朝ドラヒロインのモデル・広岡浅子、ゆかりの品から見える意外な一面とは?【後編】
2017年6月19日 更新

朝ドラヒロインのモデル・広岡浅子、ゆかりの品から見える意外な一面とは?【後編】

平成27年後期連続テレビ小説「あさが来た」のモデルとなった広岡浅子。大阪市西区にある大同生命大阪本社ビルで開催中の「大同生命の源流“加島屋と広岡浅子”」では、加島屋と浅子のつながりと浅子の人柄がわかる品々が展示がされています。今回の後編では、ドラマでは見られなかった浅子の意外な一面に、歴史エッセイストの堀江宏樹さんが迫ります。

堀江宏樹堀江宏樹

多趣味な広岡浅子の一面に触れられる展覧会

写真/堀江宏樹 (4671)

via 写真/堀江宏樹
大阪市西区にある大同生命大阪本社ビルで開催中の「大同生命の源流“加島屋と広岡浅子”」。【前編】では彼女の既成概念にとらわれない自由な精神と、建築家・ヴォーリズとのつながりをご紹介しました。
【後篇】では浅子ゆかりの品々とともに、ドラマとは違う、意外な一面についてご紹介します。

展覧会では、多趣味な浅子がとくに熱心に取り組んでいたらしい、和歌の詠草(和歌の草稿、歌の下書きノート)などが展示されていました。若かりし頃、着物姿の浅子が、少しはにかんだような表情をうかべながら庭で何かを読んでいる写真を見たことがある方もおられると思います。
庭で自分の作った和歌を読む広岡浅子

庭で自分の作った和歌を読む広岡浅子

via 写真/堀江宏樹
今回、展覧会を行うにあたって大同生命さんが調査を重ねた結果、あの本は、彼女御自身の詠草だったと判明したそうですよ。

実物も展示で見ることが出来るのですが、「春」「夏」「秋」「冬」の他、「雑(その他)」といった伝統的な和歌のテーマ別にノートが存在し、興味深いのは「恋」も含まれているところ。書かれた和歌がもっとも少ないのがこの「恋」の巻で、30首もないそうです(一番多いのは「春」の歌だそうです)。

意外すぎる? 情熱的な恋の歌とは

浅子の詠草と、伝統的な形式で書かれた季節の挨拶の手紙

浅子の詠草と、伝統的な形式で書かれた季節の挨拶の手紙

via 写真/堀江宏樹
広岡家に所蔵されていた浅子の短冊和歌。

広岡家に所蔵されていた浅子の短冊和歌。

via 写真/堀江宏樹
しかし意外にも……というと浅子に失礼かもしれませんが、実にしっとりした情緒的なもの、もっというと艶やかな表現が目立つ歌を浅子は詠んでいます。

たとえば……「恋枕」という題で詠まれた次の二首などは、ステキですよ。
「むつごとを かたりあかしし きぬぎぬは 我まくらにも はづかしき哉(かな)」。
「つらかりし 人の心と 思ふより 残る枕も 恨みられつつ」。
言葉を補いながら意訳すれば、

「あの人と愛の言葉を囁き合って朝まで過ごした後は、それを聞かれていた枕にすら、はじらいを覚えてしまう」

「最初から冷たい心の人だったと思えたら良いのだろうけれど……彼が残していった(体温の残る)枕までうらめしく思われる」

……という感じでしょうか。いかがでしょうか、浅子のイメージが変わるような気がしませんか?

しかし残念ながら(?)、お題はお題。平安時代から、とくに和歌を学ぶ人は師匠からお題を与えられて、それに沿って(実感をこめつつ、おもには想像で)詠むという「題詠」を行います。浅子の恋歌もおそらくはそれでしょうね。試行錯誤がうかがえるようで、少し微笑ましくなりますね。
浅子の筆跡

浅子の筆跡

朝ドラでは手習い=書が苦手な人物として描かれたが、実際はTPOで手紙の書体も使い分けるなど、なかなかの名書家。
via 写真/堀江宏樹
また、朝ドラでも描かれていましたが、江戸期の日本で通貨として用いられていた金と銀の他、コメも第二、第三の通貨といえるような存在でした。

言い換えれば、コメさえあれば、現金の融資を受ける際の担保にすらなったのです。浅子が嫁いでくる時代の前から加島屋にも先見の明はあり、江戸時代中期以降は各地の特産品を担保として融資を行っていた……というような話は、筆者としては興味深い発見でした。
31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

堀江宏樹

堀江宏樹

歴史エッセイスト。 2017年の文庫化・新作は 『乙女の美術史 世界編』(角川文庫)7月25日発売 『本当は恐い日本史(仮)』(三笠書房)9月発売予定 『偉人たちのウソ名言(仮)』(PHP)11ー12月発売予定 近著に 『本当は恐い世界史』(三笠書房)、文庫版『乙女の美術史 日本編』(角川書店)、文庫版『愛と夜の日本史スキャンダル』、『三大遊郭』(幻冬舎)、『乙女の真田丸』(主婦と生活社)などがある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

歴史好きなら一度は大好きなお城の近くに住みたい、なんて夢見たことはありませんか?古くから政治、経済、そして文化の中心地として栄えてきた大阪市。そのシンボル・大阪城がある中央区は、大阪の政治の中心地として栄えてきました。大阪城まで徒歩圏内、若者にも人気の街・中央区の魅力をご紹介します[PR]
朝ドラヒロインのモデル、広岡浅子の生涯がわかる特別展示が開催中【前編】

朝ドラヒロインのモデル、広岡浅子の生涯がわかる特別展示が開催中【前編】

「びっくりぽん」でおなじみ、平成27年後期連続テレビ小説「あさが来た」(NHK)のモデルとなった広岡浅子。その浅子が創業に尽力した大同生命の大阪本社ビルで、現在特別展示「大同生命の源流“加島屋と広岡浅子”」が開催中。ドラマでは今までの考えに縛られない自由な人として描かれていた浅子ですが、実際はどんな人物だったのでしょうか?歴史エッセイストの堀江宏樹さんがレポートします!
「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

京都・本能寺で起こった、最も有名な下剋上事件「本能寺の変」。このとき堺でわずかな家臣と旅の途中だった徳川家康は浜松へ逃げ帰ることを決断します。これが成功しなかったら日本の歴史が変わっていた!?家康の「伊賀越え」とそのルートをご紹介します。
【 勝竜寺城、宮津城…】家族運に恵まれなかった!?細川忠興ゆかりの地・前編

【 勝竜寺城、宮津城…】家族運に恵まれなかった!?細川忠興ゆかりの地・前編

1563年(永禄6)11月28日は、天下一気が短い大名として名高い細川忠興の誕生日(新暦)。83歳まで生きた忠興は、山城勝竜寺から始まり、丹後宮津、豊前小倉、肥後八代と、時代の流れとともに居住地を変えていきます。武将としての輝かしい戦歴、外様大名としての政治力を持ちながらも、実はその人生は家族運に恵まれず、一家離散の危機ばかり。今回はその人生の前半戦、山城・丹後時代の縁の地をご紹介します。
【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

のんびり過ごす年末年始もいいですが、せっかくのお休みですし、どこかに出かけてみませんか?今回は、年末年始でも間に合う!穴場的な偉人ゆかりの地や、おすすめスポットを紹介します。2018年に周年を迎える平清盛や伊能忠敬、特別番組で話題の「風雲児たち」ゆかりの地もこの時期ならねらい目ですよ。