第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】
2018年8月18日 更新

第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第11回は五稜郭をご紹介します。旧幕府軍が新政府軍と戦った函館戦争の舞台にもなった稜堡式の城郭。その印象的な星形が特徴ですが、他にもおすすめの撮影ポイントを写真とともにご案内します。

けいすけ(日本の城写真集)けいすけ(日本の城写真集)

新幹線でも行ける!五稜郭(北海道・函館)へのアクセス

北海道の最南部、函館の市街地にある五稜郭。日本の城には珍しい星形の城で、いわゆる姫路城や熊本城といった日本の典型的な城とは形式が全く異なります。築城されたのは江戸時代末期で、江戸幕府が蝦夷地を支配する拠点となりました。築城に当たっては、大砲を用いた戦闘を意識した西洋式の形式を取り入れたため、五稜郭の形状は星形となったのです。

函館へは飛行機でのアクセスが一般的ですが、北海道新幹線開通後は新幹線という選択肢もできました。市の中心部からの五稜郭へのアクセスは、市電で五稜郭公園前で降りて徒歩約15分です。または函館駅などから五稜郭まで着くバスもあります。夏に訪れる際には、北海道とはいえ暑いので、夏バテしないように五稜郭までたどり着いてください!
五稜郭についたら、まずは上から五稜郭を見下ろせる「五稜郭タワー」に登ってみましょう。

撮影ポイント1:まずは何はともあれ、上から五稜郭を見下ろす!

五稜郭タワーは五稜郭のすぐそばに立つ高さ107メートルのタワーです。エレベーターで最上階に上ると五稜郭を足元に見下ろすことができます。まずは展望台から星形の五稜郭の全貌を掴みましょう。窓からは五稜郭全体を見ることができますが、普通に写真に撮るとすべてを1枚に収めるのは難しいはず…
【五稜郭タワーから】普通に写真に撮ると1枚に収めるのは...

【五稜郭タワーから】普通に写真に撮ると1枚に収めるのは難しいはず…ただ全体が星形であることと、手前に三角形の半月堡が設けられていることが分かる

via 写真提供:日本の城 写真集

いよいよ五稜郭に足を踏み入れる!まずは一の橋から

五稜郭タワーで全貌を把握したら、タワーを降りて五稜郭に入っていきます。まず私たちを迎えてくれるのは大手門に相当する一の橋です。この橋を渡ると半月堡に入ります。
【一の橋と五稜郭石碑】いよいよここから五稜郭に入る

【一の橋と五稜郭石碑】いよいよここから五稜郭に入る

via 写真提供:日本の城 写真集
一の橋を渡ると半月堡に入ります。五稜郭タワーから見た通り、半月堡は三角形をしています。城外側の三角形の角にはかつて大砲を置いたと思われる台が残ります。
【半月堡先端への登り口】半月堡先端の台上に大砲を引き上...

【半月堡先端への登り口】半月堡先端の台上に大砲を引き上げるためにスロープ状になっていると思われる

via 写真提供:日本の城 写真集
【半月堡先端のようす】水濠の対岸から見る。ここに大砲を...

【半月堡先端のようす】水濠の対岸から見る。ここに大砲を載せることになっていたか。

via 写真提供:日本の城 写真集

二の橋を渡りいよいよ星形部分に突入!

半月堡から二の橋を渡ると、いよいよ五稜郭のメインの星形の部分に入ります。
【二の橋】半月堡から二の橋を渡ると、いよいよ五稜郭のメ...

【二の橋】半月堡から二の橋を渡ると、いよいよ五稜郭のメインの星形の部分に入る

via 写真提供:日本の城 写真集
58 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいすけ(日本の城写真集)

けいすけ(日本の城写真集)

Webサイト「日本の城写真集」(http://castle.jpn.org/)の管理人です。日本各地にある遺構の残る城や著名な城を訪問し、城の象徴である天守のみならず、様々な見どころの写真を撮って公開しています。みなさまに城の魅力が少しでも伝われば何よりです。日本全国444城、16,428枚の写真を収録(2017/9/4現在)。Twitterもやっています:https://twitter.com/castle_jpn 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

春といえば桜。かっこいい天守をもつ城と美しい桜という、日本ならではの最強コンビが楽しめる季節がやってきます。桜の名所としても名高い城を開花が早いと予想される地域から順にご紹介。祭りやライトアップなどイベントも盛りだくさん。ひと足お先に春を感じて見ませんか?
この冬見逃せない!城×イルミネーションイベントまとめ

この冬見逃せない!城×イルミネーションイベントまとめ

冬のイベントとして定番となったイルミネーション。最近ではお城でも開催されるようになり、3Dプロジェクションマッピングも合わさって、みごとな風景を描き出しています。今回は2017年の冬から2018年の春にかけて開催される、城のイルミネーションイベントをご紹介。伝統建築と現代文明の融合、昼間とは違うお城の姿を堪能して、身も心もホットになりましょう。
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第13回はユニークな石垣をもつ3城、「岡城」「米子城」「大和郡山城」をご紹介します。岡城の高石垣、米子城の登り石垣、大和郡山城の天守台…いずれも当時の建物は残らなくても、石垣だけで魅力十二分!そんな3城の見どころを写真を中心に紹介していきます。
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第12回は鹿児島城をご紹介します。島津家が関ケ原合戦直後に薩摩藩の支配拠点として築いた鹿児島城。その見どころを写真を中心に紹介していきます。
【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

薩摩藩出身の明治の重鎮といえば、黒田清隆を忘れてはいけません。第2代内閣総理大臣であり、北海道開拓の第一人者としても大きな功績を挙げた黒田。しかし一方で、酒乱という困った一面もありました。そのせいで、妻に関する良からぬ噂も…?今回はそんな黒田清隆にまつわるエピソードやゆかりの地をご紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

夏に人気の観光地・北海道。2018年は「北海道」命名150年ということで、道内各地で記念のグッズが販売されています。なかには期間・数量限定で今しか購入できないものも。今回はその中から、夏休みの旅行のお土産におすすめしたい限定お菓子をご紹介します。