御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~
2017年9月14日 更新

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!

みのうち社みのうち社

狐だらけの穴場スポット・新門辰五郎ゆかりの被官稲荷神社(東京都台東区)

都内屈指の観光地・浅草寺の境内にある浅草神社。その裏側にひっそりと佇んでいるのが被官稲荷神社です。

被官稲荷神社は江戸の侠客・新門辰五郎ゆかりの神社。辰五郎は勝海舟とも交流があり、徳川幕府倒幕の際には徳川慶喜の護衛も勤めました。

辰五郎の妻が病魔に侵された際、辰五郎が京の伏見稲荷神社に祈願したところ、病気が全快。そのことから浅草に伏見稲荷を勧請し、現在に至っていると言われています。

ご祭神は宇迦之御魂神なので五穀豊穣、繁栄の神様として信仰されていますが、被官稲荷神社は被官という言葉から就職や出世のご利益もあるそうです。
浅草神社

浅草神社

被官稲荷神社は浅草神社の裏手側にあります。
via みのうち社
浅草神社向かって右の鳥居

浅草神社向かって右の鳥居

こちらをくぐり奥へ向かうと被官稲荷神社にたどり着きます。浅草の喧騒がウソのように静か!
via みのうち社
被官稲荷神社

被官稲荷神社

via みのうち社
こじんまりとしていますが時代を感じます。
正面の鳥居は新門辰五郎により奉納されたものなのだとか。
こちらは覆屋になり、大正時代に造られたと言われています。
被官稲荷神社の狛狐

被官稲荷神社の狛狐

キリリ。
via みのうち社
被官稲荷神社の狛狐

被官稲荷神社の狛狐

子供もキリリ。
via みのうち社
被官稲荷神社のお社

被官稲荷神社のお社

via みのうち社
お社はこちら。辰五郎が安政2年(1855)に創建した当時のものです。
幕末の騒乱、太平洋戦争を経て、奇跡的に残った社です。ご利益も高そう!
というわけで、目立たないところにありながらも参拝客は後を絶ちません。
被官稲荷神社のお姿

被官稲荷神社のお姿

被官稲荷神社のお姿がずらり。浅草神社社務所にてお分けいただけます。
via みのうち社
被官稲荷神社の御朱印

被官稲荷神社の御朱印

via みのうち社
被官稲荷神社の御朱印のカワイイポイントはそのお姿をモチーフにした印判!
お行儀よく並んで座っている姿はカワイさピカ一です。
被官稲荷神社の御朱印は浅草神社の社務所にてお受けすることができます。

お狐さま充をしながら、浅草観光と洒落込んでみてはいかがでしょう?

良縁を招き猫!沖田総司ゆかりの地でもある今戸神社(東京都台東区)

今戸神社

今戸神社

via みのうち社
74 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みのうち社

みのうち社

歴史好きなイラストレーター&ライター、デザイナー、編集者の3人組。 武将の城や偉人の史跡、神社仏閣、美術など、身近にあるものでも最大限に楽しめる「歴史エコ」な情報を発信していきたいと思います。 今後は、各種イベントや本の企画など、歴史にまつわる仕事をしていく予定です。よろしくお願いします! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回はカッコいい御朱印をご紹介します。髑髏(どくろ)や龍などカッコいいモチーフは、見た目だけでなくきちんと由来があるのも特徴です。なんとなくオタク心もくすぐられる、粋な御朱印をご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

怨霊伝説で有名な平将門。実は日本史上に大きな業績を残しています。平安時代に武士団の脅威を朝廷に知らしめて貴族の社会から武士の社会へと移行するきっかけを作り、戦国時代には当たり前の騎馬戦の始まりも将門軍だったといいます。また怨霊のイメージとはうらはらに、とても優しい人物だったようです。将門の業績と怨霊化の要因となった「平将門の乱」と、加護のパワーを持つとされる将門ゆかりの地をご案内いたしましょう。
【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

3月に入り桜の開花が気になる時期になってきました。名城を彩る桜は、昔から変わらず目を愉しませてくれますね。数ある名城で開催される桜イベントの中から、3月に開催される注目の桜イベントを5つ厳選しました。
日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催

日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催

“畳寺”の愛称で親しまれる京都の清浄華院。4月29日の「畳の日」にちなみ、今年は前日の4月28日(土)に「畳寺の畳まつり」が開催されます。当日は、日本唯一の「畳供養」をはじめ、限定御朱印の授与やスイーツのプレゼントも。幕末には会津藩主・松平容保も逗留したことがある名刹のレアな行事をご紹介します。
首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

平将門といえば東京都千代田区にある将門の首塚が有名ですが、そこから約85kmほど離れた栃木県足利市には将門の‟首以外”の部位が落ちたといわれる場所があります。伝説が残る足利市の将門ゆかりの地を追っていきましょう。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は上杉家ゆかりの御朱印をご紹介します。上杉家といえば上杉謙信の本拠地・春日山。そして上杉景勝の時代に移封となった米沢です。どちらも上杉家らしい、威厳と厳格が感じられる素敵な寺社が特徴的です。
【織田信長最大のライバル!?】顕如と石山本願寺・石山合戦ゆかりの地

【織田信長最大のライバル!?】顕如と石山本願寺・石山合戦ゆかりの地

天正20年(1592)11月24日、織田信長と10年以上も死闘を繰り広げた石山本願寺のトップ・顕如が没しました。信長にとって、顕如は最大のライバルともいうべき脅威だったんです。今回は石山本願寺と石山合戦ゆかりの地、そして本願寺が西と東に分かれた経緯も交えてご紹介したいと思います。
【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

11月22日は「いい夫婦の日」ですね。歴史上にもおしどり夫婦と呼ばれるカップルがいますが、みなさんは、誰に憧れますか?戦国の動乱を夫婦の絆で乗り越えた利家とまつ、追われる夫の危機を救った幕末を代表する夫妻・龍馬とおりょうなど、今回は時代を超えて親しまれるおしどり夫婦5組のゆかりの地をお届けします。ぜひ、その地をめぐって幸せなふたりにあやかりましょう♪