第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】
2018年8月18日 更新

第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第11回は五稜郭をご紹介します。旧幕府軍が新政府軍と戦った函館戦争の舞台にもなった稜堡式の城郭。その印象的な星形が特徴ですが、他にもおすすめの撮影ポイントを写真とともにご案内します。

けいすけ(日本の城写真集)けいすけ(日本の城写真集)

新幹線でも行ける!五稜郭(北海道・函館)へのアクセス

北海道の最南部、函館の市街地にある五稜郭。日本の城には珍しい星形の城で、いわゆる姫路城や熊本城といった日本の典型的な城とは形式が全く異なります。築城されたのは江戸時代末期で、江戸幕府が蝦夷地を支配する拠点となりました。築城に当たっては、大砲を用いた戦闘を意識した西洋式の形式を取り入れたため、五稜郭の形状は星形となったのです。

函館へは飛行機でのアクセスが一般的ですが、北海道新幹線開通後は新幹線という選択肢もできました。市の中心部からの五稜郭へのアクセスは、市電で五稜郭公園前で降りて徒歩約15分です。または函館駅などから五稜郭まで着くバスもあります。夏に訪れる際には、北海道とはいえ暑いので、夏バテしないように五稜郭までたどり着いてください!
五稜郭についたら、まずは上から五稜郭を見下ろせる「五稜郭タワー」に登ってみましょう。

撮影ポイント1:まずは何はともあれ、上から五稜郭を見下ろす!

五稜郭タワーは五稜郭のすぐそばに立つ高さ107メートルのタワーです。エレベーターで最上階に上ると五稜郭を足元に見下ろすことができます。まずは展望台から星形の五稜郭の全貌を掴みましょう。窓からは五稜郭全体を見ることができますが、普通に写真に撮るとすべてを1枚に収めるのは難しいはず…
【五稜郭タワーから】普通に写真に撮ると1枚に収めるのは...

【五稜郭タワーから】普通に写真に撮ると1枚に収めるのは難しいはず…ただ全体が星形であることと、手前に三角形の半月堡が設けられていることが分かる

via 写真提供:日本の城 写真集

いよいよ五稜郭に足を踏み入れる!まずは一の橋から

五稜郭タワーで全貌を把握したら、タワーを降りて五稜郭に入っていきます。まず私たちを迎えてくれるのは大手門に相当する一の橋です。この橋を渡ると半月堡に入ります。
【一の橋と五稜郭石碑】いよいよここから五稜郭に入る

【一の橋と五稜郭石碑】いよいよここから五稜郭に入る

via 写真提供:日本の城 写真集
一の橋を渡ると半月堡に入ります。五稜郭タワーから見た通り、半月堡は三角形をしています。城外側の三角形の角にはかつて大砲を置いたと思われる台が残ります。
【半月堡先端への登り口】半月堡先端の台上に大砲を引き上...

【半月堡先端への登り口】半月堡先端の台上に大砲を引き上げるためにスロープ状になっていると思われる

via 写真提供:日本の城 写真集
【半月堡先端のようす】水濠の対岸から見る。ここに大砲を...

【半月堡先端のようす】水濠の対岸から見る。ここに大砲を載せることになっていたか。

via 写真提供:日本の城 写真集

二の橋を渡りいよいよ星形部分に突入!

半月堡から二の橋を渡ると、いよいよ五稜郭のメインの星形の部分に入ります。
【二の橋】半月堡から二の橋を渡ると、いよいよ五稜郭のメ...

【二の橋】半月堡から二の橋を渡ると、いよいよ五稜郭のメインの星形の部分に入る

via 写真提供:日本の城 写真集
58 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいすけ(日本の城写真集)

けいすけ(日本の城写真集)

Webサイト「日本の城写真集」(http://castle.jpn.org/)の管理人です。日本各地にある遺構の残る城や著名な城を訪問し、城の象徴である天守のみならず、様々な見どころの写真を撮って公開しています。みなさまに城の魅力が少しでも伝われば何よりです。日本全国444城、16,428枚の写真を収録(2017/9/4現在)。Twitterもやっています:https://twitter.com/castle_jpn 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

春といえば桜。かっこいい天守をもつ城と美しい桜という、日本ならではの最強コンビが楽しめる季節がやってきます。桜の名所としても名高い城を開花が早いと予想される地域から順にご紹介。祭りやライトアップなどイベントも盛りだくさん。ひと足お先に春を感じて見ませんか?
この冬見逃せない!城×イルミネーションイベントまとめ

この冬見逃せない!城×イルミネーションイベントまとめ

冬のイベントとして定番となったイルミネーション。最近ではお城でも開催されるようになり、3Dプロジェクションマッピングも合わさって、みごとな風景を描き出しています。今回は2017年の冬から2018年の春にかけて開催される、城のイルミネーションイベントをご紹介。伝統建築と現代文明の融合、昼間とは違うお城の姿を堪能して、身も心もホットになりましょう。
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

夏に人気の観光地・北海道。2018年は「北海道」命名150年ということで、道内各地で記念のグッズが販売されています。なかには期間・数量限定で今しか購入できないものも。今回はその中から、夏休みの旅行のお土産におすすめしたい限定お菓子をご紹介します。
【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

明治2(1869)年8月15日、それまで蝦夷地と呼ばれていた島は松浦武四郎の命名案「北加伊道」を元に「北海道」と名付けられました。2018年は命名150年目の節目として、記念イベントが盛大に行われています。難読地名と本州で馴染み深い地名が多く見られる北海道。地名にはそれぞれ、アイヌ民族の歴史、和人流入の歴史が刻まれています。ここでは10の地名と由来を紹介しながら、その歴史を紐解いていきます。
夏休みに行きたい!ご当地の歴史も学べる人気「道の駅」5選

夏休みに行きたい!ご当地の歴史も学べる人気「道の駅」5選

ご当地の特産品やグルメを楽しむことができ、ドライブの途中で立ち寄れる人気観光スポット「道の駅」。なかにはその土地の歴史を紹介する施設が併設されている道の駅もあるんですよ。今回は「歴史も学べる道の駅」を全国から厳選!夏休みの旅行の際に、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

元亀元年7月16日(1570年8月17日)、常陸の戦国大名・佐竹義宣は「鬼義重」こと佐竹義重の息子として誕生しました。父の築いた地盤を受け継いで常陸をほぼ手中に収めた義宣ですが、関ヶ原の戦いの後は遠く出羽へと転封されてしまいます。その理由は彼の人となりが原因だった?今回は佐竹義宣の生涯とゆかりの地をご紹介します。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

徳川家康の六男・松平忠輝。家康の実子でありながら、父からは疎まれ「鬼っ子」と呼ばれた理由とは…?不遇の生涯を送った忠輝が藩主として唯一幸せに過ごしたとされるゆかりの地・高田城(新潟県上越市)をご紹介します。
命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

2018年は北海道命名150年記念の年。道内各地で記念事業が行われるなか、改めて注目を集めている人物こそ、北海道の名付け親といわれる松浦武四郎です。北海道博物館では6月30日から特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」を開催。特別展の見どころとともに、北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」でも注目を集める武四郎の生涯をご紹介します。