実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺
2018年6月1日 更新

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

天海との遅すぎた出会いを嘆いた徳川家康

天海が歴史の表舞台に顔を出すのは、慶長13年(1608)、駿府城で家康と対面したときとされています。
このとき家康は65歳、天海は72歳。
家康は天海について「人中の仏なり、恨むらくは、相識ることの遅かりつるを」と語り、遅すぎた出会いを嘆いたというほど、その人物を高く評価しました。
南光坊天海

南光坊天海

天海が徳川家康と会見したのは慶長17年(1612)4月19日といわれていますが、関ヶ原の戦いにも参加していたという話もあります・・・。

江戸城の一部が移築された喜多院(埼玉県川越市)

喜多院最古の建物である山門。

喜多院最古の建物である山門。

via 写真提供:小江戸川越観光協会
これ以降、家康は天海に絶大な信頼を寄せることとなり、天海は幕府の朝廷政策や宗教行政に参画していきます。

慶長17年(1612)には、かつて天海が住職を務めていた、川越大師として知られる無量寿寺の再興を家康に進言。これが認められると、無量寿寺の仏蔵院北院が喜多院と改められ、関東の天台宗寺院はすべてここに属することとなりました。
喜多院 慈眼堂

喜多院 慈眼堂

天海を祀る慈眼堂。天海の木像が安置されています。
via 写真提供:小江戸川越観光協会
その後、喜多院は寛永15年(1638)の川越大火で、山門を除き堂宇はすべて焼失しますが、天海への信頼が厚かった3代将軍・家光により、すぐさま復興されます。
このとき移築されたのが、家光誕生の間、春日局化粧の間を含む江戸城紅葉山の別殿で、現在まで大切に保存されています。

邪気封じのために建立された寛永寺(東京都台東区)

寛永寺 根本中堂

寛永寺 根本中堂

寛永元年(1624)には、現在の上野に寛永寺が建立されますが、天海はその創建にも大きな役割を果たしました。
陰陽道や風水に基づいて江戸を守護しようと、邪気が入るとされる鬼門・北東の方角に寛永寺を置き、自ら住職を務めます。
さらに寛永寺は、徳川家の菩提寺として、徳川将軍15人のうち6人(4代・家綱、5代・綱吉、8代・吉宗、10代・家治、11代・家斉、13代・家定)が眠っています。

また、邪気の通り道とされる反対側の南西、裏鬼門には増上寺を置き、こちらも徳川家の菩提寺となっています。

家康の遺言に基づいて造られた日光東照宮(栃木県日光市)

日光東照宮

日光東照宮

26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。
【海苔巻きが食べられるのは徳川家康のおかげ!?】節分と恵方巻の由来と歴史

【海苔巻きが食べられるのは徳川家康のおかげ!?】節分と恵方巻の由来と歴史

毎年2月3日は節分。節分といえば「鬼は~外、福は~内」という掛け声と共に豆まきをするのが習わしですよね。最近では「恵方巻」もすっかり定着しました。恵方巻に欠かせない海苔ですが、昔は冷たい海でしかとれない高級品!そんな海苔の繁殖を始めたのが徳川家康だったといわれています。今回は節分と恵方巻の由来から、板海苔の始まりまでをご紹介します。
徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。
日光、上野、久能山…全国の東照宮の御朱印で巡る徳川家康ゆかりの地

日光、上野、久能山…全国の東照宮の御朱印で巡る徳川家康ゆかりの地

江戸幕府初代将軍・徳川家康を「神」として祀る日光東照宮。日光だけでなく、家康公を祀っている東照宮は実は全国にたくさんあります。そこで今回は徳川家康ゆかりの地・東照宮でいただける御朱印を厳選してピックアップしました!
意外と知らない?徳川家康と日光東照宮の関係、ゆかりの品々

意外と知らない?徳川家康と日光東照宮の関係、ゆかりの品々

初代江戸幕府将軍・徳川家康。260年の礎を築いた彼に相応しく、家康ゆかりの地は全国各地にあります。今回はその中でも家康が御祭神「東照大権現」として祀られている日光東照宮をご紹介します。竣功を終えた眠り猫、陽明門のほか、併設の宝物館で見ることができる家康ゆかりの品も必見ですよ。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。
【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」などの風景画で知られる江戸時代の浮世絵師・歌川広重。没後160年にあたる2018年は、日本各地で記念展が開催されています。そのなかから、13年ぶりとなる大回顧展を開催中の太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」展の見どころをご紹介。海外の芸術家たちにも影響を与えた、広重作品の魅力を改めて感じてみませんか?