現存するのは日本でここだけ!江戸幕府の御役所が残る国史跡・高山陣屋(岐阜県)
2018年2月7日 更新

現存するのは日本でここだけ!江戸幕府の御役所が残る国史跡・高山陣屋(岐阜県)

周囲を北アルプスなど急峻な山地に囲まれた岐阜県・飛騨地方の高山市。中でも、江戸幕府の直轄地(天領)だった飛騨地方の行政を取り仕切っていた郡代役所「高山陣屋」は、当時の歴史を体感できる人気の観光スポットです。今回は、そんな江戸幕府ゆかりの地・高山陣屋の見どころをご紹介しましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

国史跡高山陣屋(公式ホームページより)

国史跡高山陣屋(公式ホームページより)

飛騨国はもともと金森氏が治めていましたが、豊富な森林と金や銅などの地下資源に目を付けた幕府は元禄5(1692)年、当時の藩主である金森頼時を出羽国に転封し、飛騨地方のほぼ全域を天領としました。

当初は代官が派遣されましたが、見地で石高が増えたため安永6(1777)年には郡代役所に昇格します。幕府は全国に60余りの天領を持っていましたが、その中でも郡代が置かれたのは4か所(関東、美濃、西国、飛騨)だけだったことを考えると、幕府がいかに飛騨を重視していたかが分かりますね。

幕末まで郡代と代官合わせて25人が派遣されましたが、「飛騨の木を一本切れば首が一つとぶ」といわれるほど厳しい統治がなされたそうです。
室内の様子

室内の様子

高山陣屋は飛騨郡代が役所として使った建物で、もともとは金森氏の下屋敷でした。建物が当時のまま現存している郡代役所は高山陣屋だけ。明治維新後からなんと昭和の半ばまで、県庁など公的機関の事務所として使われていましたが、1970年以降は文化財として保存されることになります。約20億円をかけて行われた修復・復元工事は平成8(1996)年に完了。天保年間の絵図を基にして蔵番長屋や郡代役宅、奥座敷などが江戸時代の状態で復元されました。

今見ても素敵!高山陣屋の見どころとは?

雪の青海波。

雪の青海波。

高山陣屋には、たくさんの見どころが隠されています。

その一つは、壁やふすまに描かれた「青海波(せいがいは)」と呼ばれる波模様。格の高い武家屋敷にのみ描くことが許されたといわれる模様で、大名家でさえもはばかられたとされます。終わることのない波のように「徳川の世が永遠に続くように」との意味があるそうです。
「青海波」

「青海波」

部屋ごとに異なる畳の種類も、当時の身分制度の厳しさを物語っています。
陣屋のトップである郡代が政務を行う部屋は「柄入りの縁」のある高価な畳が敷かれていますが、下級役人が使う部屋に敷かれているのは「縁のない」地味な畳。さらに身分の低い人は、畳を踏むことすら許されなかったそうです。

また陣屋内は、出入り口が7か所、トイレは12か所と異様なほど多くありますが、これも身分によって細かく分けられていたためです。
拷問が行われていた場所なども・・・
興味深いのは米蔵の屋根。実は釘を一切使っておらず、木の板を並べて重しの石を載せるだけの造りとなっています。5年に一度、表裏と上下を変えることで同じ板をなんと20年も使えるようにする「板返し」と呼ばれる手法で、修繕をより簡単にしていたのです。

このほかにも館内には、150匹もいる魔よけの「真向兎」の釘隠しや、川の砂利を使った白くないお白洲など、見所がたくさんあります。
「青海波と真向兎」可愛い!

「青海波と真向兎」可愛い!

最近だとプロジェクションマッピングなどの試みもされていたそうです。面白そう!
もう雪吊りが始まっているそうです。
近隣では名物「陣屋だんご」という甘くないみたらし団子が売っているので、そちらもおすすめです。

何よりも、郡代役所の主要建物が現存しているのは全国でもここだけ!
国史跡に指定されているので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(黄老師)
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。
【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

徳川秀忠の四男ながらもその存在を隠された保科正之は、典型的な「御落胤」でした。のちに保科家を継いだ彼は、家臣として将軍家を支え続け、後の会津松平家の祖となったのです。今も名君として伝わる保科正之の数奇な人生をゆかりの地とともにご紹介しましょう。
徳川幕府ゆかりの縁切寺・満徳寺、その驚くべき縁切り方法とは!?

徳川幕府ゆかりの縁切寺・満徳寺、その驚くべき縁切り方法とは!?

縁結びにご利益のある寺社は女性に人気の観光スポットとして定着していますが、「縁切り」にご利益のある寺社はそうそう見かけません。しかし徳川幕府の時代、「縁切寺」は女性にとってありがたい救済スポットでした。現在でも縁切寺として知られる群馬県太田市の満徳寺で行われている縁切りとはどのようなものなのか?江戸時代に縁切寺が必要だった理由とともに追ってみました。
「頑固一徹」の由来!信長にも一目置かれた武将・稲葉一鉄とは?

「頑固一徹」の由来!信長にも一目置かれた武将・稲葉一鉄とは?

「頑固一徹」という言葉は、日本人なら馴染みのある言葉だと思います。実は、この言葉は稲葉一鉄という武将が語源といわれていることをご存知でしょうか。あの織田信長相手にも頑固を通した、剛毅な勇将の生涯とゆかりの地をご紹介します。
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

加賀前田家3代、加賀藩の第2代藩主である前田利常。彼をご存じの方なら、まず思い浮かべるのが「鼻毛の殿様」のイメージかもしれません。傾奇者として知られた利常ですが、内政や文化面への功績も注目されてしかるべき点です。利常が推奨・保護した加賀百万石の華やかな伝統文化をご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
【18禁】春画と妖怪画がコラボ!春信などの人気絵師達が描く、古の大人の世界

【18禁】春画と妖怪画がコラボ!春信などの人気絵師達が描く、古の大人の世界

春画は単にエッチというだけでなく、その高い芸術性が海外でも高い評価を受けています。10月16日(火)から京都の細見美術館で開催される『描かれた「わらい」と「こわい」展-春画・妖怪画の世界-』では、日文研所蔵のコレクションから、厳選された春画と妖怪画をご紹介します。ちょっと赤面しながら、かなりドキドキしながら、古の大人の世界を覗いてみませんか。