大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】
2017年5月6日 更新

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月6日は道明寺・誉田の戦い、八尾・若江の戦いの日にあたります。この連載では歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫ります。第1弾は「真田丸」があったとされるゆかりの地です。

堀江宏樹堀江宏樹

大坂夏の陣とは?

「冬の陣」の終戦からすでに始まっていた次なる戦い

 (3989)

徳川家康と、秀吉亡き後の豊臣秀頼と母である淀殿、その豊臣恩顧の武将たちが戦った「大坂の陣」。1614(慶長19)年の「冬の陣」では、真田幸村が大坂城の南方に築いた「真田丸」のおかげで、徳川軍の猛攻を防ぐことができました。

その後、豊臣方が大坂城の二の丸、三の丸を埋めるなどの条件を飲む形で一旦和睦が成立しますが、平和は長く続かず、翌1615(慶長20)年3月15日、豊臣方が京都に放火したと情報が伝えられると、家康は新たな条件を豊臣方に突きつけます。しかし秀頼は大和か伊勢に移るという条件を当然飲むことができず、戦いは再び勃発したのです。
「大坂夏の陣図屏風」・右隻

「大坂夏の陣図屏風」・右隻

(通称:黒田屏風、大阪城天守閣所蔵、重要文化財)

大坂の陣の中心地「真田丸」とその周辺を歩く

「真田丸」最寄駅の玉造から幸村ゆかりの神社へ

通称・幸村ロード

通称・幸村ロード

猿飛佐助や霧隠才蔵、三好清海入道などお馴染み「真田十勇士」の面々を、アニメキャラ風に描いたパネルがお出迎え。
via 堀江宏樹
そもそも、「夏の陣」で豊臣方が苦戦を強いられたのは、先に徳川方に大坂城の堀を埋められてしまったこと。徳川方は、一度も大坂城を超えたことはないのです。

「冬の陣」の勝利の決定的な現場となった「真田丸」。数年ほど前まで、その「真田丸」がどこにあったかには諸説ありました。しかし旧・広島藩主の浅野家が所有していた「諸国古城之図」の中に『大坂真田出丸』という絵図があり、これが現在の地形と照らし合わせてみても実に正確な記述がなされていることが近年、注目されました。

現代でいえば、この絵図に描かれているのは、JR玉造駅から歩いて10~15分程度の明星学園の敷地あたり(大阪市天王寺区の餌差町あたり)に相当するといわれ、真田丸は本当はこのあたりのあったのではないか!? という有力な仮説が提出されたわけです。

玉造駅を出るとすぐに、真田の赤いのぼりが立ち並んでいます。玉造駅周辺は大河ドラマ『真田丸』が終わったいまも真田ブームのまっただなか。今回は、幸村が大坂城から掘ったといわれる抜け穴の残る三光神社の界隈を抜け、真田丸が本当にあったとされる明星学園に向かって歩いてみました。

大坂城からの抜け穴の道は、商店街の中?

三光神社までは商店街を抜ける

三光神社までは商店街を抜ける

グーグルマップの近道表示で出てくるルートはちょっとわかりづらかったです。
via 堀江宏樹
しかし…グーグルマップ経由で見たときの印象とはことなり、玉造駅前は分厚い商店街がたちならんでいました。なかなか外部者には三光神社への近道はわかりにくいかもしれません。

駅の人に聞いたところ、「道は真田ののぼりが立ってるのですぐにわかりますよ~」とのことでしたが、たしかに途中までは現代風にデフォルメされた真田十勇士のイラストが並んでいたりするので、わりとわかりやすかったのです。

ところが、商店街の目抜き通りに突き当たったところ、いきなりわからなくなりました。さてどう行ったら…と思い、道を聞いたところ、親切な女性の方が「近所なのでお連れします!」と近くまで案内してくださいました。大阪は人情の街です。

ポイントは写真のクレープ屋の前の細い道を抜けて、大通りに出ること。そこから見える「アサイ眼科」の看板の前の道をまっすぐ! です。

地元の溢れる真田愛、抜け穴は敵陣の置かれた場所だった!?

