刀剣ファン垂涎!京都国立博物館初の刀剣展「京のかたな」がいよいよ開催
2018年9月26日 更新

刀剣ファン垂涎!京都国立博物館初の刀剣展「京のかたな」がいよいよ開催

9月29日(土)より京都国立博物館で開催される「特別展 京(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころ」。同館では120年の歴史上初となる大規模刀剣特別展となり、その豪華すぎるラインナップが注目を集めています。刀剣に詳しい方もそうでない方も、開催前にその見どころを改めてチェック!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

京都国立博物館初の刀剣特別展

京博初となる刀剣特別展は、平安時代から現代までを総括し、国宝刀剣も19件出品。後鳥羽天皇・織田信長・坂本龍馬といった歴史上の偉人ゆかりの刀剣も多数展示されます。
特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」(京都国立博物館)

特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」(京都国立博物館)

天下の名刀が大集結!

本展では、大人気の刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する刀剣男士のモチーフとなった刀剣が20振り以上展示されると発表され、大きな話題を呼んでいます。
その代表ともいえる刀剣が、天下五剣のひとつ「三日月宗近」です。

名物中の名物!天下五剣のひとつ「三日月宗近(みかづきむねちか)」

国宝 太刀 銘 三条(名物三日月宗近)

国宝 太刀 銘 三条(名物三日月宗近)

via 東京国立博物館蔵
三日月宗近は、平安後期の名工・三条宗近の作。豊臣秀吉の正室・高台院(ねね)が所持しており、その後は徳川秀忠に贈られ、以降徳川将軍家の所蔵となりました。(現在は東京国立博物館が所蔵)

刀身に鎬と反りのある日本刀としては最も古いものの一つで、その名の由来である刀身の三日月形の打除けが特徴。「天下五剣」の中でも最も美しいともいわれています。
刀剣好きならずとも必見、名物中の名物です。

皇室の菊紋の始まり!後鳥羽上皇自ら作刀した「菊御作(きくごさく)」

重文 太刀 菊御作

重文 太刀 菊御作

via 京都国立博物館蔵
華やかな刀工の時代とされる鎌倉時代、後鳥羽上皇自らが作刀したとされる「菊御作」も見どころのひとつです。

壇ノ浦の戦いで、三種の神器の「草薙剣」を失い、皇位継承の象徴なきままに即位した後鳥羽上皇。文化人としても知られ、刀剣を愛した後鳥羽上皇は、自ら刀の鎺(はばき)部分に菊の御紋を刻んだ「菊御作」を作りました。これが、皇室の菊紋の始まりだといわれています。

菊紋の銘が打たれた刀は複数現存しているそうですが、多くは十六葉のもので、写真の菊御作は二十四葉の珍しいもの。本展には指定品全4振や、後鳥羽上皇の肖像画も展示されます。

王貞治氏が寄贈したと話題になった「同田貫上野介」

刀 銘 九州肥後同田貫上野介

刀 銘 九州肥後同田貫上野介

via 九州国立博物館(王貞治氏寄贈)
現在の熊本県にあたる、肥後を代表する刀工・同田貫派。
同田貫派の祖とされる正国(のち上野介)は、戦国時代に加藤清正のお抱え鍛冶だったといわれています。
本展に展示される九州国立博物館所有の同田貫は、なんとソフトバンクホークスの王貞治会長が寄贈したものだとか。刀剣本来の魅力はもちろん、意外な経歴にも注目ですね。

刀剣以外も要チェック!合戦絵巻などの名品も勢ぞろい

24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

大型の展覧会が多数開催される2018年。貴重な国宝や日本美術が見られる、歴史ファンにはたまらない展覧会も開催されます。新年から国宝「圧(へし)切長谷部」が展示される福岡市博物館、国宝の日本美術や仏像が拝める展覧会、京都国立博物館で開催される初の本格的な刀剣展まで。来年まで待てない、展覧会の内容をご紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉のお墓参りをしてみたよ。阿弥陀ヶ峰の頂上にある秀吉のお墓。こんなに有名な人物なのに、意外と行った人は少ないんじゃないかな?大変だけど、豊国神社とあわせてお参りしてみてね。
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

奥が深い仏像の世界。仏教の知識がないとなかなか理解できないのではという方も多いと思いますが、運慶と快慶といった「慶派」だけでも押さえておくと、親しみやすいかもしれませんよ。10月2日からは東京国立博物館の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」も開催。初心者にも優しい仏教の世界に、足を踏み入れてみませんか。
「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

2018年9月22日(土)~24日(月)に福島県会津若松市で開催された「戊辰150周年記念会津まつり」。メインイベントとなる23日の藩公行列には、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主役・山本八重を演じた綾瀬はるかさんと、その子供時代を演じた鈴木梨央さんが登場。おふたりは前日に行われた「戊辰150周年記念式典」のトークショーにも参加。祭りの模様と共に、式典での貴重なお話しをレポートします。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉ゆかりの地に忍んでみたよ。秀吉を祀る京都・豊国神社や、大坂冬の陣のきっかけになったといわれる方広寺の梵鐘は注目だよ。京博の近くなので、この秋話題の刀剣展とあわせて行ってみてね。
戦国に生きた細川ガラシャ、父・明智光秀の実像に迫る「細川ガラシャ展」

戦国に生きた細川ガラシャ、父・明智光秀の実像に迫る「細川ガラシャ展」

細川家ゆかりの名品が展示されている永青文庫展示室。その開設10周年を記念し、熊本県立美術館で好評開催中の特別展「細川ガラシャ」。なぜガラシャは今も人々を惹きつけてやまないのか?戦国の乱世を生きた彼女の実像に迫る本展には、父・明智光秀に関する新史料や「本能寺の変」関連文書、夫・細川忠興の愛刀「歌仙兼定」など話題の品が勢ぞろい。注目の特別展の模様をレポートします。
薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第19回は、薩摩藩家老・小松帯刀(こまつ・たてわき)ゆかりの地。若くして家老に抜擢され、藩政に欠かせない人物だった帯刀。あの薩長同盟が結ばれたのも帯刀の寓居でした。今回はその舞台にもなった京都・烏丸通りにある帯刀と薩摩藩ゆかりの史跡をご紹介します。
ハリウッド映画化!?信長の家臣となった黒人侍・弥助の謎多き軌跡

ハリウッド映画化!?信長の家臣となった黒人侍・弥助の謎多き軌跡

織田信長に黒人の家臣がいたことは有名ですね。彼の名は「弥助(やすけ)」。イエズス会宣教師に奴隷として連れられて来たと思しき弥助は、本能寺の変の際にも居合わせたと伝わっています。当時の日本人にとって、肌の色や体格が違う弥助はまさに異世界の人。近年ハリウッド映画化の話もあるという、謎多き弥助の足跡を辿ってみましょう。