第7回:西郷隆盛も尊敬!水戸藩の学者・藤田東湖ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】
2018年3月30日 更新

第7回:西郷隆盛も尊敬!水戸藩の学者・藤田東湖ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第7回は、藤田東湖ゆかりの地・水戸。西郷隆盛が師として敬った水戸藩の学者・藤田東湖は、徳川慶喜の父・斉昭の側近としても活躍。西郷や吉田松陰だけでなく、全国の志士や大名にまで影響を与えた人物です。今回はそんな藤田東湖のルーツをご案内します。

小栗さくら小栗さくら

西郷「ただ畏るべき者は東湖先生独りのみ」

藤田東湖 生誕の地

藤田東湖 生誕の地

水戸の町には、1m程の銅像がいくつもあります。
大きな銅像もいいですが、先人への愛を感じる水戸の銅像も素敵ですよ。
via 提供:小栗さくら
西郷隆盛が「天下真に畏(おそ)るべき者なし、ただ畏るべき者は東湖先生独りのみ」と評したほどの学者・藤田東湖。水戸藩主・徳川斉昭の側近としても活躍し、西郷だけでなく、全国の志士や大名にまで影響を与えた人物です。

そんな東湖は、西郷と出会う前に人生で3度も危機が訪れています。
今回はその危機を追いながら、東湖ゆかりの水戸史跡を巡ってみます。

学者である父・幽谷に影響を受ける

藤田東湖は、文化3年(1806)に水戸・梅香の屋敷で生まれました。

東湖の父も学者で、藤田幽谷(ゆうこく)という、水戸の歴史に欠かせない人物の一人。
父・幽谷は古着屋の息子でしたが、そこから飛躍し、「彰考館」の総裁にまで上りつめています。彰考館というのは、徳川光圀による水戸藩の一大事業、『大日本史』を編纂するために作られた修史局のことです。

水戸黄門の「格さん」のモデルとなった安積澹泊(あさか・たんぱく)も、彰考館の総裁だったんですよ!
藤田幽谷 生誕の地碑

藤田幽谷 生誕の地碑

この坂を登り、突き当たりを左に曲がれば、東湖の生誕地が見えてきます。
水戸は意外と坂が多いので、歩きやすい靴をオススメします。
via 提供:小栗さくら
東湖は次男でしたが、兄が幼くして亡くなったため、跡取りとして幽谷の影響を大いに受けて育ちました。

東湖が生まれた文化年間は、外国船による圧力が強まっていた頃。
文化元年(1804)にはロシアのレザノフが交易を求め、文化3年~4年にかけてはロシア人が樺太や択捉島に侵入、文化5年にはイギリス軍艦が長崎に侵入したフェートン号事件が起きています。

こうした情勢も、幽谷や東湖の人生に影響を与えていたことでしょうね。
藤田東湖  産湯の井戸

藤田東湖 産湯の井戸

東湖の生誕地にある産湯の井戸。銅像の左手にあります。
via 提供:小栗さくら

一度目の死の覚悟:大津浜事件

藤田東湖

藤田東湖

戸田忠太夫と水戸藩の双璧をなし、徳川斉昭の腹心として「水戸の両田」と称されていました。
東湖は39歳の時に、「三たび死を決して、而(しこう)して死せず」と記しています。
その人生には3度、死を覚悟したことがあったという東湖。

一度目は19歳で、水戸藩に危機が訪れた時でした。
文政7年(1824)5月28日、異国船数隻が大津浜(茨城県北茨城市)に現れて上陸するという、「大津浜事件」が起こります。
実はこれより以前から、常陸国周辺には異国船が相次いで現れていたのですが、ついにこの日、上陸されるという事態になってしまうのです。

この時異国人を取り調べるため、筆談役として向かった1人が、会沢正志斎(あいざわ・せいしさい)という、父・幽谷の門人だった人物でした。そのため筆談の内容は、幽谷にも報告されていたといいます。

