坂本龍馬や高杉晋作も撮影!上野彦馬が開設した長崎・上野撮影局
2018年5月23日 更新

坂本龍馬や高杉晋作も撮影!上野彦馬が開設した長崎・上野撮影局

幕末の偉人の姿を今に伝える貴重な写真。特に有名な坂本龍馬や高杉晋作の写真は、日本初のプロカメラマンといわれる上野彦馬が開設した、長崎・上野撮影局で撮影されました。もともとは化学者だったという彦馬が、なぜカメラマンになり写真館を開いたのか。日本における写真の始まりとともにゆかりの地を紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

最初は化学者だった!?上野彦馬

上野彦馬

上野彦馬

天保9年(1838)、長崎の蘭学者・上野俊之丞(しゅんのじょう)の次男として生まれた彦馬。
彼が写真に興味を持つようになったのは安政5年(1858)、長崎海軍伝習所の医官を務めていたオランダ人軍医ポンぺの塾「舎密試験所」に入ったことがきっかけといわれています。

彦馬は当初この塾で舎密学(化学)を学び、のちに「舎密局必携」という化学のテキストを記すほどの化学者でした。
ところが、オランダ語で書かれた化学の専門書にあった「フォトガラフィー=写真」に興味を覚え、写真機の制作や撮影の研究をはじめたことが、彼をプロカメラマンの道へと進ませることになるのです。

日本で初めてカメラを買った彦馬の父・俊之丞

フィルムカメラの原型がフランスで誕生したのは、1820年代のこと。
日本には天保14年(1843)、オランダ船によって長崎に写真機材(ダゲレオタイプカメラ)が持ち込まれます。

そして嘉永元年(1848)、彦馬の父である上野俊之丞が日本で初めての写真機を購入します。
のちにその写真機は薩摩藩に渡り、藩内の写真機研究チームによって研究が進められ、安政4年(1857)9月17日、藩主・島津斉彬をモデルに日本人による最初の写真撮影が行われました。
薩摩藩主・島津斉彬の写真

薩摩藩主・島津斉彬の写真

日本人の撮影による最初の写真がこちら。

長崎に「上野撮影局」を開設

ポンぺやフランス人写真家のロシエから写真術を本格的に学んだ彦馬は、現像に用いる化学薬品の開発に成功するなど、化学の面からも技術を深めていきます。

そして文久2年(1862)、長崎の中島川河畔に商業写真館「上野撮影局」を開設します。
上野撮影局跡

上野撮影局跡

via 写真提供:長崎県
かつてこの写真館は日本初の商業写真館とされていましたが、現在ではその前年に江戸・薬研堀にて、鵜飼玉川(うかいぎょくせん)が写真館を開いていたことがわかっています。

上野撮影局はのちに長崎名所のひとつとなり、坂本龍馬をはじめ高杉晋作、伊藤博文や後藤象二郎など多くの志士がここを訪れ、写真を撮ってもらっています。
坂本龍馬の写真

坂本龍馬の写真

上野撮影局で撮影された坂本龍馬の写真。最近の研究では、撮影したのは彦馬ではなく、弟子の井上俊三の撮影であったとされています。
高杉晋作の写真

高杉晋作の写真

上野撮影局の評判を聞いた晋作は、長崎出張の際に上野撮影局を訪ね、撮影を頼んだといわれています。
現在、その跡地には当時の建物などは残っていませんが、彦馬の功績を顕彰し、同撮影局の写真機と肘置き台を再現したモニュメントが設置されています。
こちらを利用すれば、撮影局で撮られた龍馬の写真と同じ構図で撮影できるというわけです。
これはもう、龍馬や偉人になりきって写真を撮るしかありませんね・・・!
上野撮影局跡

上野撮影局跡

当時のカメラの模型。
via 写真提供:長崎県
上野彦馬宅跡

上野彦馬宅跡

上野撮影局跡の前には、彦馬宅跡があります。
via 写真提供:長崎県
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

