直虎も清盛も真田丸も!大河ドラマロケのメッカ「えさし藤原の郷」で平安時代にトリップ
2017年9月6日 更新

直虎も清盛も真田丸も!大河ドラマロケのメッカ「えさし藤原の郷」で平安時代にトリップ

奥州藤原氏初代清衡公の生誕地であり、清衡が平泉へ移るまで暮らした岩手県奥州市江刺。そこに超有名歴史テーマパーク「えさし藤原の郷」があるのをご存じでしょうか。近年、NHK大河ドラマなど多くの歴史作品のロケ地として使用され、みちのくのハリウッドといわれるこの歴史公園。大河ドラマ好きは必見です!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

みちのくのハリウッド「えさし藤原の郷」

撮影:ユカリノ編集部 (6741)

via 撮影:ユカリノ編集部
もともと1993年(平成5年)放送の『炎立つ』撮影の際、大規模オープンセットとしてつくられたという「えさし藤原の郷」、撮影終了後も整備されて開園しました。平安時代の建築群が再現された歴史テーマパークとしては日本でここだけ!

直虎も真田丸も…数々の大河ドラマのロケ地に

入場口にある看板

入場口にある看板

(看板だからいいですよね・・・)
via 撮影:ユカリノ編集部
数々の歴史作品のロケ地として使用されている「えさし藤原の郷」。そのラインナップを見てみると、大河ドラマだけでもこれだけあるんです。
【ロケ地に使われた作品】

「炎立つ」(1993)
「花の乱」(1994)
「秀吉」(1996)
「毛利元就」(1997)
「北条時宗」(2001)
「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」(2002)
「義経」(2005)
「風林火山」(2007)
「天地人」(2009)
「龍馬伝」(2010)
「平清盛」(2012)
「おんな城主 直虎」(2017)
「軍師官兵衛」(2014)
「真田丸」(2016)
そして「おんな城主 直虎」(2017)
まさに大河ドラマの聖地と言っても過言ではない「えさし藤原の郷」。
園内では、そのロケスポットはもちろん、大河ドラマファンにはたまらない資料の数々を見ることができます。

あのシーンはいつどこで撮影された?出演者のサインも満載なロケ資料館

撮影:ユカリノ編集部 (6742)

via 撮影:ユカリノ編集部
大河ドラマ好きならまずチェックしてほしいのが、このロケ資料館。
各作品の撮影スポットや撮影秘話、小道具の展示などもありました。こちらで好きな作品の撮影スポットをチェックしてから園内をめぐると、より楽しめます。
贅沢過ぎるサインがたくさん!

贅沢過ぎるサインがたくさん!

他、レストランにもたくさんのサインがあります。
via 撮影:ユカリノ編集部

門の向こうは平安だった

入り口を入ってすぐ見えるのは政庁。政治や重要な儀式が執り行われていたとされます。

ここでは新旧ふたつの様式で再現されており、北側(入り口近く)は8~9世紀、反対の南側は12世紀頃の律令時代が再現されているのだそうです。
政庁(北門)

政庁(北門)

via 撮影:ユカリノ編集部
38 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します
【 初陣から元服まで 】家康の信頼を獲得していった井伊直政の活躍

【 初陣から元服まで 】家康の信頼を獲得していった井伊直政の活躍

井伊万千代(直政)の初陣は、天正4年(1576)2月7日、武田勝頼と交戦した遠江芝原の戦いであると言われています。それから天正10年(1582)、22歳で元服し「直政」と名乗るようになるまで、直政自身にも、主君である家康にも様々な事件が起こります。直政がどのようにして家康の信頼を獲得していったのか。今回は戦国時代の流れを追いながら、直政が初陣してから元服するまでの活躍をご紹介します。
真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

慶長20年(1615)の大坂夏の陣にて討死した真田幸村。嫡男大助も翌日自刃し、戦国時代は終わります……が、真田幸村の血はそこで終わってはおりません。幸村の遺児は伊達家家臣片倉小十郎重長にかくまわれ、白石・蔵王にて脈々とその血を引き継いでいったのです。今回は白石・蔵王に残る仙台真田家ゆかりの史跡をご紹介。仙台真田家だけでなく、幸村の子に随行した家臣についてもご紹介いたします。
【 真田丸の舞台としても注目 】大阪市天王寺区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

【 真田丸の舞台としても注目 】大阪市天王寺区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

2016年の大人気大河ドラマ「真田丸」、その真田丸があったとされるのが大阪・天王寺区です。大阪城から近く、現在は教育に熱心な文教地区として有名です。名門校が多くあり、史跡も多い大阪市天王寺区の魅力をご紹介します[PR]
全ては駿河侵攻から始まった!直虎、家康ゆかりの遠江・駿河のお城5選

全ては駿河侵攻から始まった!直虎、家康ゆかりの遠江・駿河のお城5選

お家存続のため城主になった井伊直虎の人生を描いたNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。物語は中盤を過ぎ、井伊家が今川の支配から脱却する様が描かれています。この後、井伊家は徳川家康と深く関わり、名家へと大出世を遂げるのです。 本稿では今川氏が滅亡し、井伊家躍動のきっかけとなったお城、そして井伊家の出世になくてはならない徳川家康ゆかりのお城をピックアップ。井伊家にとって転機となった武田信玄の「駿河侵攻」を中心に、行きやすく人気のある駿河・遠江のお城を選びました。静岡県の史跡巡りにお役立てください!