三光神社

三光神社

via 堀江宏樹
このようにして真田幸村ゆかりの三光神社にようやくたどり着けましたが、ここで確認しておくと神社の建っているのは「宰相山」。つまり、史実では真田幸村関係というより、前田利常の陣が置かれていた場所なんですね。

前田といえば大坂冬の陣では「真田丸」にうかつにも攻め込み、大損害をくらってしまった人物。それなのに真田関係の名所になってしまっているあたりに、大阪人の真田愛の強さがうかがえるのでした…。
50 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

堀江宏樹

堀江宏樹

歴史エッセイスト。 2017年の文庫化・新作は 『乙女の美術史 世界編』(角川文庫)7月25日発売 『本当は恐い日本史(仮)』(三笠書房)9月発売予定 『偉人たちのウソ名言(仮)』(PHP)11ー12月発売予定 近著に 『本当は恐い世界史』(三笠書房)、文庫版『乙女の美術史 日本編』(角川書店)、文庫版『愛と夜の日本史スキャンダル』、『三大遊郭』(幻冬舎)、『乙女の真田丸』(主婦と生活社)などがある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月7日は天王寺・岡山の戦いの日にあたります。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第2弾は「天王寺・幸村終焉の地」編です。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【大阪城編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【大阪城編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月8日、豊臣秀頼と淀殿が自刃し終結します。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第3弾は「大阪城」編です。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地、2回目は2016年に大ブームを起こした真田幸村編です。幸村ゆかりの土地は主に3か所。真田家の自領である長野県上田市、関ヶ原の戦いで敗軍の将となり幽閉された和歌山県九度山町、そして終焉の地・大阪府大阪市です。この3つの地でいただける真田幸村ゆかりの御朱印をご紹介いたします!
あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。
大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は真田の六連銭です。2016年大河ドラマ『真田丸』で一躍有名となった真田家の家紋は、本来は六連銭、しかも幸村(信繁)は大坂の陣で使っていなかった?気になる六連銭のルーツに迫ります。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬など、討死や暗殺によって最期を遂げた有名人を討ち取った「実行犯」に迫る書籍『あの方を斬ったの…それがしです-日本史の実行犯-』が3月19日(月)に発売!討ち取られた人物に比べるとマイナーな彼らは、どんな人物だったのでしょうか?本書の著者で歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんに、書籍の中からとくにおすすめの3人をご紹介いただきました。
「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

京都・本能寺で起こった、最も有名な下剋上事件「本能寺の変」。このとき堺でわずかな家臣と旅の途中だった徳川家康は浜松へ逃げ帰ることを決断します。これが成功しなかったら日本の歴史が変わっていた!?家康の「伊賀越え」とそのルートをご紹介します。
【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

静岡県掛川市上土方にあった山城・高天神城。一般的に認知の低い城ですが、戦国時代は「高天神を制する者は遠州を制する」と言われるほどの重要拠点でした。このお城をめぐって、長年にわたり死闘を繰り広げてきた徳川家と武田家。両者はいかに戦ったのか。そしてこの戦いをきっかけに異例の出世を遂げた武将とは…!?高天神城争奪戦の内容を追っていきましょう!
真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

慶長20年(1615)の大坂夏の陣にて討死した真田幸村。嫡男大助も翌日自刃し、戦国時代は終わります……が、真田幸村の血はそこで終わってはおりません。幸村の遺児は伊達家家臣片倉小十郎重長にかくまわれ、白石・蔵王にて脈々とその血を引き継いでいったのです。今回は白石・蔵王に残る仙台真田家ゆかりの史跡をご紹介。仙台真田家だけでなく、幸村の子に随行した家臣についてもご紹介いたします。