西郷どん、ヒジカタ君…幕末維新にちなんだご当地キャラ大集合!
2018年6月15日 更新

西郷どん、ヒジカタ君…幕末維新にちなんだご当地キャラ大集合!

大人気の「ひこにゃん」をはじめ、各地域を盛り上げるために活動するご当地キャラ。その中でも今回は幕末維新にちなんだキャラを集めました。今年の主役「西郷どん」からグッズも大人気の「ヒジカタ君」、高杉晋作に憧れた「萩にゃん。」まで、あなたは誰に出会いたいですか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今年の顔!鹿児島市といえば「西郷どん」

西郷どん

西郷どん

via 写真提供:鹿児島市
まずは、鹿児島市明治維新PRキャラクターの「西郷どん」をご紹介。
誕生日は西郷と同じ12月7日(旧暦)。好きな言葉はもちろん「敬天愛人」!
憧れの西郷さんのような人になれるよう、日々鍛錬をしているとか。
現在は様々なイベントで「維新のふるさと鹿児島市」の魅力を伝える活動をしています。
大河ドラマの主役でもある今年は、最も忙しいかもしれない?キャラクターです。
写真提供:鹿児島市 (19232)

すでにイベントでも大活躍!
via 写真提供:鹿児島市

ご当地ヒーロー「薩摩剣士隼人」

地元では精力的に活動中!
2011年に鹿児島テレビにてドラマの放送が始まって以来、根強い人気を誇るご当地ヒーロー「薩摩剣士隼人」。
鹿児島には古くからボッケモンと呼ばれる精霊がいたそうで、その中から生まれたヒーローが隼人なんです。

薩摩剣士隼人 第1話 だいやめをすっど!

ほかにも「薩摩犬つんつん」や「野狐コンコン」など、楽しいボッケモンキャラがいっぱい。
中でも「薩摩の大巨人・ダイサイゴー」。身長3.2mの巨体は一度見たら忘れられない?
放送されたテレビドラマはWEBでも見られるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

函館の観光ガイド!?「ヒジカタ君」

函館・五稜郭にてガイドをつとめる?ヒジカタ君。

函館・五稜郭にてガイドをつとめる?ヒジカタ君。

via 写真提供:工房アルティスタ
新選組副長・土方歳三に憧れて、魂が同化してしまったというキャラが「ヒジカタ君」。
2007年より活動を始め、年齢は永遠の35歳だそう。
大人気のグッズは五稜郭だけでなく、新千歳や函館空港、さらには土方歳三ゆかりの地である日野でも購入できますよ。
羽織を着たヒジカタ君も新鮮です!
28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

薩摩藩出身の明治の重鎮といえば、黒田清隆を忘れてはいけません。第2代内閣総理大臣であり、北海道開拓の第一人者としても大きな功績を挙げた黒田。しかし一方で、酒乱という困った一面もありました。そのせいで、妻に関する良からぬ噂も…?今回はそんな黒田清隆にまつわるエピソードやゆかりの地をご紹介します。
偉人の銅像も!ご当地の歴史が学べる人気「道の駅」5選

偉人の銅像も!ご当地の歴史が学べる人気「道の駅」5選

ご当地の特産品やグルメを楽しむことができ、ドライブの途中で立ち寄れる人気観光スポット「道の駅」。なかにはその土地の歴史を紹介する施設が併設されている道の駅もあるんですよ。今回は「歴史も学べる道の駅」を全国から厳選!夏休みの旅行の際に、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

明治維新150年にあたる今年。高知や山口などの主要箇所もちろん、全国各地で企画展が開催されています。普段の歴史旅や夏休みにプラスしたい企画展の内容をご紹介します。
伊達や長宗我部、新選組に西郷どんも!2018年5月の歴史イベント5選

伊達や長宗我部、新選組に西郷どんも!2018年5月の歴史イベント5選

ゴールデンウィーク開けの5月も、歴史イベントはまだまだあります。しかも伊達政宗や長宗我部、新選組という超人気者にちなんだおまつりがゆかりの地で開催。さらに大河ドラマ『西郷どん』の特別展も始まるなど、どれも見逃せない5月のイベントをご紹介します!
西郷どんの大好物・黒豚もぎっしり!幕末維新にちなんだ駅弁3選

西郷どんの大好物・黒豚もぎっしり!幕末維新にちなんだ駅弁3選

歴史好きならきっと、史跡めぐりに夢中になって、ご当地グルメを食べ損なった…という経験があるはず。そんな方におすすめなのが「駅弁」!地元の食が気軽に楽しめるうえ、ゆかりの人物にちなんだものもありますよ。その中でも今回は幕末維新にちなんだ駅弁をご紹介します。
やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。
リングインする龍馬に、消えた龍馬…。日本縦断リョーマ探し!「ニッポン銅像探訪記 第3回:坂本龍馬・全国編」

リングインする龍馬に、消えた龍馬…。日本縦断リョーマ探し!「ニッポン銅像探訪記 第3回:坂本龍馬・全国編」

坂本龍馬の銅像を追いかけて早くも3回目。さすがにしつこいという声が聞こえてきそうなので、今回で龍馬巡りは一区切り。1回目の土佐編、2回目の京都編に続き、第3回は北は北海道から南は鹿児島まで、全国に点在する龍馬像を紹介します。
2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年に放送予定の大河ドラマは西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」に決まりました。西郷隆盛といえば薩摩の偉人ですが、活躍の舞台は日本各地に存在します。今回は一足先に、大河ドラマのロケ地になるであろう西郷隆盛ゆかりの場所をご紹介します。
ラッコ鍋で奮い立つ?海の動物たちが秘める意外な効果とは【偉人が愛した肉料理:第9回】

ラッコ鍋で奮い立つ?海の動物たちが秘める意外な効果とは【偉人が愛した肉料理:第9回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが肉料理を紹介する連載。今回は巷で話題の「ラッコ鍋」から、海の動物たちに注目。縄文色が色濃く残った北海道や東北北部で、アイヌの人々が食べていた海の動物の肉、その意外な効果とは?気になる北方食文化に迫ります。
【大阪の大恩人】大阪を建て直した五代友厚の功績とゆかりの地

【大阪の大恩人】大阪を建て直した五代友厚の功績とゆかりの地

NHKの朝ドラ「あさが来た」でディーン・フジオカさんが演じ、一躍人気が出た五代友厚。西郷隆盛や大久保利通より少し下の世代ですが、薩摩藩士だった五代は、彼らや他の志士たちとも交流がありました。薩摩を離れ、大阪経済の建て直しと近代化に人生を捧げた彼の生涯とゆかりの地をご紹介します。