上陸したイギリス人の本意を見抜いた正志斎

会沢正志斎 銅像

会沢正志斎 銅像

異国人を取り調べた会沢正志斎。彼も幕末の志士たちに大きな影響を及ぼしています。
銅像はほんのりモデル立ち風…。
via 提供:小栗さくら
正志斎らは、筆談により相手がイギリス人だと分かると、今度はその目的を追求します。

すると船員たちは、「捕鯨が目的」だと説明。しかし、正志斎はその本意は別にあると怪しんでおり、イギリスが既にアジアを侵略している情報を得ます。日本にもその危機がある…そう感じた正志斎は、藩主・斉脩(なりのぶ)に危険性を上申しました。
しかし結局、藩主は幕府役人に任せるという判断を下してしまうのです。

この時、「異国の船員たちがお咎めなく釈放されてしまう」という噂を聞いた幽谷は、そんなことではいけないと憤り、息子・東湖を呼んで大津浜へ急ぐように命じます。

これが一度目の死の覚悟です!

異国人の釈放を防ぐため、急ぎ大津浜へ

60 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。
西郷隆盛の貴重な詩書や肖像画が見られる!「大西郷展」が京都・霊山歴史館で開催中

西郷隆盛の貴重な詩書や肖像画が見られる!「大西郷展」が京都・霊山歴史館で開催中

明治維新の立役者、西郷隆盛に関する史料で紹介する通年特別展「大西郷展」が、幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」(京都府)で開催されています。3月18日(日)までの第1期は「西郷隆盛と薩摩藩」と題し、西郷が京都で活躍した時代や西南戦争の模様を約100点の史料で紹介。幕末ファンはもちろん、大河ドラマ「西郷どん」がより楽しめる、その見どころをご紹介します!
大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ「西郷どん」をご覧になっている方、第1回から鹿児島の風景がふんだんに出て来たことをご確認できたかと思います。オープニング映像でも、桜島を代表とする県内各地の豊かな自然と美しい歴史的景観が紹介されています。今回は、鹿児島・仙巌園の学芸員で歴史イベントのプロデュースをしている岩川拓夫が「西郷どん」の風景を紹介します。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

慶応2年(1866)1月21日に締結された薩長同盟。当時は犬猿の仲だった薩摩と長州を、坂本龍馬らの仲立ちによって結ばれた同盟は、幕末のみならず日本の歴史においてとても大きな出来事でした。しかし、下関での会談では西郷隆盛がドタキャンして桂小五郎を怒らせるなど、なかなか大変だったようです。今回は薩長同盟締結に至るまでと、ゆかりの地をご紹介します。
どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

温泉が恋しくなる季節。せっかくなら、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛ゆかりの温泉を訪ねてみませんか?かなりの温泉好きで知られる西郷は、名湯が多いとされる鹿児島県の中でも、名湯中の名湯を選んでいるのが特徴です。今回は、西郷が訪れたとされる9つのうち、現在も利用できる7つの温泉を紹介します。温泉地で好きな狩猟をしながら、国の将来を考えていたであろう西郷の姿を思い浮かべながら、温泉に浸かるのもいいかもしれません。
第5回:西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第5回:西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第5回は、幕末維新期に活躍した志士たちの多くが眠る「青山霊園」(東京都港区)。今回は特に大久保利通や精忠組など、西郷隆盛の盟友たちのお墓を、西郷との関わりと共にご紹介します。大河ドラマ「西郷どん」ではどう描かれるのか?お墓参りに行けば、彼らをより身近に感じられるはず。
西郷隆盛の礼装を現代風にアレンジ!『鹿児島西郷(せご)しゃつ』が発売

西郷隆盛の礼装を現代風にアレンジ!『鹿児島西郷(せご)しゃつ』が発売

明治維新150周年を記念し、“西郷隆盛公”の礼装を現代風にアレンジした「鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-」と、“書生スタイル”をイメージさせる「鹿児島西郷しゃつ-ホワイトステージ-」が高山CHOYAソーイング株式会社より発売。限定販売ということなので、気になる方はお早めにチェック!
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。