実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺
2018年6月1日 更新

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

天海との遅すぎた出会いを嘆いた徳川家康

天海が歴史の表舞台に顔を出すのは、慶長13年(1608)、駿府城で家康と対面したときとされています。
このとき家康は65歳、天海は72歳。
家康は天海について「人中の仏なり、恨むらくは、相識ることの遅かりつるを」と語り、遅すぎた出会いを嘆いたというほど、その人物を高く評価しました。
南光坊天海

南光坊天海

天海が徳川家康と会見したのは慶長17年(1612)4月19日といわれていますが、関ヶ原の戦いにも参加していたという話もあります・・・。

江戸城の一部が移築された喜多院(埼玉県川越市)

喜多院最古の建物である山門。

喜多院最古の建物である山門。

via 写真提供:小江戸川越観光協会
これ以降、家康は天海に絶大な信頼を寄せることとなり、天海は幕府の朝廷政策や宗教行政に参画していきます。

慶長17年(1612)には、かつて天海が住職を務めていた、川越大師として知られる無量寿寺の再興を家康に進言。これが認められると、無量寿寺の仏蔵院北院が喜多院と改められ、関東の天台宗寺院はすべてここに属することとなりました。
喜多院 慈眼堂

喜多院 慈眼堂

天海を祀る慈眼堂。天海の木像が安置されています。
via 写真提供:小江戸川越観光協会
その後、喜多院は寛永15年(1638)の川越大火で、山門を除き堂宇はすべて焼失しますが、天海への信頼が厚かった3代将軍・家光により、すぐさま復興されます。
このとき移築されたのが、家光誕生の間、春日局化粧の間を含む江戸城紅葉山の別殿で、現在まで大切に保存されています。

邪気封じのために建立された寛永寺(東京都台東区)

寛永寺 根本中堂

寛永寺 根本中堂

寛永元年(1624)には、現在の上野に寛永寺が建立されますが、天海はその創建にも大きな役割を果たしました。
陰陽道や風水に基づいて江戸を守護しようと、邪気が入るとされる鬼門・北東の方角に寛永寺を置き、自ら住職を務めます。
さらに寛永寺は、徳川家の菩提寺として、徳川将軍15人のうち6人(4代・家綱、5代・綱吉、8代・吉宗、10代・家治、11代・家斉、13代・家定)が眠っています。

また、邪気の通り道とされる反対側の南西、裏鬼門には増上寺を置き、こちらも徳川家の菩提寺となっています。

家康の遺言に基づいて造られた日光東照宮(栃木県日光市)

日光東照宮

日光東照宮

26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。
【海苔巻きが食べられるのは徳川家康のおかげ!?】節分と恵方巻の由来と歴史

【海苔巻きが食べられるのは徳川家康のおかげ!?】節分と恵方巻の由来と歴史

毎年2月3日は節分。節分といえば「鬼は~外、福は~内」という掛け声と共に豆まきをするのが習わしですよね。最近では「恵方巻」もすっかり定着しました。恵方巻に欠かせない海苔ですが、昔は冷たい海でしかとれない高級品!そんな海苔の繁殖を始めたのが徳川家康だったといわれています。今回は節分と恵方巻の由来から、板海苔の始まりまでをご紹介します。
徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。
日光、上野、久能山…全国の東照宮の御朱印で巡る徳川家康ゆかりの地

日光、上野、久能山…全国の東照宮の御朱印で巡る徳川家康ゆかりの地

江戸幕府初代将軍・徳川家康を「神」として祀る日光東照宮。日光だけでなく、家康公を祀っている東照宮は実は全国にたくさんあります。そこで今回は徳川家康ゆかりの地・東照宮でいただける御朱印を厳選してピックアップしました!
意外と知らない?徳川家康と日光東照宮の関係、ゆかりの品々

意外と知らない?徳川家康と日光東照宮の関係、ゆかりの品々

初代江戸幕府将軍・徳川家康。260年の礎を築いた彼に相応しく、家康ゆかりの地は全国各地にあります。今回はその中でも家康が御祭神「東照大権現」として祀られている日光東照宮をご紹介します。竣功を終えた眠り猫、陽明門のほか、併設の宝物館で見ることができる家康ゆかりの品も必見ですよ。
三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

大河ドラマ誘致戦国時代といわれる昨今。その経済効果は数十億円ともいわれ、各自治体は地元の偉人を大河ドラマの主役にとPRしています。その中から今回は、ウィリアム・アダムズこと三浦按針と徳川家康を主役にした大河ドラマ化に向け活動している神奈川県横須賀市をピックアップ。家康に重用された英国人・按針とはどのような人物だったのか?初の外国人大河ドラマの主役になるかもしれない、そのドラマチックな生涯を、ゆかりの地の声とももにご紹介します。
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。