あの歴史上の偉人も!松坂屋の歴史がわかる企画展が松坂屋名古屋店で開催
2017年11月22日 更新

あの歴史上の偉人も!松坂屋の歴史がわかる企画展が松坂屋名古屋店で開催

「上野フロンティアタワー」として新たに生まれ変わった松坂屋上野店。その安永元年(1772年)の様子が描かれた浮世絵『安永元年 上野店店内見取り図』を読み解く企画展が、平成29年11月25日(土)~平成30年2月20日(火)松坂屋名古屋店にて開催されます。皆さんもご存知の松坂屋ですが、実はあの有名な歴史上の人物たちも意外なゆかりがあるのをご存じでしょうか。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

江戸進出250年!生まれ変わった松坂屋の歴史を読み解く

平成30年(2018)は、松坂屋の前身 「伊藤屋」が江戸に進出してから250年の年。
そして今年11月には、複合型高層ビル「上野フロンティアタワー」の竣工により、松坂屋上野店は新たに生まれ変わりました。

今回の企画展では、『安永元年 上野店店内見取り図』を通して、江戸時代の呉服屋大店の商いや奉公人の仕事の内容とともに、松坂屋上野店の繁栄の様子を紹介しています。
『安永元年 上野店店内見取り図』

『安永元年 上野店店内見取り図』

江戸時代の松坂屋上野店の繁栄ぶりを今に伝える肉筆の浮世絵。
番頭、小供(こども)をはじめとした総勢77人の人々が、活き活きと仕事に励む様子が描かれています。
via 株式会社大丸松坂屋百貨店
江戸時代の商いは、店内に品物を置かず、客のご要望に応じて品物を蔵から取り出し販売する「座売り」という方式が取られていました。
反物の採寸をする番頭

反物の採寸をする番頭

via 株式会社大丸松坂屋百貨店
お釣りを渡す小供

お釣りを渡す小供

via 株式会社大丸松坂屋百貨店
売場番頭の名前を印した下げ紙がはためき、賑わう様子が見て取れます。お客様と番頭の笑談する声や、小供たちの掛け声が聞こえてくるようですね。

意外と知らない?松坂屋にゆかりのある人物たち

尾張藩の御用金調達、ならびに呉服御用をしていた現在の松坂屋の前身 「伊藤屋」が最大の消費地江戸に進出したのは明和5年(1768)。田沼意次が側用人として幕政の表舞台に登場した翌年のことになります。
上野広小路にある「松坂屋」を居抜きで奉公人とともに4,516両で買い取り、商号を「いとう松坂屋」、商標を「いとう丸」に定めました。寛政年間(1789~1800)には門前町の地の利を生かして寛永寺御用を賜り、いくたびの江戸の大火、寛政・天保の改革、安政の大地震など天災や施政に翻弄されながらも、着実に地歩を固め江戸を代表する大店へと成長したのです。

そしてこの「いとう」という名前こそ、織田信長に小姓として仕えていた「蘭丸」がルーツとなっているのをご存じでしょうか。

信長の小姓「蘭丸」の子が松坂屋の創業者に

松坂屋の創業者・伊藤蘭丸祐道は、織田信長に小姓として仕えた伊藤蘭丸祐広の子。「蘭丸」と言えば一般的には「森蘭丸」が有名ですが、祐道も父と同様に蘭丸を称し、信長に仕えていたといいます。
茶釜と茶番

茶釜と茶番

丸の中に「井桁」と「藤」を描いた「いとう丸」と呼ばれるマーク。
via 株式会社大丸松坂屋百貨店
1611年(慶長16年)、清須から名古屋に移り、名を源左衛門と改めた伊藤蘭丸祐道は、名古屋本町で 松坂屋の前身となる呉服小間物商「いとう呉服店」を創業。
その後、祐道は大坂夏の陣で豊臣方につき戦死、一旦店は閉店となりますが、のちに遺児・祐基により再興されます。これが、現在の松坂屋の前身となったというわけですね。

あの「西郷どん」も!西郷隆盛と松坂屋の意外な関係?

慶応4年(1868年)5月15日、上野で彰義隊と官軍との戦いが行われます。その際、官軍の本営があったのが、松坂屋上野店内。ここで彰義隊攻略の軍議を行ったという説もあり、店には『5月17日に西郷が店で休憩した』という記録が残っているのだそうですよ。上野の松坂屋は西郷ゆかりの地なんですね。
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年NHK時代劇で話題!『解体新書』杉田玄白ゆかりの地

2018年NHK時代劇で話題!『解体新書』杉田玄白ゆかりの地

2018年に放送されるNHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」。三谷幸喜さんの脚本とあって、期待が高まっている人も多いのでは?今回は主人公のひとりで、享保18年(1733)9月13日に生まれた杉田玄白の生涯とゆかりの地を紹介します。『解体新書』はどのように生まれたのか?前野良沢や平賀源内との関係とは?放送前にチェック!
【将門首塚、四谷怪談、番長皿屋敷……】江戸のミステリースポットで肝だめし⁉︎

【将門首塚、四谷怪談、番長皿屋敷……】江戸のミステリースポットで肝だめし⁉︎

夏といえば聞きたくなるコワイ話。東京には古くは平将門の首塚や、『四谷怪談』『番長皿屋敷』など、江戸時代の有名な怪談のゆかりの地が残されています。怪談、首塚、幽霊から妖怪まで、今回は東京のミステリースポットをご紹介。まだまだ暑い日が続く中、都会の真ん中でひんやり、肝だめし体験しちゃいましょう!
【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり

【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり

東京でアートめぐりをするなら、上野、青山、六本木が定番ですが、新たに注目されているのが両国です。昨年11月にオープンしたすみだ北斎美術館に、歴史好きにはおなじみの東京都江戸東京博物館、来年1月には刀剣博物館が移転など、かなりの盛り上がりを見せています。今回はイベントを中心に、両国の新たな魅力を紹介します。
【江戸最強の除霊師!】祐天上人の凄すぎるパワー

【江戸最強の除霊師!】祐天上人の凄すぎるパワー

洗練されたなカフェや雑貨屋が立ち並び、大人女子に人気のお洒落な街・中目黒。ここがまだ「中目黒村」と呼ばれていた江戸中期、除霊をはじめとした霊験で関東に名をとどろかせた高僧がいました。その名は「祐天上人」。この祐天上人を開山とする祐天寺をご案内しながら、圧倒的パワーを讃えられた霊験の数々をご紹介いたしましょう。
新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」

新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第4回は、次回大河ドラマ「西郷どん」の舞台、幕末・明治。新撰組局長、近藤勇も悩んだ、幕末・明治の男色隆盛の理由とは?