あの歴史上の偉人も!松坂屋の歴史がわかる企画展が松坂屋名古屋店で開催
2017年11月22日 更新

あの歴史上の偉人も!松坂屋の歴史がわかる企画展が松坂屋名古屋店で開催

「上野フロンティアタワー」として新たに生まれ変わった松坂屋上野店。その安永元年(1772年)の様子が描かれた浮世絵『安永元年 上野店店内見取り図』を読み解く企画展が、平成29年11月25日(土)~平成30年2月20日(火)松坂屋名古屋店にて開催されます。皆さんもご存知の松坂屋ですが、実はあの有名な歴史上の人物たちも意外なゆかりがあるのをご存じでしょうか。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

江戸進出250年!生まれ変わった松坂屋の歴史を読み解く

平成30年(2018)は、松坂屋の前身 「伊藤屋」が江戸に進出してから250年の年。
そして今年11月には、複合型高層ビル「上野フロンティアタワー」の竣工により、松坂屋上野店は新たに生まれ変わりました。

今回の企画展では、『安永元年 上野店店内見取り図』を通して、江戸時代の呉服屋大店の商いや奉公人の仕事の内容とともに、松坂屋上野店の繁栄の様子を紹介しています。
『安永元年 上野店店内見取り図』

『安永元年 上野店店内見取り図』

江戸時代の松坂屋上野店の繁栄ぶりを今に伝える肉筆の浮世絵。
番頭、小供(こども)をはじめとした総勢77人の人々が、活き活きと仕事に励む様子が描かれています。
via 株式会社大丸松坂屋百貨店
江戸時代の商いは、店内に品物を置かず、客のご要望に応じて品物を蔵から取り出し販売する「座売り」という方式が取られていました。
反物の採寸をする番頭

反物の採寸をする番頭

via 株式会社大丸松坂屋百貨店
お釣りを渡す小供

お釣りを渡す小供

via 株式会社大丸松坂屋百貨店
売場番頭の名前を印した下げ紙がはためき、賑わう様子が見て取れます。お客様と番頭の笑談する声や、小供たちの掛け声が聞こえてくるようですね。

意外と知らない?松坂屋にゆかりのある人物たち

尾張藩の御用金調達、ならびに呉服御用をしていた現在の松坂屋の前身 「伊藤屋」が最大の消費地江戸に進出したのは明和5年(1768)。田沼意次が側用人として幕政の表舞台に登場した翌年のことになります。
上野広小路にある「松坂屋」を居抜きで奉公人とともに4,516両で買い取り、商号を「いとう松坂屋」、商標を「いとう丸」に定めました。寛政年間(1789~1800)には門前町の地の利を生かして寛永寺御用を賜り、いくたびの江戸の大火、寛政・天保の改革、安政の大地震など天災や施政に翻弄されながらも、着実に地歩を固め江戸を代表する大店へと成長したのです。

そしてこの「いとう」という名前こそ、織田信長に小姓として仕えていた「蘭丸」がルーツとなっているのをご存じでしょうか。

信長の小姓「蘭丸」の子が松坂屋の創業者に

松坂屋の創業者・伊藤蘭丸祐道は、織田信長に小姓として仕えた伊藤蘭丸祐広の子。「蘭丸」と言えば一般的には「森蘭丸」が有名ですが、祐道も父と同様に蘭丸を称し、信長に仕えていたといいます。
茶釜と茶番

茶釜と茶番

丸の中に「井桁」と「藤」を描いた「いとう丸」と呼ばれるマーク。
via 株式会社大丸松坂屋百貨店
1611年(慶長16年)、清須から名古屋に移り、名を源左衛門と改めた伊藤蘭丸祐道は、名古屋本町で 松坂屋の前身となる呉服小間物商「いとう呉服店」を創業。
その後、祐道は大坂夏の陣で豊臣方につき戦死、一旦店は閉店となりますが、のちに遺児・祐基により再興されます。これが、現在の松坂屋の前身となったというわけですね。

あの「西郷どん」も!西郷隆盛と松坂屋の意外な関係?

慶応4年(1868年)5月15日、上野で彰義隊と官軍との戦いが行われます。その際、官軍の本営があったのが、松坂屋上野店内。ここで彰義隊攻略の軍議を行ったという説もあり、店には『5月17日に西郷が店で休憩した』という記録が残っているのだそうですよ。上野の松坂屋は西郷ゆかりの地なんですね。
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

つい惹かれてしまう「悪」の魅力。盗賊や小悪党、悪女まで、悪人を集めた展覧会「江戸の悪 PARTⅡ」が東京・太田記念美術館にて6月2日(土)より開催されます。2015年に開催された同名の展覧会がさらにパワーアップ。しかも今年は同時期に連携展が開催されるなど、東京中が「悪」に染まる?その詳細をご紹介します。
再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は4月に再オープンした東京都江戸東京博物館です。歴史を扱う博物館の中でも特にこちらがお気に入りというまやさんが、新しくなったポイントとともに通ならではの楽しみ方を伝授します!
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された少女「八百屋お七」。しかし実際のお七は、八百屋の娘ということも含め、はっきりとわかっていません。その謎だらけの伝説がかえって関心を呼び、創作が盛り込まれ、私たちの知るお七になっているのです。今回は残された史跡を巡りながら、お七の実像を探ります。
【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

「伊達」といえば伊達政宗ですが、彼の孫の綱宗の代に起きた「伊達騒動」は、「江戸三大お家騒動」のひとつになってしまうほど、複雑で大規模なものでした。当時は歌舞伎『伽羅先代萩』として上演され、山本周五郎の小説『樅ノ木が残った』が大河ドラマにもなった「伊達騒動」をわかりやすく、意外な!?事件現場とともに紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。第2回は浮世絵専門の美術館で知られる太田記念美術館です。現在は、江戸時代の異性装の風習を浮世絵を通して紹介する企画展「江戸の女装と男装」が開催中。江戸好き、また浮世絵好きならずとも気になる企画展の内容を、いちおしの絵とともにご案内します。
第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。
緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載がスタート!第1回は2016年にオープンしたすみだ北斎美術館です。現在開催中の「Hokusai Beautyー華やぐ江戸の女たちー」では、北斎の美人画の変遷から当時のファッション、ヘア&メイクを紹介するというもの。美術好きとしてはもちろん、モデルとしても気になる展覧会の見どころをご案内します。
【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷

【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷

時代劇でもお馴染み、池波正太郎の傑作『鬼平犯科帳』の主人公・長谷川平蔵は、「火付盗賊改役」として活躍した長谷川宣以(のぶため)という実在の人物がモデルになっています。今回は、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、四谷(東京都新宿区)の寺町界隈を古地図で巡りながら、宣以の生涯とゆかりの地をご案内します。