刀剣ファン垂涎!京都国立博物館初の刀剣展「京のかたな」がいよいよ開催
2018年9月26日 更新

刀剣ファン垂涎!京都国立博物館初の刀剣展「京のかたな」がいよいよ開催

9月29日(土)より京都国立博物館で開催される「特別展 京(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころ」。同館では120年の歴史上初となる大規模刀剣特別展となり、その豪華すぎるラインナップが注目を集めています。刀剣に詳しい方もそうでない方も、開催前にその見どころを改めてチェック!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

京都国立博物館初の刀剣特別展

京博初となる刀剣特別展は、平安時代から現代までを総括し、国宝刀剣も19件出品。後鳥羽天皇・織田信長・坂本龍馬といった歴史上の偉人ゆかりの刀剣も多数展示されます。
特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」(京都国立博物館)

特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」(京都国立博物館)

天下の名刀が大集結!

本展では、大人気の刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する刀剣男士のモチーフとなった刀剣が20振り以上展示されると発表され、大きな話題を呼んでいます。
その代表ともいえる刀剣が、天下五剣のひとつ「三日月宗近」です。

名物中の名物!天下五剣のひとつ「三日月宗近(みかづきむねちか)」

国宝 太刀 銘 三条(名物三日月宗近)

国宝 太刀 銘 三条(名物三日月宗近)

via 東京国立博物館蔵
三日月宗近は、平安後期の名工・三条宗近の作。豊臣秀吉の正室・高台院(ねね)が所持しており、その後は徳川秀忠に贈られ、以降徳川将軍家の所蔵となりました。(現在は東京国立博物館が所蔵)

刀身に鎬と反りのある日本刀としては最も古いものの一つで、その名の由来である刀身の三日月形の打除けが特徴。「天下五剣」の中でも最も美しいともいわれています。
刀剣好きならずとも必見、名物中の名物です。

皇室の菊紋の始まり!後鳥羽上皇自ら作刀した「菊御作(きくごさく)」

重文 太刀 菊御作

重文 太刀 菊御作

via 京都国立博物館蔵
華やかな刀工の時代とされる鎌倉時代、後鳥羽上皇自らが作刀したとされる「菊御作」も見どころのひとつです。

壇ノ浦の戦いで、三種の神器の「草薙剣」を失い、皇位継承の象徴なきままに即位した後鳥羽上皇。文化人としても知られ、刀剣を愛した後鳥羽上皇は、自ら刀の鎺(はばき)部分に菊の御紋を刻んだ「菊御作」を作りました。これが、皇室の菊紋の始まりだといわれています。

菊紋の銘が打たれた刀は複数現存しているそうですが、多くは十六葉のもので、写真の菊御作は二十四葉の珍しいもの。本展には指定品全4振や、後鳥羽上皇の肖像画も展示されます。

王貞治氏が寄贈したと話題になった「同田貫上野介」

刀 銘 九州肥後同田貫上野介

刀 銘 九州肥後同田貫上野介

via 九州国立博物館(王貞治氏寄贈)
現在の熊本県にあたる、肥後を代表する刀工・同田貫派。
同田貫派の祖とされる正国(のち上野介)は、戦国時代に加藤清正のお抱え鍛冶だったといわれています。
本展に展示される九州国立博物館所有の同田貫は、なんとソフトバンクホークスの王貞治会長が寄贈したものだとか。刀剣本来の魅力はもちろん、意外な経歴にも注目ですね。

刀剣以外も要チェック!合戦絵巻などの名品も勢ぞろい

24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

武士の象徴とファッションを知る「刀と槍の装具展」福岡市博物館

武士の象徴とファッションを知る「刀と槍の装具展」福岡市博物館

武士の魂とされる「刀」、そして「一番槍」といわれる槍は、武士にとって大切なもの。実際に使用される際には、鞘や柄など様々な装具が付けられました。福岡市博物館で2018年12月26日(火)から2019年2月24日(日)まで開催する「福岡藩士伝来・刀と槍の装具展」では、同館収蔵の福岡藩士伝来の刀と槍から、その歴史と文化を紹介します。
2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

年々注目度を増している「日本刀」。歴史ファン・刀剣ファンのみならず人気を博し、名刀が展示される刀剣展には全国各地から多くの人が足を運びます。そこで今回は、2019年も盛り上がること間違いなしの刀剣展を、一足早く厳選してご紹介!年明けすぐから秋開催のものまで、気になる見どころとスケジュールを今からおさえておきましょう!
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

大型の展覧会が多数開催される2018年。貴重な国宝や日本美術が見られる、歴史ファンにはたまらない展覧会も開催されます。新年から国宝「圧(へし)切長谷部」が展示される福岡市博物館、国宝の日本美術や仏像が拝める展覧会、京都国立博物館で開催される初の本格的な刀剣展まで。来年まで待てない、展覧会の内容をご紹介します。
これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

さる2月10日、城郭研究家の西股総生先生を講師にお招きし、「女子限定特別企画・江戸城を歩こう!」が開催されました。江戸城の見所やベストフォトスポットなどを押さえたイベントの様子をレポートします。
【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

江戸東京博物館で開催中の「春を寿ぐ―徳川将軍家のみやび―」展。徳川家ゆかりの品々が多数展示されている本展のなかから、徳川家の女として生きた天璋院篤姫ゆかりの品を中心に、その生涯を歴史タレント・小栗さくらさんが紹介します!
【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

福岡県の太宰府天満宮宝物殿企画展示室で開催中の人気歴史コミック『応天の門』展。若き菅原道真公を描き人気を博している本作の展覧会には、作者・灰原薬氏による原画などが展示中です。実際に菅原道真公ゆかりの品々もあわせて見られる、ファン必見の展覧会の模様をレポート!
温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

日本人が古くから親しんできた温泉。江戸時代には、名所図会や紀行文などを通して、温泉地の情報が広く流布しました。多くの人々が訪れ、温泉は次第に湯治場としてだけではなく、行楽地としても賑わうようになります。国立公文書館では平成31年1月26日(土)〜3月9日(土)の期間、江戸時代の資料を中心に人々と温泉の関わりを紹介する企画展「温泉~江戸の湯めぐり~」を開催。その見どころをご紹介します。
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。