圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート
2018年1月26日 更新

圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

平成30年1月7日(日)~2月12日(月・祝)福岡市博物館で開催中の特別企画展「黒田家の刀剣と甲冑展」。黒田家歴代当主たちのお宝とともに、刀剣女子たちに大人気の「圧切長谷部」や「日本号」の展示もあり、連日行列ができるほど賑わっています。その盛り上がりを肌で感じるべく編集部が潜入取材。見どころ満載の特別企画展の模様をレポートします!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

黒田家ゆかりの品が多く所蔵されている福岡市博物館

撮影:ユカリノ編集部 (12403)

via 撮影:ユカリノ編集部
福岡といえば、大河ドラマにもなった黒田官兵衛ゆかりの地として有名ですよね。
官兵衛を藩祖とし、福岡藩は初代藩主・長政より代々黒田家が藩主をつとめました。

そんな歴代藩主たちのゆかりの刀剣や甲冑といった「武の装い」が一堂に会している福岡市博物館の新春特別企画「黒田家の刀剣と甲冑展」。個性豊かな兜や美しい刀剣など、ただ眺めるだけでももちろん眼福なのですが、せっかくなので学芸員さんに刀剣の見方や、秘められた意外なエピソードをお伺いしました。
知っておけば2倍楽しめる!その見どころをご紹介します。
撮影:ユカリノ編集部 (12404)

via 撮影:ユカリノ編集部

黒田長政が愛用した大身鎗「一国長吉」

大身鎗 名物「一国長吉」

大身鎗 名物「一国長吉」

via 撮影:ユカリノ編集部
企画展に入ってまず目に飛び込んでくる大身鎗 名物「一国長吉」。これは長政が初陣以来愛用し、度々手柄を立てた鎗です。その活躍で筑前国の太守になれたことから「一国」と命名されたのだそう。

黒田家の氏神である「八幡大菩薩」と掘られていますが、よく見ると結構浅くなっています。それだけ使い込んでいたのが分かりますね。
ちなみに、こうして全景を見ることができるのはレアなのだそうですよ。

個性豊か過ぎる!黒田家甲冑コレクション

一国長吉の反対側には、ズラリと並んだ黒田家の甲冑コレクション。どれも個性的で有名なので、歴史好きの方々は見覚えがあるのではないでしょうか?
黒田家当主たちの豪華な甲冑ラインナップがお出迎え

黒田家当主たちの豪華な甲冑ラインナップがお出迎え

via 撮影:ユカリノ編集部

目立ち過ぎ!敵から大砲の的にされた兜

悪目立ちして標的に!「銀大中刳大盔旗脇立頭形兜」

悪目立ちして標的に!「銀大中刳大盔旗脇立頭形兜」

via 撮影:ユカリノ編集部
中でも、ひときわ目を引くのがこちらの「銀大中刳大盔旗脇立頭形兜(ぎんおおなかぐりおおたてもの わきだてずなりかぶと)」。
官兵衛と長政に仕えた黒田二十四騎の一人・黒田一成が着用したものです。素人目に見ても、ツッコミたくなるこの兜。
関ケ原の戦いの前哨戦・合渡の合戦ではあまりの大きさに目立ち過ぎ、大砲の的にされたのだとか(笑)その気持ち、分かりますね…。

「歯朶」といえば…関ヶ原の戦いで長政が家康から拝領した兜

撮影:ユカリノ編集部 (12705)

via 撮影:ユカリノ編集部
47 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

福岡市博物館で平成30年4月24日(火)~6月24日(日)開催中の「甲冑にみる江戸時代展5―武士と武人の甲冑像―」。同館が収蔵する江戸時代の復古調の甲冑を中心に、黒田長政や黒田二十四騎といった福岡藩ゆかりの人物の肖像画なども多数展示。まさに甲冑好き必見の本展の見どころを、同館学芸員さんにお伺いしました。
【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

名軍師・黒田官兵衛の嫡男であり、父と共に秀吉に仕え、数々の武功をあげた黒田長政。関ヶ原合戦では東軍として活躍し、家康から認められ、福岡藩初代藩主になります。1623年(元和9)8月29日の長政の命日にちなみ、今回は長政の福岡ゆかりの地と、黒田家の家宝を所蔵する福岡市博物館を紹介します。
第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。
戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

6月2日(土)より愛知県の岡崎市美術博物館で開催される「名刀は語るー美しき鑑賞の歴史ー」。静岡県三島市の佐野美術館の収蔵品より、国宝・重文含む約100件の名刀、刀装具が揃います。目玉は何と言っても本多忠勝愛用の名槍「大笹穂槍 銘 藤原正真作(号 蜻蛉切)」の展示。戦国&刀剣ファンは必見です!
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

アロマテラピーがポピュラーになり、誰もが気軽に香りを楽しむようになった現代。その起源であり、古来より親しまれた「お香」は、貴族や武将に愛され、江戸時代には庶民にも広まるようになりました。かつては伊達政宗と前田利家、細川忠興がひとつの香木を巡って争ったといわれる、偉人と香りの関わりとともに、その歴史をご紹介します。
刀のせいで眼病に?丹羽長秀と妖刀「あざ丸」

刀のせいで眼病に?丹羽長秀と妖刀「あざ丸」

織田信長からも「ズッ友」認定された、地味ながらも織田陣営で確固たる存在感を発揮した武将・丹羽長秀。しかし妖刀「あざ丸」を所有したことによりあることに悩まされたとか・・・のちに熱田神宮に奉納された「あざ丸」とは、どんな刀だったのか?その由来とともにご紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。