慶応2年(1866)1月21日に締結された薩長同盟。当時は犬猿の仲だった薩摩と長州を、坂本龍馬らの仲立ちによって結ばれた同盟は、幕末のみならず日本の歴史においてとても大きな出来事でした。しかし、下関での会談では西郷隆盛がドタキャンして桂小五郎を怒らせるなど、なかなか大変だったようです。今回は薩長同盟締結に至るまでと、ゆかりの地をご紹介します。
【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

1864年7月13日、京都で起こった明保野亭事件。これは実に奇妙な事件であり、同時に悲しい結末を迎えた事件でもあります。当事者は、新選組・会津藩・土佐藩。激動の幕末で起きてしまった明保野亭事件の概要とその舞台となった明保野亭をご紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬など、討死や暗殺によって最期を遂げた有名人を討ち取った「実行犯」に迫る書籍『あの方を斬ったの…それがしです-日本史の実行犯-』が3月19日(月)に発売!討ち取られた人物に比べるとマイナーな彼らは、どんな人物だったのでしょうか?本書の著者で歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんに、書籍の中からとくにおすすめの3人をご紹介いただきました。
幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末から明治にかけて、数多くの人材を輩出した肥前佐賀藩。その中でも中心的な役割を果たした7人を「佐賀の七賢人」と呼びます。幕末の佐賀藩主・鍋島直正や、早稲田大学創設者の大隈重信などの有名人から知られざる?人物まで、七賢人をまとめてご紹介。3月17日(土)から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」の予習にどうぞ!
『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

日本人で最初にアメリカの地を踏んだといわれるジョン万次郎。大河ドラマ「西郷どん」では劇団ひとりさんが演じ、話題になっています。島津斉彬や坂本龍馬に影響を与え、黒船来航時には幕府にも貢献するなど、幕末維新になくてはならなかった万次郎。その波乱の生涯と共に、ゆかりの地をご紹介します。
【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

11月22日は「いい夫婦の日」ですね。歴史上にもおしどり夫婦と呼ばれるカップルがいますが、みなさんは、誰に憧れますか?戦国の動乱を夫婦の絆で乗り越えた利家とまつ、追われる夫の危機を救った幕末を代表する夫妻・龍馬とおりょうなど、今回は時代を超えて親しまれるおしどり夫婦5組のゆかりの地をお届けします。ぜひ、その地をめぐって幸せなふたりにあやかりましょう♪
第5回:龍馬も最後に食べたかった軍鶏鍋【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

第5回:龍馬も最後に食べたかった軍鶏鍋【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

歴ドル・美甘子が歴史上の人物ゆかりのグルメを作る「歴っしゅ!キッチン」第5回は、坂本龍馬が最後に食べようとしていたといわれる軍鶏鍋を現代風にアレンジ。龍馬の命日でもあり誕生日でもある11月15日は、軍鶏鍋で龍馬を偲びませんか?
【「新政府綱領八策」も展示!】没後150年記念特別展「龍馬がみた下関」が10/14より開催

【「新政府綱領八策」も展示!】没後150年記念特別展「龍馬がみた下関」が10/14より開催

土佐出身でありながら、活動の場を広く藩外に求めた坂本龍馬。特に下関には「薩長同盟」や高杉晋作とともに戦った「小倉口の戦い」など歴史的事件から、下関を拠点とした新規事業を計画するなど、龍馬にとって重要な地であったとされます。今回は没後150年を記念して、下関市立歴史博物館で開催される「龍馬がみた下関」の見どころとともに、龍馬と下関の人々との交流、その足跡を紹介します。
坂本家ゆかりの刀剣『陸奥守吉行』が10月7日(土)から龍馬歴史館で初公開

坂本家ゆかりの刀剣『陸奥守吉行』が10月7日(土)から龍馬歴史館で初公開

創造広場「アクトランド」(高知県香南市)内にある龍馬歴史館で、平成29年10月7日(土)~平成30年1月14日(日)まで開催する坂本龍馬企画展の第3弾「坂本龍馬 維新への軌跡とその想い」において、目玉展示の一つとして坂本家ゆかりの刀剣『陸奥守吉行』が初公開されます。