圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート
2018年1月26日 更新

圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

平成30年1月7日(日)~2月12日(月・祝)福岡市博物館で開催中の特別企画展「黒田家の刀剣と甲冑展」。黒田家歴代当主たちのお宝とともに、刀剣女子たちに大人気の「圧切長谷部」や「日本号」の展示もあり、連日行列ができるほど賑わっています。その盛り上がりを肌で感じるべく編集部が潜入取材。見どころ満載の特別企画展の模様をレポートします!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

黒田家ゆかりの品が多く所蔵されている福岡市博物館

撮影:ユカリノ編集部 (12403)

via 撮影:ユカリノ編集部
福岡といえば、大河ドラマにもなった黒田官兵衛ゆかりの地として有名ですよね。
官兵衛を藩祖とし、福岡藩は初代藩主・長政より代々黒田家が藩主をつとめました。

そんな歴代藩主たちのゆかりの刀剣や甲冑といった「武の装い」が一堂に会している福岡市博物館の新春特別企画「黒田家の刀剣と甲冑展」。個性豊かな兜や美しい刀剣など、ただ眺めるだけでももちろん眼福なのですが、せっかくなので学芸員さんに刀剣の見方や、秘められた意外なエピソードをお伺いしました。
知っておけば2倍楽しめる!その見どころをご紹介します。
撮影:ユカリノ編集部 (12404)

via 撮影:ユカリノ編集部

黒田長政が愛用した大身鎗「一国長吉」

大身鎗 名物「一国長吉」

大身鎗 名物「一国長吉」

via 撮影:ユカリノ編集部
企画展に入ってまず目に飛び込んでくる大身鎗 名物「一国長吉」。これは長政が初陣以来愛用し、度々手柄を立てた鎗です。その活躍で筑前国の太守になれたことから「一国」と命名されたのだそう。

黒田家の氏神である「八幡大菩薩」と掘られていますが、よく見ると結構浅くなっています。それだけ使い込んでいたのが分かりますね。
ちなみに、こうして全景を見ることができるのはレアなのだそうですよ。

個性豊か過ぎる!黒田家甲冑コレクション

一国長吉の反対側には、ズラリと並んだ黒田家の甲冑コレクション。どれも個性的で有名なので、歴史好きの方々は見覚えがあるのではないでしょうか?
黒田家当主たちの豪華な甲冑ラインナップがお出迎え

黒田家当主たちの豪華な甲冑ラインナップがお出迎え

via 撮影:ユカリノ編集部

目立ち過ぎ!敵から大砲の的にされた兜

悪目立ちして標的に!「銀大中刳大盔旗脇立頭形兜」

悪目立ちして標的に!「銀大中刳大盔旗脇立頭形兜」

via 撮影:ユカリノ編集部
中でも、ひときわ目を引くのがこちらの「銀大中刳大盔旗脇立頭形兜(ぎんおおなかぐりおおたてもの わきだてずなりかぶと)」。
官兵衛と長政に仕えた黒田二十四騎の一人・黒田一成が着用したものです。素人目に見ても、ツッコミたくなるこの兜。
関ケ原の戦いの前哨戦・合渡の合戦ではあまりの大きさに目立ち過ぎ、大砲の的にされたのだとか(笑)その気持ち、分かりますね…。

「歯朶」といえば…関ヶ原の戦いで長政が家康から拝領した兜

撮影:ユカリノ編集部 (12705)

via 撮影:ユカリノ編集部
47 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

名軍師・黒田官兵衛の嫡男であり、父と共に秀吉に仕え、数々の武功をあげた黒田長政。関ヶ原合戦では東軍として活躍し、家康から認められ、福岡藩初代藩主になります。1623年(元和9)8月29日の長政の命日にちなみ、今回は長政の福岡ゆかりの地と、黒田家の家宝を所蔵する福岡市博物館を紹介します。
【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。
生誕450年!立花宗茂ゆかりの地・柳川で開催中の特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」

生誕450年!立花宗茂ゆかりの地・柳川で開催中の特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」

1567年に生まれ、西国無双といわれた戦国武将・立花宗茂。その生誕450年を記念し、宗茂が初代藩主となった柳川にある立花家史料館と柳川古文書館の2館では特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」が開催。宗茂や、彼を支えた家臣たちゆかりの品や資料が一堂に会した本展と、柳川に残るゆかりの地をレポートします。
【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編

【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編

地名にはそれぞれ由来がありますが、徳川幕府が置かれてから急速に発展した東京は、日本の歴史上、新しく生まれた地名が多く、由来が解明しやすいのが特徴です。今回は、東京23区民の足ともいえる山手線の駅名にちなんだ由来とゆかりの地をご紹介します。
【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

与板藩は、現在の新潟県長岡市にあった小さな藩です。その系譜は、大河ドラマ「天地人」の主人公でおなじみの直江兼続から、同じく「おんな城主 直虎」で知られる井伊家にまで受け継がれます。また、戊辰戦争においても重要拠点となり、新政府軍に大きな貢献を果たしました。しかしそうなるまでには、波乱万丈な歴史があったのです。今回は、そんな与板藩の成り立ちとゆかりの地をご紹介します。
【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

慶長5年(1600)、会津征伐から始まる関ヶ原の戦いが勃発。丹後田辺、大坂玉造、豊後杵築、江戸、そして、関ヶ原と分断されての戦いを強いられることになった細川家は、国が攻め込まれ滅亡寸前に…!細川忠興の丹後時代を紹介した前編に続き、今回は5カ所に分かれて戦った細川家の関ヶ原合戦を中心に、忠興ゆかりの地をご案内します。
【伊達政宗が考案した豪華な正月膳とは】お正月に食べたい!おせち料理の由来と縁起物の意味

【伊達政宗が考案した豪華な正月膳とは】お正月に食べたい!おせち料理の由来と縁起物の意味

お正月といえばおせち料理。今まさに準備している方もいらっしゃるのではないでしょうか。元は神様に供える食べ物で、ひとつひとつに意味や願いが込められています。今回はおせち料理の由来とその意味、さらに食通で知られる伊達政宗が考案した、豪華な正月膳をご紹介します。
徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。
【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

大型の展覧会が多数開催される2018年。貴重な国宝や日本美術が見られる、歴史ファンにはたまらない展覧会も開催されます。新年から国宝「圧(へし)切長谷部」が展示される福岡市博物館、国宝の日本美術や仏像が拝める展覧会、京都国立博物館で開催される初の本格的な刀剣展まで。来年まで待てない、展覧会の内容をご紹介します。
【もうひとりの女城主】立花宗茂の妻・誾千代ゆかりの地

【もうひとりの女城主】立花宗茂の妻・誾千代ゆかりの地

豊臣秀吉に武勇を激賞され、関ヶ原の戦いで改易されながらも大名復活を成し遂げた奇跡の武将・立花宗茂。そんな宗茂の妻である誾千代(ぎんちよ)は、夫にひけを取らない勇ましい女性だったといわれています。しかも7歳にして立花山城主となるのです。今回は誾千代の生涯と宗茂とのゆかりの地、2017年12月9日(土)より開催される特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」も合わせてご紹介いたします。