐和尚を金沢へ招き、現在の兼六園の地に創建されたのが始まりです。
元和6年(1620)に3代藩主・利常の時に現在の場所に移築され、前田家の菩提寺となりました。宝暦年間(1751~1763)と、明治元年(1868)に、2度の火災にあいますが、再建されて現在に至ります。

御影堂には、利家が伏見城で徳川家康に会見する前に、死を覚悟して納めた自画像と髪が埋まっているとか。また、本堂と庫裏、山門は国指定の登録有形文化財になっています。

利家が寄進した仁王像がライトアップ!

真っ赤なボディに表情も勇ましい仁王像は利家が寄進したといわれています。
口を閉じた吽形の像は明治の火災で消失し、昭和5年に彫られたものですが、もうひとつの阿形の像はその火事を免れ、13世紀の鎌倉時代に運慶の弟子によって作られたものと伝わっています。
向かって右の阿形の像は、鎌倉時代のもの。吽形の像よりお腹が出ているのが気になります…。
そんなありがたい仁王像がライトアップされたのは、2017年の夏。金沢市の11のお寺を舞台にしたアート展「oterart金澤2017」(オテラート)が8月26日〜9月10日に開催され、宝円寺では9月2日〜9月10日、「仁王展 -阿吽の魂-」と題し、阿吽の呼吸をテーマにした写真、イラスト、創作物が展示されました。
どれも熱のこもった力作。鮮やかな発色と柄に目を奪われます。

ガラス展も開催

開放的な空間に展示されたガラスがさらに涼しげに見せます。
信仰の対象である仏像も、当時はきっと、最先端のアートだったと考えれば、気兼ねなく楽しめるのかもしれません。
こちらの宝円寺は、ヨガやコンサートなど、様々なイベントが開催されていますので、ゆかりの地めぐりと合わせてぜひチェックしてみてください。
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

前田利家&まつ、大山巌&捨松…あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

前田利家&まつ、大山巌&捨松…あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

11月22日は「いい夫婦の日」。歴史上にもおしどり夫婦と呼ばれるカップルがいますが、みなさんは誰に憧れますか?戦国の動乱を夫婦の絆で乗り越えた利家とまつ、追われる夫の危機を救った幕末を代表する夫妻・龍馬とおりょうなど、今回は時代を超えて親しまれるおしどり夫婦5組のゆかりの地をお届けします。ぜひ、その地をめぐって幸せなふたりにあやかりましょう♪
越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

室町時代から5代、約100年にわたって越前(福井県)を中心に栄華をきわめた朝倉氏。その城下町である一乗谷のにぎわいは、京のように華やかだったそうです。一時期は明智光秀も仕えたものの、織田信長に滅ぼされてしまった朝倉義景と、朝倉氏の繁栄と文化レベルの高さを偲ばせる一乗谷朝倉氏遺跡についてご紹介します。
明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の娘である玉こと細川ガラシャは、父に負けず劣らずの壮絶な人生を歩みました。父の謀反により、幸せな結婚生活から一転。幽閉生活まで経験した彼女の人生とゆかりの地、さらに8/4から熊本県立美術館で開催される展覧会「細川ガラシャ」の見どころをいち早くご紹介します。
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

「カッコイイ銅像は何?」と聞かれたら、「●●の騎馬像!」(●●にはそれぞれの推しメンが入る)と答える人は多いでしょう。きちんと集計したわけではないので恐縮ですが、著者の感覚では全国の銅像総数に占める騎馬像の割合は10分の1程度。でも、「銅像=騎馬像」というイメージを抱かせるほど、騎馬像には傑作が多いですし、記憶に残る存在なのです。今回はそんな騎馬像の中から、戦場を駆ける戦う騎馬像をまとめて紹介しましょう!
我こそが信長の後継者!秀吉VS勝家、激戦をきわめた賤ヶ岳の戦いゆかりの地を巡る

我こそが信長の後継者!秀吉VS勝家、激戦をきわめた賤ヶ岳の戦いゆかりの地を巡る

織田信長亡き後の政権を巡り羽柴秀吉と柴田勝家が火花を散らし、激突した「賤ヶ岳の戦い」。ここで秀吉が勝利を収め、天下人への道が開けたのでした。歴史のターニングポイントとなり、多くの血が流れた賤ヶ岳の戦いのゆかりの地をご紹介します。
義の武将・大谷吉継ゆかりの地、福井県敦賀市を巡る 

義の武将・大谷吉継ゆかりの地、福井県敦賀市を巡る 

豊臣秀吉に「百万の兵を与え自由に采配させてみたい」と言わしめた名将・大谷吉継。NHK大河ドラマ『真田丸』では、片岡愛之助さんが演じた刑部こと吉継と、治部こと石田三成が無二の親友として描かれ人気を博しました。命を懸けて貫いた友情と義。その清冽な生き様に魅せられた熱烈なファンが多いのが大谷吉継です。今回は吉継が天正17(1589)年から12年間統治した5万7千石の城下町、福井県敦賀市にある吉継ゆかりの地を訪ねてみましょう。
【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

2019年の大河ドラマ「いだてん」の主人公・金栗四三が生まれた地として注目されている熊本県和水町ですが、この地には歴史ファンにとってもう一つの見どころがあります。それが、戦国時代に和仁氏が居城とした田中城です。肥後国衆一揆で壮絶な抵抗を繰り広げた和仁三兄弟の伝説と合わせて、ご紹介しましょう。
戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【後編】

戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【後編】

漫画や映画などで人気の「戦国タイムスリップ系」作品。前編に続き、いつタイムスリップしてしまうかわからない緊急事態に備え、戦国時代に詳しい西股総生先生にその対処法を伺ってみました。現代人が戦国の世で生きていくための術や、お近づきになるべき?歴史上の人物、さらに逆タイムスリップパターンの場合も考えてみました。
2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年、様々な500年の節目を迎える戦国大名たち。神奈川県小田原市では北条早雲の没後500年、静岡県静岡市では今川義元の生誕500年、そして武田氏ゆかりの地・山梨県甲府市では開府から500年となり、それぞれのゆかりの地は記念事業で盛り上がっています。あらためてその功績を見直すとともに、記念のお祝いに出かけてみてはいかがでしょうか?